異星人と交信した結果、撃沈。。。。。。。。。。。。。。。。。。

※登場するクズ太郎は  『元カレ』ではありません。  ただのキチガイストーカー妄想虚言変出者です。

『必死に生きようと思うからこそ死も考える。それなのに(死ぬことを考えるのはだめだ)と言う人がいるけどなんで!??』と聞かれても。。。

 

 

 

『今後、どうやって生きていったらいいのか

 考えていたら、

 そんなに長生きしたくないと思ったのね。

 

 仕事も定年があるでしょ。

 年金だってあてになるか分からない。

 そのほかのことも色々。。。

 

 色々考えると、長く生きることが良いとは思えなくて

 出来たら1年でも早く死にたいと思ったんだ。

 でも、自分は病気があるわけでもないから

 死ぬ予定は全くない。

 そうすると、100年生きないとだめなの?

 あと60年も生きろって???

 無理だろうと思うと

 どうやったら死ねるのか、

 そればかりを考えるようになったんだ。

 

 でね、会社の休憩中になんとなく話したら、

 『そうやって死ぬことを考えるのはダメなんだよ!

  精神病んでるんだよ!

  病院に行ってきなよ!』

 って言われたんだよね。

 

 っていうかさ、、、

 生きることを必死に考えたからこそ、

 『死ってどうなの?』って思ったわけ。

 で、自分以外の人間がどう考えているのか

 知りたくて聞いただけなのに、

 そんな風に言うこと?

 ムカついて仕方ないんだけど』

と腹を立てながら言う友人。

 

分かる。

言っていること分かる。

 

そうなんだよね。

後、何年生きるとして。

そうするとあれがどれくらい必要で、

そうするとどうしていかないといけなくて。。。

と考えると、恐ろしくなる。

 

20代の頃、こういう話をした時、

『先のことを考えると

 生きていることが怖くなるから、

 当日と翌日くらいのことだけ考えていればいいんだよ。

 仕事だったら、半年くらい?

 

 先のことなんて誰にも分からないし、

 考えても仕方ないじゃない。

 だから、考えても意味ないから、

 だったら目先のことだけ考えて

 適当に、てきとーーーに生きていけばいいの。

 

 そうすると、

 (おぉ、気がついたらもうこんな歳になってたか。

  もう死ぬのか)と思って死ねるから』

と言っていた人がいた。

 

すごく適当な人で、

仕事も適当。

人間関係も適当。

(この人、何なんだろう?)と

20代の頃は思ったけど、

今なら分かる気がする。

 

色々あってあり過ぎて疲れたんだろう。

きっと真面目な人だったんだろうな。

真面目でいると疲れることに気がついて

適当にすることにしてしまったんだろう。

 

分かる。

私もあの田舎のブラック企業にいた時、

真面目に仕事をしなければよかったと思う。

適当にやっていればよかったと思う。

今考えると、『適当にやる』には最適な場所だった。

『真面目にやっているほうが馬鹿をみる』会社だった。

 

例えば、今の身体の調子がとにかく悪い私には

最適な会社だったろうな。

『適当にやる人だ』と思われてもかまわなければ、

さぼりたい放題さぼって、

ぼーーーっとして、

仕事をせずネットをして

それでお金がもらえるんだよ。

そんな良い職場ってある?

いや、ないに決まっているんだよ。

 

世の中、真面目な人ほど馬鹿をみる。

でもこれって、質の悪い環境だとそうなんだけど、

頭を使う業界だと、こうはいかない。

きちんとしている人が評価を受けて、

きちんとしている人が良い思いをするはずなんだ。

 

その人と話をしているうちに、

私も過去10年間のことを思い出し、

色々考えてしまった。

 

今、ちょうど体調が悪く、

就職することも出来ないため、

色々考えてしまっていたから、

友人の話が自分の話と重なって、

人のことなのに、聞いていて辛い(涙)

 

そうなんだよね。

分かる。。。。。

何月何日に死ぬから、

それまでに何をすればいいのかと

分かっていればいいけれど、

試験日や面接日のように

死ぬ日は決まっていない。

そして、自分で死ぬ日を決めるのもダメだと言われる。

なぜだろう???

自分で生活出来ないなら死ぬしかないのでは?

自分で何も出来ないのに、

なぜ生きていないといけないんだ?

 

クズ太郎なら、

『そうやって死にたい死にたいって言ってると

 人に嫌われるんだよ(笑)』と

とんでもなく質の低いことを言って

場をしらけさせるんだろうな。

 

『人に嫌われる』とかそういう問題じゃない。

そもそも『人に嫌われるからなんだ?』

『人に嫌われたら死ぬのか?』

だったら、嫌われているクズ太郎は

とっくに死んでるよね?

クズ太郎が生きているということは、

人に嫌われるくらいでは人は死なないということだよ。

 

人が生きていくのに必要なことは、

人に好かれることよりお金かね。。。

結局、お金がないと何も出来ないからね。。。

結論が『お金』というのも

なんだか悲しいし寂しいけどね。

 

※文中に登場するクズ太郎は
 『元カレ』ではありません。
 ただのキチガイストーカー妄想虚言変出者です。