異星人と交信した結果、撃沈。。。。。。。。。。。。。。。。。。

※登場するクズ太郎は  『元カレ』ではありません。  ただのキチガイストーカー妄想虚言変出者です。

異星人と交流した結果、撃沈。。。。

『れいわ新選組から重度の障がい者が当選したけれど、どうも私たちの希望していることを叶えてくれる人ではなさそうだ』。。。

 

れいわ新選組から、

重度の障がい者が当選した。

 

『おっ!

 これはもしかして、

 安楽死尊厳死の事

 国会で提案してくれるんじゃないの!???』

と病気仲間と盛り上がっていたら。。。

 

どうもそうではない様子。

 

『差別のない社会を作りたい』とかなんとか。。。

生きたいと強く願っている方のようで、

どうも私やその周囲の人たちとは

考え方が真逆の方のようだった。

 

(なんだ。。。残念。。。)

これが率直な素直な気持ち。

 

今回当選したこの方。

自ら生きたいと願い、

どんな状態でも生きたいんだろう。

でもな。。。

私はこうなる前に死にたい。

今年、脳梗塞をやった時、

首から下が動かなくなり、

完全に人の手を借りないと

何も出来なくなった時、

とにかく怖かった。

『不安』とかより、

『怖い、無理。

 体が動かせないなら死にたい!

 頼む!治療やめて!死なせて!

 殺してくれーーーー!』

と心の中で叫んだ。

 

本当に怖くて怖くて嫌だった。

1週間ほどでどうにかなり、

動けるようになったし、

今では会社に勤務することが出来るまでに回復したけれど、

でも、あの恐怖は2度と味わいたくない。

あんな思いをするくらいなら死にたい。

 

人が何をもって生きてると思うのか。

幸せだと思うのか等々

ほんとうに人それぞれだから

誰かの意見が正しくて、

誰かの意見が間違えているはないと思う。

 

 

 

私たちのように、

『自分で自分のことが出来なくなったら死にたい』

と思う人たちもいれば、

この方のように、どんな状態でも生きたいと願いう人もいる。

いろんな人がいて

色々な考え方があって良いわけで、

誰に否定されることでもない。

だけどな。。。

せっかく障がい者が国会議員になったのだから、

生きるのが嫌になるほど苦しみ、

スイスの安楽死尊厳死団体を頼って自死をするより、

日本でも出来るようにしてほしい。

 

若くて体力があって元気で

自分でなんでも出来るのなら

『生きるって素晴らしいことなんだ!』も分かるけれど、

自分で自分の体を動かすことが出来ず、

全て人任せなんてみじめで情けないと

体験した結果思った。

 

汚い汚物にまみれた自分を人に見られたくない。

情けない姿を人に見られたくない。

『もう面倒見るのめんどくさい。

 早く死んでほしい』と周囲に思われる前に死にたい。

『あぁ、あの人死んじゃったよ(泣)』と

惜しまれるくらいに死にたい。

 

れいわ新選組から当選したお2人。

今後、どんな活動をしていくんだろう???

 

基本的に政治って期待もしていないし

興味も持てないのだけど、

今回は興味津々。

障がい者議員が、いったいどう活動するんだろう?

世間からどう見られるんだろう?

世間の人たちは受け入れるんだろうか?

差別的な発言などあるんだろうか?

失言議員が多いけれど、

そういう騒動もあるんだろうか?

とにかく色々興味津々。

 

各企業で、障碍者雇用を促進しようと言っているけれど、

積極的な感じはまだまだ感じない。

今回就活した時も、

病気のことを隠して応募し、

今も会社には言っていない。

結局、病気や障害って不利にしかならない。

 

『差別するな!』と言っても、

差別するのが人間だからね。

差別はだめだけど、区別はしてほしいと思うのは、

こちら側の我が侭なんだろうね。

健康で体力がある正常な人間以外が

心地よい社会なんてあるんだろうか???