異星人と交信した結果、撃沈。。。。。。。。。。。。。。。。。。

※登場するクズ太郎は  『元カレ』ではありません。  ただのキチガイストーカー妄想虚言変出者です。

異星人と交流した結果、撃沈。。。。

『最期の最期までかっこいい人だな』と思ったこと。。。

 

病気仲間が自殺したと連絡があった。

20代の頃知り合った人だった。

朝からこんな話。。。

仕事が手につかない。

気分が異常に沈む。

 

 

この知人との出会いは、

病院の待合室で声をかけられ、

何度か待合室で会ううちに

お互いの病気のこと、担当医のことなど

話すようになったから。

入院が重なることもあり、

お互い悩みを打ち明けあい

支え合うような仲になっていった。

 

 

 

この人は、ほんとうに一生懸命な人で、

『自分で自分のことが出来なくなったら死ぬ』と言っていた。

その他にも『◯◯になったら死ぬ』と言っていて、』

彼の思う『◯◯になったら死ぬ』が

現実になり、死んだ。

 

この世に彼がいないのかと思うと

とても悲しいし

なんとも言えない気持ちになるけど、

でも、彼の潔さをかっこよく感じる。

 

一生懸命生きて、

必死に生きて、

そして死んだ彼を

責めることが出来る人はいるのか?

 

 100年人生と言われている今の時代、

彼の年齢で死ぬのはまだまだ早いと思うけれど、

みじめな思いをしながら生き続けるくらいならと

死ぬ事を選んだんだろう。

彼の気持ちはずっと聞いていたから、

彼が死んだことは悲しいけれど、

『なぜ自殺したんだ!』と責める気にはならない。

 

一生懸命生きて、

自分の納得のいく形で死んだのなら、

悔いはなかっただろう。

誰かが彼を責めても、

私は彼のしたことを悪いとは思えない。

 

ただ、もう2度と会えない、話せないのかと思うと

とっても悲しいし寂しい。

感覚の似ているところがある人だっただけに

気楽に話せる人が一人減って辛い。

人の死ってこういうことなんだよな。