異星人と交信した結果、撃沈。。。。。。。。。。。。。。。。。。

※登場するクズ太郎は  『元カレ』ではありません。  ただのキチガイストーカー妄想虚言変出者です。

異星人と交流した結果、撃沈。。。。

『何かを一生懸命している人の姿は素敵だな』と思ったこと。。。

 

 

 

私は人が何かに一生懸命

打ち込んでいる姿を見るのが好きだ。

 

それは、遊びだろうと勉強だろうと

役に立つことでも役に立たないことでもなんでも良い。

 

何かを一生懸命やり、

結果に繋がり、

どんどん変わっていく人を見るのも好きだ。

 

友人で、不器用だけどとにかく一生懸命な人がいる。

人によっては、そんな彼女を馬鹿にする。

『やって意味はあるのか!?』、

『どんくさい』等と馬鹿にする。

 

友人は、気にしていても仕方がないと

自分の意思を貫き、

やりたいことを遂げてきた。

そして、今回もそうだった。

 

友人が、『私は〇〇がやりたい!』と言ってから

もう5年経ったかな。

あの頃、私も何か始めていたら、

今頃、何か出来るようになっていたかもしれない。

そう思うと、時間を無駄にしたなと思う。

 

 

クズ太郎やあのブラック企業

田舎のばばあたちと話していると、

何かをすること、

一生懸命やることを

常に馬鹿にされる。

『そんなことして何の意味があるの?』、

『そんなことをしている暇があったら結婚すれば?』とか。。。

 

『そんなこと』ってなんなんだろう???

人がしたいことって、

本人が決める事であって、

他人が決めることではないはずだ。

 

田舎のこういう人との距離感のない感じが

とにかく嫌い。

お前の子供じゃないし、兄弟でもないし

ほっておいてくれと思う。

そして、お前の物差しで考えて

他人のやる気をそぐなよと思うし

邪魔するなとも思う。

 

やることのない田舎のおばさんたちは

持てあましている時間を

他人を探り悪口を言うことに使う。

それこそ、『いったい何の役に立つんだ???』

 

1つの物事をやり遂げた友人を見て

改めて思った。

やっぱり、関わる人間は選ぶべきだ。

自分を否定する人間はさけるべきだ。

やる気があっても

クズ太郎のように軌道修正出来ない馬鹿も避けるべきだ。

 

いる環境、関わる人間選びは大切だと

改めて思った。

 

※文中に登場するクズ太郎は
 『元カレ』ではありません。
 ただのキチガイストーカー妄想虚言変出者です。