異星人と交信した結果、撃沈。。。。。。。。。。。。。。。。。。

※登場するクズ太郎は  『元カレ』ではありません。  ただのキチガイストーカー妄想虚言変出者です。

異星人と交流した結果、撃沈。。。。

『自殺した人だけど、(あの人は一生懸命生きていた)と尊敬できる人がいたな』と思ったこと。。。

 

 

 

『綺麗な死に方』について

今日も1日考えていた。

 

友人に何か言える日が来るのか不明だけど、

私だって人間。

いつか必ず死ぬ。

周囲に迷惑をかけて、

『やっと死んでくれた。死んでくれて良かった。

 死ななければ、自分が殺してたよ』

等と言われたくない。

 

こんな悪口を言われてまで生きていたくない。

これは

『汚い生き方』だろう。

 

周囲に迷惑をかけず、

自分のタイミングで決めれる

『綺麗な死に方』

どんな死に方だろう???

 

そんなことを考えていた時、

ふとある人のことを思い出した。

知人Aさん。

 

10年以上前に自殺をした人。

いつも必死だった。

何をするのも一生懸命で

汗をかいていなくても

汗をかいているように見える人。

不器用な人なのか、

何をするのも癖があって、目が離せない。

もちろん嫌う人もいたけれど、

私は好きだったな。

 

(ここまで私は一生懸命やってない。

 もっと頑張れるはずだ。頑張ろう)と思える人だった。

 

ある時から、元気がない日が多くなり、

(大丈夫かな?)と周囲が心配し始めた頃に、

『Aさん、自殺しました』と周知が。。。

 

 

(え、嘘でしょ!??)

と声も出なかった。

信じられなかった。

なんでも一生懸命のAさんがまさか。。。

としか思えなくて、

正直、いまだに信じられない。

地方に移ってから、疎遠になった人もいる。

だから、その中の一人だくらいに思えば

Aさんはまだ生きているとしか思えない。

(実際は死んでるんだけど。。。)

 

『綺麗な死に方』かは不明だけど、

知人Aさんが自殺したことを

疑問視したり、非難したりする人は

不思議といなかった。

 

『Aさんって何するのも一生懸命だったもんね。

 きっと、もう疲れたんだね。

 本人がそう決めたなら

 誰も何も言えないよね』と

肯定的な意見ばかりだった。

 

『自殺は悪いことだ』と言われているけれど、

そういえば、いたな。

自殺を肯定されていた人。

でもそれは、

それだけAさんが一生懸命生きていたからなんだろう。

 

たった数十年の人生だったけど、

生きていた人生の2倍は生きていたと

思わせるような人だったから、

だから、皆、Aさんの自殺を否定しなかったんだろうな。

 

自殺を否定される理由の1つは、

『まだまだ頑張れる余地があるのに死ぬから』なのかもしれない。

 

『もうこれ以上、やれることはない!』となれば、

周囲も納得せざるを得ないんだろうな。

 

友人が求める『綺麗な死に方』かは不明だけど、

これも一つの『綺麗な死に方』

 

『頑張れる余地がない』か。。。

 

私はどうなんだろう。

正直言うと、自分的にはもう無理なんだけど。

周囲から見ると、

『まだまだ頑張る余地がある』

と思われるんだろうか?

もう嫌なんだけどね。

もう頑張れない。無理。

痛みとか吐き気とか我慢できないし。。。

 

私も知人Aさんみたいに

『あの人は頑張ってたよね。

 自殺するのは仕方ないよ。

 だって、あれ以上我慢なんて出来なかっただろうし、

 こっちも我慢しろとは言えなかったから』

と言ってもらえないもんだろうか?

 

まぁ、無理だろうな。

病院でも、

『まだまだ頑張れるでしょ!』的なこと

言われるしね。。。

もう無理なんですけどね。

歳が若いってだけで

『まだまだいけるでしょ!』とか

80歳くらいの老人に言われるけど、

無理だよ。

(若い=頑張れる)は違うと思うけど。

 

 

人にはそれぞれの寿命があるからね、

年齢で『頑張れる』、『頑張れない』は

決めることが出来ないはず。

 

そっか。。。

死ぬ前に、とにかく一生懸命色々やる。

これ以上頑張りようがないほどに頑張る。

そして自殺をすれば

誰も文句を言わない。。。

それどころか、

『あの人は頑張った!』と褒められる。

 

まぁ、これが

友人の求める『綺麗な死に方』かは不明だし、

それに、『誰かに褒められる死に方』ってなんだ?

なんだか、クズ太郎みたいで気持ちが悪いな(笑)

常に人の目が気になるクズ太郎。

あんな見た目で、すでに嫌われているのに

人の目を気にするクズ太郎。

 

そういえば、クズ太郎が自殺しても

誰も文句を言わないだろうな。

私も何も思わない。

もちろん、悲しいと思わないし。

それに『なんで自殺したの?』とも思わない。

クズ太郎の場合、なんか自殺しそうな気がするから。

 

あれだけ死を否定したり、

私の話を否定する理由って

自分の中にも同じ思いがあるからだったんじゃないのかな?

だから、聞いていて気持ちが悪くなるから

ああ言ったんだと思う。

ある意味、可愛そうな妖怪だよな。。。


※文中に登場するクズ太郎は
 『元カレ』ではありません。
 ただのキチガイストーカー妄想虚言変出者です。