異星人と交信した結果、撃沈。。。。。。。。。。。。。。。。。。

※登場するクズ太郎は  『元カレ』ではありません。  ただのキチガイストーカー妄想虚言変出者です。

異星人と交流した結果、撃沈。。。。

『社員になる?それとも契約社員のままにする?どうする????』。。。

 

今日で2019年の8月も終わり。

2019年も残り4か月か。

今年は時間が経つのが早かったなぁ。。。

特に、1月~3月があっという間。。。

いや、嘘嘘。

入院中は1日が経つのが遅かったな(-_-;)

 

でも、思い返してみると、

たった5か月前のことなのに、

もう何年も前のことのよう。

あの頃は辛かったな。。。。。。。。。

 

そして、

新しい職場に就職して1か月半。

なかなか仕事を覚えることが出来ず辛いと思っていたけれど、

毎日のタスクは覚えた!

これは大丈夫。

ミスをしたくないし、

覚えたと気が抜けている時ほど、

どうでもよいミスをするから、

毎日マニュアルを見ながら作業をしているけれど、

気持ちは楽になりました。

 

後は、とにかく苦手意識のついてしまった作業3つ。

あれらを難なくこなせるようになれば

だいーぶ楽になるのだけど、

来月の9月の1か月でそうなるかは疑問だな。

 

1か月経つごとに

少しづつでも楽になると信じて頑張ろう!!!

 

そして、ふと思ったことが、

(このまま契約社員で良いのか)

 

私も良い歳のおばさんなので、

余裕を持って考えている暇はない。

死にかけて数か月後の社会復帰だから、

とにかく、働けるか不安だったし、

時給は安くても良いから、

どこでも良いから、こんな私を採用してくれる会社に行こう!

と思っていたけれど、

働いてみて無理さえしなければどうにかなりそうだと思った時、

社員になることを考えてしまった。

 

だって、どうせもう東京には戻れないし。。。

 

気持ち的に、戻りたいのは戻りたいのです。

 でも、もう無理だろうな。

色々考えると、残念だけど

ここで一生を終えるしかないでしょう。

そして、そう決めたからには

ここで就職するしかない。

等と考えていたら、

(この会社で社員になれるんだろうか??)

 

そんな時ふうに考えていたある日のこと。

ふらっと社長が職場に来たのですが、

先輩方と話をしている時、

『え?皆社員になりたいの???』と社長が言うと、

『いつかは社員になりたいけど、

 この会社じゃ嫌だ』と先輩方が。。。

 

その時は、私は入社してまだ1か月目。

まだ試用期間。

本採用されるかも不明な時に、

『社員になりたいです!』と言えず

黙ってその場をやり過ごしました。。。

が、あの時、思い切って

『なれるのなら社員になりたいです!』

と言えば良かったと毎日後悔。

 

社長は当分職場に来ない。

上司に話をしたところで、

『あなたは契約社員で採用したので

 社員にすることは出来ません』と

言われて終わるんだろうなと思うから

聞くに聞けない。

 

正社員になりたいなんて

数か月前の私が思うとは思わず、

パートでいいかなんて考えていたけれど、

正社員登用有りの会社に就職すれば良かったな、

あの企業の採用の話、

断らなければ良かったと激しく後悔。

 

 

 

 今年は今年で

(あの時、こうしていれば良かったな)

と後悔することが多いな。

 

障がい者雇用を積極的にしている企業も増えているみたいだし、

そういう求人サイトを見つけたので、

それで良さそうな会社を見つけて、

面接を受けに行ってみようかな。

 

あぁ、、、、、、

また履歴書書いて面接するのか。

あれ、面倒くさいんですよね。

履歴書と職務経歴書を用意するだけで

力尽きてしまうし、

一人で面接練習して、

当日会社に行って、

無理やり笑顔を作ってやる気ありますアピールをしつつ、

押しつけすぎない程度の自己アピールって

結構難しい。

 

面接先の会社に行った時、

すでに働いている人たちを見た時の

あの

(良いな。。。

 皆、就職が決まって。

 面接、どんな感じで受けたんだろう。

 この会社が求める人材ってどんな感じなんだろう)

という感覚。

羨ましい気持ちと焦る気持ち。

そんな複雑な感情を持ちながら面接。

 

出来れば、もう2度と就活したくないと

数か月前に思ったけれど致し方なし。

今の会社が社員登用がないのなら、

社員を希望する以上、もう1度就活しないとだめでしょ。

 

とはいえ、

まだ就活はしないですが。

 だって、週4日働くだけでぐったりだから(;'∀')

 

社員になり、

9時間拘束8時間労働週5日勤務になったら、

身が持たないでしょう。

今以上に頭も動かないでしょう。

勤務中、眠くて仕方がなくて

ぼーっとしてしまいそう。

 

次は、障がい者雇用されるつもりなので、

健常者と同じものは求められないでしょうけれど、

でも、適当にしてしまうと、

障碍者は使い物にならない)とレッテルをはられそう。

私のせいでそんなことになるのは困る。

たとえ障がい者雇用をしていただけたとしても、

手を抜くわけにはいかない。

 

企業が障がい者を社員にしたくない理由の1位は、

『定着率が悪いから』らしい。

 

3か月後の定着率80%。

半年後の定着率60%。

1年後の定着率30%らしく、

何らかの理由で、障がい者は辞めてしまう人が多いよう。

 

理由は、、、

私の個人的な考えでは、

『周囲についていけない』、

『障害や病気のことを根掘り葉掘り聞かれる』、

『他部署の人にも自分の体のことを知られている』、

『噂話の的になりやすい』、

『体調が悪化し入院治療が必要になった』等々、

・環境の問題。

・人間関係の問題。

・病気(障害)の問題と

大きく分けて3つあるんだろうな。

 

健康な人には想像がつかないようなことが色々ありますからね。

 

『俺はなんでも知っているし、

 どんなことでも対応出来る』と威張っていたクズ太郎。

 

日光過敏症で日中外出は控えないといけない私を

無理やり連れだしておいて、

『えっ!???

 なに、そのでかい帽子(爆笑)

 女優気取り!????』と馬鹿にしたり、

『え???

 これくらいも開けられないの?

 だいじょうーぶ~???(笑)

 こんな状態で、どうやって生きてるの(爆笑)』

と馬鹿にしていた。

 

あぁ、やだやだ。

低能のくせに威張りたい馬鹿は

これだから嫌い。

相手の程度が低くないと威張れないから、

ここぞとばかりに馬鹿にする。

 

『そういうこと言われたくないし、

 そういうことを言う人が嫌いだから、

 クズ太郎がそういうことを言う人なら関わりたくない

 って私言ったよね?』と私が言うと、

 

『いやいや、ここまでひどいと思わなかったから。

 これはさ、言われるあなたが悪いよ。

 だって、この程度も出来ないんだから、

 笑われたり馬鹿にされて当然でしょ。

 

 俺ね、否定されたり嫌なこと言われたこと1度もないよ。

 言われるあなたが悪いね』

とクズ太郎はドヤ顔で言っていた。

 

それはお前がすごいんじゃないよ。

お前に関わった礼儀をわきまえている人たちに

感謝するべき。

 

『そのでかすぎる頭何? 

 きもいんだけど』、

『不細工過ぎてキモイ』等々、

悪口を直接言わなかった私は

それ以外の人たちに感謝をするべき。

 

障害や持病ありの人の苦労は、

本人にしか分からないし、

ましてや苦労をしていることを馬鹿にして笑うなんて

言語道断。

あれで、よくもまぁ、

人の道を説いたり、

宗教信仰しろだのなんだの言うよな。

お前の行いは天が見ている。

誰も見ていないと思っても

お天道様はぜーんぶ見てるんだよって、

仏教で教えているはずだけど?

違いましたかね。

 

私は信仰してないから知らんけど、

『誰も見てないと思って悪いことをしてはいけない。

 お天道様は見ている。

 必ず天罰が下る』って

子供の頃にお年寄りが言っていたけどな。

 

本当に神仏がいるのなら、

クズ太郎、

お前は地獄行きだよ。

嬉しいだろ?

悪魔って呼ばれて喜んでる馬鹿だから。

閻魔大王に舌抜かれてしまえ。

 

クズ太郎のこと。

本当に嫌いだったな。

自分のことを棚に上げて人を馬鹿にするクズ。

あいつだって、一応人間。一応ね。。。

死ぬ前に病気になるだろう。

歳を取れば劣化して出来ないことが増えるだろう。

 

その時、

他人を馬鹿にしたことが

我が身に降りかかるんだ。

 

クズ太郎を見て思った。

 

人に優しくする理由。

それは、将来の自分のためだ。

今若くて健康だから何でも出来ると思いあがって

した行動、発言が、

年老いた自分の首をしめる。

誰も助けてくれない。

見捨てられて終わる。

 

クズ太郎は頭を下げることを知らないし、

人に感謝をすることを知らない。

他人を動かすのは

怒鳴るか、

『俺のこと誰だと思ってるの!?

 俺、先生って呼ばれてるんだよ!

 皆が俺を好きなんだ!!!』と

言うことしか出来ない。

 

(この人のために何かしてあげたい)と

思ってもらえる人間にならないとだめなんだと

クズ太郎を見て思った。

だから、良いんだ。

あんなゴミ。

 

あれを反面教師にして、

今後も謙虚に生きていこう。

 

あれ、で、話がそれたけど、

そうそう、社員雇用ね。

今年は契約社員で頑張って体力をつけて、

来年、ご縁のある会社に就職出来たら良いな。

 

※文中に登場するクズ太郎は
 『元カレ』ではありません。
 ただのキチガイストーカー妄想虚言変出者です。