異星人と交信した結果、撃沈。。。。。。。。。。。。。。。。。。

※登場するクズ太郎は  『元カレ』ではありません。  ただのキチガイストーカー妄想虚言変出者です。

『長期浪人を覚悟してまで弁護士を目指すほど、今は弁護士って価値はないと思うけどな』と思ったこと。。。

 

法曹界を目指して大変な思いをしている人は

世の中にたくさんいるようですが、

私の周囲の弁護士は、

1・2回で合格しているため、

クズ太郎と関わった時、

『10年以上も浪人するってどういうことだろう?』

と疑問を持った。

 

『10年浪人するほど

 弁護士になるのに価値があるのかな。

 家が裕福だから経済的な心配はないとか、

 貧乏生活を覚悟の上とか、

 何年もかけて弁護士になったところで、

 試験に1・2回で合格している人は実際にいるから、

 (努力をした結果弁護士になれました)と

 頭を下げれるくらいじゃないと無理かな。

 

 プライドが高くて、

 (自分は絶対的に頭が良い!)なんて思っているタイプは、

 弁護士になれたところで、

 浪人経験ありということで、

 悪口を言われた時、

 心を病んで辞めたりするから

 どうなんだろう???』と言っている人がいた。

 

 

大雑把に見て、

司法試験にかかる年数はこんな感じらしい。

 

f:id:bolla:20190811235846p:plain

 

そして、弁護士をあきらめて

一般企業に勤めようと決心したところで、

せかっくの『〇〇大学 法学部卒業』という経歴が

意外とデメリットになることもあるとか。。。

 

『この人、プライドが高そうだな』、

『人に頭下げれるのかな』、

『理屈屋ぽいな』、

『人のこと見下した態度を取りそうだな』、

『何かある度に法律を持ち出して、

 がたがた言ってきそうだな』等と企業側が思い、

採用しないことも多いそう。

 

上記の理由、

クズ太郎に当てはまるんだよな。

だから、2014年当時も

クズ太郎に何も注意しなかった。

だって、失敗してほしいから(笑)

 

弁護士になることをあきらめて

どこかに就職しようと思った時、

あの偉そうな態度で面接に挑んで不採用になれ!

おとなしく、あのブラック企業で社員になればよい

と思っているから。。。(-_-;)

 

 

 

『俺は全ての人を論破できる!』とか

うざい。

そもそも論破してないし。

ただ怒鳴っているだけ。

言葉が見つからないと

『うおいいskskskせおおろい!!!』

と獣のごとく吠えるだけ。

『俺のことが怖いんだろ!?』

とクズ太郎は怒鳴っていたけれど、

怖いのではなく、

ひたすらうるさい。

 

 

そして、何かというと、

『証拠は!???』、

『法的に見て問題ない!

 だから俺は悪くない!

 だから謝らない!』と怒鳴り散らす。

 

『クズ太郎がしていることは

 立派な犯罪です。

 法に触れてます』と言うと、

 

『うるさい!

 俺は何をしても許されるんだよ!!!

 問題になるのはあなたみたいな

 俺の奴隷だけだ!

 怒鳴られたいの!???

 あぁぁぁぁぁぁぁl!???

 俺のことが怖いんだろ!?

 黙るまで怒鳴るぞ!』と怒鳴り続ける。

 

こうなると話が通じないから

いつも私は黙っていた。

疲れるし面倒なんだよね。

 

それに、冷静に会話をすることを

クズ太郎に学ばせたくなかった。

私が療育する必要はない。

これでOKと思うのならそのままでいればいい。

 

法律家を目指している人間が、

法を守ることを考えないなんてありえない。

自分は悪いことをしまくるけれど、

他人のことは厳しく取り締まる人を

いったい誰が信用するのか。

誰がそんな人に弁護を頼みたいと思うのか。

私は絶対に嫌だ。

 


2020年版 司法試験&予備試験 完全整理択一六法 憲法【逐条型テキスト】<条文・判例の整理から過去出題情報まで> (司法試験&予備試験対策シリーズ)

 

『理屈っぽく、自分が絶対的に正しくて

 他人の意見を聞くことが出来ず、

 常に上から目線の人間は不採用』は、

法学部を出ていなくても、

どの人間にも当てはまる。

 

私も採用担当だった時、

こういうタイプは問答無用で切り捨てた。

どんなに経歴が華やかでも不採用。

 

いや、むしろ、経歴が華やかだから不採用。

だって、そういう人ってプライドが高くて

人の言うことを聞かない人が多いから。

 

こういう人は面接の時、10秒もあれば分かる。

簡単な見抜き方としては、

人を見下している人間は、

話をする時、あごが上がり、

顔を軽く斜めに向け、人を見下すような表情を作る。

 

会話をしている時、

左右どちらかの唇がひん曲がっている。

笑う時、鼻で笑う。

そして、左右どちらかの手がよく動く。

誰かに何かを教えているかのように、

『こうこうこういう感じですね』と

手を動かすのも特徴。

 

クズ太郎が全てに当てはまっていた。

 

上から目線の偉そうな奴だと思われないためにも、

手は両ひざの上にそろえて置き、

その位置を変えないというのが基本スタイル。

 その他、色々気をつけないといけないことがあるけれど、

偉そうな態度を取っている人は、

偉そうに見えるため、

わざと尊大な態度を取ることを好むから、

注意しても意味はないのだけど。

 


※文中に登場するクズ太郎は
 『元カレ』ではありません。
 ただのキチガイストーカー妄想虚言変出者です。