異星人と交信した結果、撃沈。。。。。。。。。。。。。。。。。。

※登場するクズ太郎は  『元カレ』ではありません。  ただのキチガイストーカー妄想虚言変出者です。

『これからの時代、手に職をつけないとダメなんだよ』等とドヤ顔で得意げに偉そうに言っているクズ太郎に驚いたこと。。。

 

 

 

 

 

 

2014年の2月、

『これからの時代、

 手に職つけないと生き残っていけないからね。

 だから、俺は弁護士になろうと思ってるんだ。

 

 あなたはちゃんと何かやってるの?

 あの会社もいつまでもあるわけじゃないし、

 あの会社がなくなった時、

 あなたは働くことは出来るの?』と

クズ太郎が偉そうに言ってきた。

 

驚いた。

何を偉そうに言ってるんだ?と驚いた。

 

 

『これからの時代、

 手に職をつけないとダメなんだ』って何??

 

過去、人類が誕生してからというもの、

手に職をつけている人、

人より才能に秀でた人間が

得をしているのは、

言わずとも誰もが知っていること。

 

『手に職をつけることが大切なこと』は

人間なら誰でも知っていること。

それも、今に始まったことではなく、

人類が誕生してからずっとね。。。

 

 

 

 

 

手に職をつけるために選んだ職業が弁護士って。。。

 

私の知っている弁護士は、

1流大学卒の試験1発合格者のみだから、

あんなのでも出来る仕事があるのか、とっても謎。

 

『ここの事務所は、▲▲大学などの卒業者で

 1発合格者以外は採用しない』

と言っていて、

(なぜ、そういう条件を設けているのか)

詳細な説明を聞いた。

 

 

『(手に職をつけるために弁護士を選んだ

  弁護士を選んだら一生安泰)

 みたいなことを言っている人がいたけど、

 やっぱり違うんだ?』と私が聞くと、

 

『知らない。

 レベル低い奴用の仕事はあるよ。

 でもね、それはうん。。。。』

と色々聞いたけれど、

プライドの高いクズ太郎には対応できない法曹界でも

末端も末端の仕事だった。。。

 

 

 

『これからの時代、

 手に職をつけないとダメなんだよ』

とクズ太郎は偉そうに言っていたけれど、

法曹界の実態を知っているんだろうか???

 

私が聞いた話をクズ太郎に話したところで、

 

『あなたからしか聞いたことがないから信じない。

 友達も誰も知らないって言ってたよ。

 あなたのことを笑ってたよ』

と馬鹿にするだけだろうから黙っていた。

 

 

クズ太郎が失敗することが私の望みだから、

役に立つかもしれない情報は

一切教えないようにしようと思った。