異星人と交信した結果、撃沈。。。。。。。。。。。。。。。。。。

※登場するクズ太郎は  『元カレ』ではありません。  ただのキチガイストーカー妄想虚言変出者です。

『不幸な人を好み、自己犠牲をして善を施す人の誘いのうまい断り方ってないのかな???』と思ったこと。。。

 

 

病気がある人、

何か問題を抱えている人というのは、

 

クズ太郎のような

簡単に人を支配したがる人の大好物でもあるけれど、

 

自己犠牲をして善を施すことで

自分の存在意義を見出し、

言われようのない恍惚感を味わいたい人の

大好物でもある。

 

 

私は、なにかとこういう人たちの餌食になりやすく、

最近もどうしようもない不快感を味わった。

 

 

『久しぶりにどうしても会いたい』と言う知人。

 

正直、とっても苦手な人だった。

 

人柄が悪いわけではない。

容姿も良いし、

性格も一般受けするいわゆる『良い人』

 

でも、私にとっては

『ありがた迷惑』の『ありがた』を取り

ただひたすらに『迷惑な人』。

 

人が好む人のため、

その人を悪く思ったり、

関わるのをやめようとすることを

周囲が許さないような人。

 

 

ある人が、その人とトラブルを起こした時、

色々面倒なことになることを学び、

適当に関わることを決めた人だった。

 

 

なんだかんだと理由をつけては

私が住む田舎に来ようとする。

 

(会わないといけない)と思うと、

私は相当ストレスを感じるようで、

一気に体調が悪くなり、

1・2週間ほど寝込むことになる。

 

私のことを思うのなら、

会うのを一生やめてほしいと思うけれど、

『良い人』なため、

クズ太郎のように、

 

私に関わらないで!!!

とは言えない(涙)

 

 

うまく断り切れず、

結局、その人はこの田舎に来た。

 

姿を見た瞬間、

こわばってしまい、

うまく笑えなかった。

 

 

『遠いところごめんね。

 ほんとうは、私が東京に行った方が良いのに。。。』

と言うと、

 

『全然平気~!!!

 

 私ね、苦労すればするだけ

 やりがいとか色々感じて

 心が満たされるタイプなの♪

 

 知ってるでしょ?

 私の性格』とその人が言う。

 

 

問題は大きければ大きいほど燃えるタイプ!

と言い、早々に燃え尽きたクズ太郎のことを思い出し、

吐き気がした。。。。。

 

 

どうしてこういう人たちって、

受け手の迷惑を一切考えず、

自分の思う『善』を

こうやって無理やり押しつけてくるんだろう???

 

 

自分の存在や行為が

相手を不快にさせたり、

体調を悪くさせることに

なぜ、一切気がつこうとしないのだろう???

 

 

挙句の果てに、

『実は迷惑。。。』と言ったり、

一般的に『親切』と言われる行為を断ると、

 

人の善を断るあなたは失礼だ!

と怒り、説教を始める。

 

 

受け手が『迷惑』と感じた時点で、

それは『善』ではなく、

『悪』になるのではないのか?????

 

 

人の嫌がることはしないこと!』と

小学生の頃に

学校の授業で教わるはずだ。

 

この田舎に来て驚いたのが、

『皆が(善)、(良い)と思ったら、

 それは(善)、(善行)なんです!』

と言い張る人の多さ。

 

 

 

 

 

なんで???

 

受け手が『悪』と感じたら、

『良い行い』は途端に『悪い行い』に

なるのではないの???

 

 

『どう感じるかは人それぞれ。

 相手がどう思うのか、

 それを考えて行動しましょう』と

子供の頃に教わっていないのか???

 

 

『皆が(良い)と思うことは(良いこと)。

 

 それを個人的に(悪い)と思う人は

 (悪人)』

 

 

これらについてクズ太郎に聞いたところ、

この話を聞いている間、

ずっと、クズ太郎は泣きそうな顔をしていた。

 

そして、

『(皆がどう思うか)ではなくて、

 (受けて本人がどう思うか)だと思わない?

 

 その人が(嫌だ)と言ったら、

 それは、『善行』から『悪行』に変わると思わない?

 

 (皆が)って考え、

 私は違うと思うんだけど』と私が言うと、

 

 

『なんで???

 どうしてそう思うの?

 

 そう思うあなたは変だよ』と

クズ太郎が戸惑った顔をして言った。

 

 

『え?????

 

 2014年の1月のメールで

 クズ太郎は、私の考えに同意していたよね???

 

 だから、私が(やめて)と言ったら

 やめてくれると思ったんだけど、

 (皆が良いって言ってた!)、

 (俺の友達も良いって言ってた!)って

 小学生みたいなことを言うから

 おかしいなと思ったんだよ。

 

 あの時、クズ太郎は

 私と仲良くなりたいから嘘をついたんだね?』

と私が言うと、

 

『言ってない』とか、

『あの時はそう思ったからそう言っただけ』等と

馬鹿なクソガキのような言葉を

怒鳴って言い続けた。

 

 

そして、

『皆が良いと思うことは良いことなんだよ!

 そう思えないあなたがダメなんだ!』

とさらにクズ太郎が怒鳴った。

 

 

『だから、クズ太郎と関わるの嫌だったんだよ。

 

 私は、抱えている問題が他の人と違うから

 (皆と一緒)っていう感覚で

 処理できないことが多いんだよ。

 

 あぁ、、、、、

 やっぱりね、思った通り。

 クズ太郎は、この程度の人間だと思ったんだ。

 

 もう絶望感しかない。。。

と私が言うと、

クズ太郎が青ざめてガタガタ震えだした。

 

 

クズ太郎のような勘違いいかれ妖怪も嫌いだけど、

不幸者を好み、

自己犠牲をして善を施す人も苦手だ。

 

 

ほんとうに問題を抱えた人にしか見えない

必要なこと、不要なことは

その問題に直面したことがない人には

絶対に理解することの出来ないことばかり。

 

 

これに関して、

理解のない人を馬鹿だとは思わない。

 

 

経験者と未経験者で認識に差があるのは当然。

そして、経験者同士、未経験者同士でも

思うことは違う。

 

これは、当たり前のことだと思う。

 

 

病院で患者同士が思っていることを押しつけ合って

喧嘩をしたり、

介護施設で老人などが喧嘩をすることもある。

 

同じ状況でも、

感じること、思うことは人それぞれ。

どんなに理解し合いたいと思っても、

そうはいかないということを

経験したり、

周囲の人たちを見て学んだ。

 

だから、理解できない人を馬鹿にしたり

見下してはいない。

 

ただね、

『それは私にとっては悪です。

 不要です』と断ったら、

『分かった。もうしないね』と言い、

さっさとやめてほしい。

 

『どうして?なんで?

 なぜこれを(嫌だ)、(悪)等と思うの?

 

 受け入れないあなたが悪だ』

と言い押しつけるのはやめてほしい。

 

 

『皆が一緒』という方が

気持ちが悪いと思う。

 

 

皆、意見は違って当然

私はそう思っている。

 

けれど、これについて、

全く理解のない人がいる。

 

こういう存在も仕方がないことなんだろうけど。。。

 

 

お互いに嫌な思いをしない断り文句、

そんな万能の言葉はないものかな???