異星人と交信した結果、撃沈。。。。。。。。。。。。。。。。。。

※登場するクズ太郎は  『元カレ』ではありません。  ただのキチガイストーカー妄想虚言変出者です。

『(顔が小さくてスタイルが良くて素敵)と大人気のロナウド。』、頭が異常にでかいクズ太郎ってどうなるんだろう。。。と思ったこと。。。

 

 

『俺を見れば全ての人が俺を好きになるんだ!』と

とてつもない、

うぬぼれ勘違い発言をしていたクズ太郎。

 

 

ノンスタ井上もそうだけど、

『そう思い込んでいる人に、

 誰がなんと言おうと無駄!』ということで、

 

クズ太郎のその発言も放置していた。

 

人って、嫌でも歳をとるし、

歳をとった時、不細工のイケメンぶった仕草は

若い時以上に痛々しいから、

若い人に嫌われちまえと思い、

放置した。

 

 

 

『顔が小さくてスタイルが良いし、

 かっこいいし、

 サッカーもうまいし、

 何をしても完璧!!!!』と女性人気第1位の

クリスティアーノ・ロナウド

 

 

f:id:bolla:20180624151136p:plain

 

 

かっこいいですね。

ユニフォーム姿もかっこいいけど、

スーツもかっこいい。

 

スーツって、

筋肉ある人の方が

びしっと決まってかっこいい。

 

 

『一目見て好きになる人』って

こういう人なんだろうな。

 

 

クズ太郎の場合、

笑ってしまう。

 

あいつがスーツを着たら。。。。

ダメだ、

見たら、ダメっぷりに唖然としてしまうか

笑ってしまうかどっちかだな。

 

スーツは、スタイルが悪い人は似合わないからね。。。

 

 

『顔が小さくてスタイルが良くて素敵』か。。。

 

 

やっぱり、容姿の良さの条件の1つは、

『顔が小さい』、『頭が小さい』だよね。

 

クズ太郎って、

どこの世界の住人なんだろう????

 

『頭がでかい人が素敵な世界』

いったい、どこにあるんだ???

 

 

彼氏は頭が小さく、背が高く、肩幅がある。

(自分でどう思ってるんだろう?)と思い、

『頭が小さくてスタイル良いよね』と言うと、

 

『そうかな???

 自分のことだとよく分からない』と言っていた。

 

『(スタイル良いね)って

 褒められたことあるでしょ』と言うと、

 

『うーん、どうでもいい。

 それに、他の人に褒められてもね。。。

 

 ○○(私)が

 (かっこいいな)って思ってくれたら

 それだけで良いよ。

 

 他の人が俺のことを良いって思っても、

 ○○が俺のことを良く思わないんじゃ意味ないからね』と

言っていた。

 

 

 

 

 

そうそう、これこれ、

『普通の反応』

 

 

私の中の『普通』

 

 

『皆が褒める』ではなく、

『褒めてほしい人が褒めてくれればいい』、

『認めてほしい人が認めてくれればいい』、

『そう思ってほしい人の数は多くはない。

 例え、一人でもいい』というのが良い。

 

 

どう思うかは人それぞれだけど、

認めてほしいと思う人の数が多ければ多いほど、

気になる人が増えていき、

そういう人は、統一感のないちぐはぐな行動を取りがちになるし、

 

自分の思い通りに事が進まないことを嫌うため、

他人を自分の思う人間にしようと

妄想虚言をするようになる。

 

そして、自分を褒める人間が多いと思い込むと、

自分の過ちを反省しなくなる。

相手を責めることだけ考え、

相手が言い返せない状態を作ることにだけ

一生懸命になる。

こうなると、もう手がつけられなくなる。

クズ太郎がまさに、この状態だった。

 

 

自分を認めさせようと必死で、

『俺は学生時代からすごかった!』、

『俺は学生時代、生徒会長をしていた!』と

嘘をつきだす。

 

 

さらに、

性欲が強く、やりたくてやりたくて仕方のないクズ太郎が、

『性欲の強い痴女』に私を仕立て上げ、

レイプしようと必死だった。

怖かった。。。

 

 

『ほんとに嫌だったな。。。』と私が言うと、

 

 

『そういう嫌な思いって

 下手すると、一生残るよね。

 

 だいたいさ、女性にたいして、

 (性欲が強い)とか(痴女)とか言うなんて

 頭いかれてるだろう。

 

 近くにいたら殴ってでも止めたけど、

 普通言わないよね?

 どういう環境で育てばそうなるんだ???

 

 (嫌だ)と思った時は、

 こうやって言ってね。

 ため込んでると、

 どんどん悪い方にしか行かないんだから』と

彼氏が言ってくれた。

 

 

『いつまでも同じことをグチグチ聞かされるの

 嫌じゃないの?』と聞くと、

 

 

『嫌いな人の愚痴なら嫌だけど、

 好きな人の愚痴なら

 同じこと、ずっと聞いていられるよ。

 

 それに、そういう嫌な思いをしている時、

 そばにいて助けてあげれなかったから、

 罪悪感があってね。。。

 

 せめてもの罪滅ぼしというか。。。

 

 とにかく、俺にしか言えないだろうから、

 いつでも言ってよ』と彼氏が言ってくれた。

 

 

あぁ、、、、、、、、、

私にはもったいないくらい心の綺麗な人間(泣)

 

 

見た目も中身も綺麗な人。

大事にしないと、罰が当たるな。。。