異星人と交信した結果、撃沈。。。。。。。。。。。。。。。。。。

※登場するクズ太郎は  『元カレ』ではありません。  ただのキチガイストーカー妄想虚言変出者です。

異星人と交流した結果、撃沈。。。。

『ホームレスが避難所に入ることを拒否したことについて台東区が謝罪か』。。。

 

『ホームレス男性の避難所利用を拒否。

 これについて、台東区が謝罪した』

ということだったけれど。。。

 

これ、他人事ではなく『明日は我が身』

 

ペットを飼っている人が、

避難所にペットと共に避難できるかと言えば。。。

 

犬猫など、動物が苦手な人からすれば、

こういう人にも避難所にはペットを連れて

来ないでほしいだろうし、

例えば、子連れ。。。

うるさく泣き叫ぶ子供の声に耐えきれるかと言えば。。。

これもまた嫌だろう。

 

自分にとって快適な空間を確保したいと思えば、

『〇〇な人は利用をしないでほしい』

と思うのは人として当然だ。

でも、大変な時だからね。。。

 

自宅じゃあるまいし、

命を守るために避難しているわけだし等々

色々考えるとね。。。

 

人はそれぞれ事情を抱えているわけだし、

自分だってそのうちの一人。

自分が排除したいと思う人間がいるように、

自分だって、誰かにとって排除したい人間であるはず。

 

 

 

そう考えれば、

排除をするという考えより、

皆が避難所を利用できるようになるためには、

何をどうすれば良いのかを

考えるべきだと思うし、

今回の一件は、

それを考える良いきっかけになったのかもしれない。

 

ホームレスの利用を断った人が

良いことをしたということではないけれど、

結局これって、

人間としての本音だろう。

 

何日もお風呂に入っていなくて、

体臭がきつくて、

ぼろぼろの服を着ている人が

避難所にいたら。。。。。。。。。。。。

 

正直、『嫌だ』と思うだろうし、

『近くに来ないでほしい』と思うだろう。

(出て行ってくれ)とは言えないけど、

いい気分ではないな。。。

だから、断った人を責める気になれない。

 

それより、ホームレスの人。

色々な事情から

そうならざるを得なかったんだろうけれど、

こういう人たちだって、

『もう1度やり直したい!』と思っているはずだ。

 

でも、就職先を見つけるにしても

現住所が必要だし、

とにかく住まいの確保が出来ないことには

人生のやり直しなんて出来ない。

 

こういう人がやり直すための制度を

整えることも考え実践しないとだめだろうに

なぜ、いまだに放置されているんだろう????

 

私も病気が悪化するたびに、

社会復帰が難しくなるから、

年齢のことだったり病気のことで

人生をやり直すことが難しいことを痛感しているから

分かる気がする。。

 

今回は脳梗塞になり、

体力がなくなっただけでなく、

今まで培ってきた知識もなくなり、

全くの初心者に成り下がり、

仕事の覚えも悪くなり

毎日が辛いけれど、

こういう状態の人間を、

世の中は軽蔑するだけで、

救いの手を差し伸べようとは思わないんだよな。

 

で、普段は弱者に対して上から目線の

ひどい態度を取っておいて、

自分が困ったときだけ、

『あなたなら、俺(私)の辛い気持ちわかるでしょ?

 どうにか協力してほしい』

と言い寄ってくるんだよね。

今までは助けていたけれど、

もう助けない。

なぜならば、こういう人たちって、

自分が良くなると、

自分が人生のどん底に落ちたことを忘れ、

恩をあだで返すようなことを平気でするからね。

 

ホームレスを作らない国に日本がなることは

出来るのかな???