異星人と交信した結果、撃沈。。。。。。。。。。。。。。。。。。

※登場するクズ太郎は  『元カレ』ではありません。  ただのキチガイストーカー妄想虚言変出者です。

『(あれってゴミクズクズ太郎の親戚かなんかだったのかな?)となんとなく気になる今日この頃』。。。

 

先日参加をした就職説明会ですが、

ちょっと気になる出来事があったのです。

 

就職説明会の会場に入る時のこと。

正面からおじさんたち複数人が歩いてきたのですが、

その中に、

ゴミクズクズ太郎のような男性がいたのです。

 

(え?クズ太郎!???)と驚いたのですが、

その男性も私を見て、

視線を避けるようにして、

そそくさと会場に入っていったのです。

 

会場は2階にあるのですが、

もし、行き先が同じなら、

今回は『仕事だから』等と言い、

逃げることはぜーーーったいに出来ない。

 

声をかけようかどうしようか迷ったのですが、

その際、多々疑問が。。。

(クズ太郎はあのブラック企業に就職したのに

 なんで来たんだろう?)、

(あれ?クズ太郎って障がい者だったの?)、

(それとも、あのブラック企業

 障がい者を雇用するために説明会に参加したの?)等々、

色々考えてしまいました。

 

何をどう考えてもしっくりこない。

いったいなんなんだろう???と思いつつ、

(ゴミクズクズ太郎だよね??)と声をかけようかと、

必死にクズ太郎のすぐ後ろを歩いていたのですが、

ふと振り返ったその男性の顔が。。。

クズ太郎のようでクズ太郎じゃない。

 

よく見てみると、

肌の色が黒い。

クズ太郎は確か色白。

その男性は頭が小さい。

クズ太郎は頭がでかい。

顔もクズ太郎ほど不細工ではない。

髪型もマッシュルームカットではない。

 

ただな、服装とか持っているバッグとか、

なんか似ているんですよね。

それに、歩き方も。

 

クズ太郎に歳の近い親戚っていたのかな?

一人っ子で兄弟はいないと言っていたから、

あり得るとすれば親戚。

親戚なら納得出来る。

あれだけ顔が似ているというのは、

親戚くらいなもんじゃないのか???

 

たまーに、血のつながりなど何もないのに

激似の人とかいますけどね。。。。。。。。。

 

(ゴミクズクズ太郎って知っていますか?)と

その男性に聞いてみたいなと思う気持ち。

もし知っていたら、

クズ太郎にちゃんと話すように言ってもらえないか等

色々考えてしまい、

就職説明会なのに、

そっちも気になっていました(;^ω^)

 

 

 

(あの人は何者なんだろう?)と思っていたら、

ちょこちょこ、その男性と目が合う。

目を合わせても、あちらも避けることはない。

私が目をそらすまで目が合う。

視線を感じるなと思うと、

こちらを見ている。

 

ん??????

もしかして、向こうも私を知っている???

なんで??

クズ太郎と写真を撮ったことはない。

だから、クズ太郎が私の写真を見せたとかはありえない。

あるとすればクズ太郎が

勝手に盗撮等していた場合だけど、

あいつならやりそうだな。。。。。。。。。

 

(そんなにちらちら見るくらいなら

 声をかけてくれればいいのに。

 こっちも、話しかけようか悩んでるし。。。)

と思いつつ、

その会場内で声をかけるわけにもいかないし、

企業の担当者と話したいため、

気になるけれど、どうにも出来ない。

 

就職説明会が終わり、

会場を後にしようとすると、

クズ太郎似の男性も会場から出てきた。

 

でも、数人でいたため

声をかけることが出来ない。

 

(これは、声をかけるのはやめておきなさい)

ということなのかな。。。と思い、

会場の建物前で迎えを待っていると、

駐車場に行ったはずのクズ太郎似の男性が

一人で会場に戻ってきた。

 

(一人だ!

 今なら声をかけれる。

 でもな、突然知らない人に

 『ゴミクズクズ太郎って知ってますか?』

 って声をかけられたら驚くだろうな)と思うと、

声をかけられない。

 

クズ太郎から私の悪口を聞いていたとすれば、

(やっぱりこの人おかしな人だ)

くらいに思われるかもしれない。

 

声をかけようかどうしようか迷っていたら

思わずその人を見ていて、

目が合っていました。

が、何を思ったのか視線をそらしてしまいました。。。

 

あのまま視線が合っていたら、

向こうから声をかけてくれたのかな。

あの時、勇気を出して声をかけてみれば良かったかな。

それとも、声をかけなくて正解だったかな。

等々、少々考えてしまいました。

 

(クズ太郎の馬鹿野郎話)を読んでいた方からすると、

(なぜ、そんなにクズ太郎と話したがるんだ?)

と疑問を感じますよね。

 

心理学など少々学び、

論文やら記事など書いていたら、

ちょっと評価を受けてしまい、

もっと、内容の濃い文章を書きたくて

仕方がなくなったのです。

 

今までは、一般的に知られていることや

マニュアル的なものを参考にすることが多かったのですが、

2014年にクズ太郎に会ってからは、

本物のキチガイが目の前にいて、

それをネタに書いていたのですが、

そうしたら、読んでいる人が喜んでくれるので、

はまってしまったんです。

 

 

なぜ人を支配したがるのか。

なぜ人を怒鳴るのか。恥ずかしくないのか。

皆に嫌われているのに、

そのことに一切気が付かないのはなぜか等々、

とにかく知りたいことがたくさんあって、

それを教えてくれる人と言えば、

ゴミクズクズ太郎くらいしか思いつかないんですよね。

 

多少変な人は世の中にいますが、

クズ太郎ほど変な人は見たことがないので、

そのせいなのか、とにかく気になります。

 

でも、私以外の人からすれば、

声をかけるなんてやめたほうがいいと思うのだろうし、

こんな私も十分危険人物ですよね(;'∀')

 

それにしても、今月に入ってから、

クズ太郎を見たり、

クズ太郎に似ている人を見ることが増えたな。

これは、良いこと?

それとも悪いこと?

 

あれ以上嫌だと思うこともないだろうから、

あまり気にしないでおこう。