『黒柳徹子さんって、(貧乏話、不幸話)が好きなんだ。じゃあ、貧乏ゴキブリクズ太郎の話好きだろうな』と思ったこと。。。

 

 

ユニセフの親善大使をしているから 

 笑ってはいけないんだけど、

 もうおかしくて(笑)』と

貧乏話を笑っている黒柳徹子さん。

 

 

(貧乏話・不幸話)がお好きらしい。

 

 

黒柳徹子

徹子様がお好きな

貧乏極め太郎の話など

いかがでございましょうか???

 

 

低所得者が多い田舎出身ですが、

その貧乏人たちの中でも

群を抜いて貧乏貧乏、

ダンボルール生活一歩手前のゴキブリカス太郎のお話など

いかがでございましょう???

 

 

きっとお気に召すかと思われます。

 

 

それに、クズ太郎は自分の話を

笑って楽しそうに聞いてもらえると、

 

『この人も俺のことが好きなんだ!

 この人も俺のことをすごいと思ってる!

 この人は俺を褒めている!』と喜ぶ。

 

普通は、

『馬鹿にされた。。。』と落ち込むところだけど、

クズ太郎は喜ぶ。

 

(人が笑顔で対応する=自分を認めた、ほめている)

としか思えないアホクズ太郎だから、

 

『俺、黒柳徹子にも認められたんだよ!』と

どや顔で言うんだろうな。。。。

 

 

現実的に、

実現不可能なことだけど、

 

 

黒柳徹子さんも楽しくなり、

クズ太郎も楽しくなるのなら、

 

『WinWIn』の関係だから、

お互い傷つくこともないのだから、

これは、いじめでもないし、

嫌ながらせでもないからいいだろう。

 

 

クズ太郎のあの果てしない前向き思考。

いったいどこから来るんだろう???

 

 

 

 

 

人に馬鹿にされていても気がつかない。

人に嫌われていても気がつかない。

 

 

『皆、俺と1度しか話しないんだよ!

 皆、俺と1度話すだけで終わるんだよ!』

 

これ、普通は、

『皆に嫌われている。

 皆、俺と1度話すだけで嫌がって離れていく。。。』と

落ち込むところなのに、

 

『俺がすご過ぎて、

 皆、反論できないんだよ!

 

 ま、俺に勝てる人はいないからね!

 俺は全ての人を論破できるんだ!』と

クズ太郎はどや顔で言っていた。

 

 

ほんとは、嫌われて無視されているのだから、

敏感な人であれば、

 

『皆に嫌われてる。

 皆が自分を無視する。

 皆が自分をないがしろにしている。

 皆が自分に嫌がらせをする』と悩むところなのに、

 

クズ太郎は、

『俺がすご過ぎて、

 皆、反論できないんだよ!

 

 ま、俺に勝てる人はいないからね!

 俺は全ての人を論破できるんだ!

 

 俺は、皆に一目置かれているんだ!』と

狂喜乱舞して大喜びし、

大声で、

 

俺は皆に好かれていて

 俺は何をしても許される特別な人間なんだ!』と

言いまくる。

 

 

『皆が俺みたいになれば

 何も問題にならないのに』というクズ太郎の言葉、

ある意味、そうかもね。

 

皆がクズ太郎みたいな

果てしないバカクズなら、

この世は。。。

 

 

いや、

果たしてそれが平和なのか????????