異星人と交信した結果、撃沈。。。。。。。。。。。。。。。。。。

※登場するクズ太郎は  『元カレ』ではありません。  ただのキチガイストーカー妄想虚言変出者です。

『思わず共感してしまった記事』。。。

読んでいて、

『あぁ、気持ち分かる。。。』と

なんとも言えない気持ちになった記事。

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

ikaushi.hatenablog.com

 

(すみません。

 勝手に記事をお借りします)

 

 

『同じ障害があるということで

 配慮をした結果。。。』ということで

色々体験したことが書かれていたのですが、

 

そうそう。。。

私もそうだった。

 

クズ太郎は発達障害があると聞いていたし、

精神疾患もある様子だったため、

『脳疾患者、精神疾患者の言うこと

 行動を否定する発言をしてはいけない。

 脳がそうさせているだけ。

 精神状態が悪いためやむを得ずそうしているだけ。

 本人に悪気はない』という

障がい者と関わる時の心得通りに行動していたら、

私が何も言わないことを良いことに、

クズ太郎はどんどん態度が悪くなっていき、

平気でお金は盗りあげるわ、

毎日怒鳴り散らすわ、

童貞卒業するためにレイプしようとするわで、

本当に最低最悪のゴミクズ野郎だった。

 

 

 

障害があるとはいえ、

やっぱり、注意すべきところは注意すべきだった。

『あの時、もしこう言っていたら。。。』と

いまだに後悔することがある。

 

この記事の中の

『その方へ私から注意すれば。。。

 タイミング、決断を逃していました』

という一文に共感してしまいました。

 

そうそう。

相手の機嫌が悪くなろうと怒鳴り散らそうと

言うべき時は言わないとダメだったんだ。

遠慮や配慮なんてするべきではなかった。

 

もし、こちらの不満を話した時、

相手が一切聞き入れようとしないのなら、

その時は、ただ関わるのをやめれば良かっただけ。

 

私も病気があるから

周囲の人から配慮をしてもらうことは多々あるけれど、

(優しくしてもらって当たり前)

(お礼なんて言う必要はない)なんて思ったことは

ただの1度もない。

 

クズ太郎は、

『俺は優しくされるだけの人間だ!』、

『俺は優しくされて当然の人間だから、

 礼なんて言う必要ないんだよ!』と

怒鳴り散らしていた。

 

どんな立場の人も

誰かに何かしてもらえて当たり前なんてことはない。

感謝する気持ちは持っていないといけないし、

人を思いやる気持ち等も忘れてはいけない。

 

それらのない障がい者病人など

優しくしたり気を遣うに値しない。

どんな人でも調子に乗ったらそれで終わり。

 

(人を理解する人、

 人に優しくしたい、

 思いやりを持って接したい)と思っている人が

嫌な思いをして傷つくような

そんなことが多いなと

この記事を読んでいて改めて思いました。

優しい人が報われる世の中になってほしいもんだ。。。