異星人と交信した結果、撃沈。。。。。。。。。。。。。。。。。。

※登場するクズ太郎は  『元カレ』ではありません。  ただのキチガイストーカー妄想虚言変出者です。

『人が人を信用するのって、自分がダメな時に手を差し伸べてくれた時だよな』と思ったこと。。。

 

私は持病があるし、

そのせいで足の具合が悪いこともあり、

病人や介護を受けている人の気持ちが

健康な人よりは少し分かる。

 

だから、相手が困っていること、

どう声をかけてほしいのか、

健康な人よりは分かる。

 

自分がこうされたら嫌だとか、

雑に扱われたら嫌だとか、

雑に扱うくらいなら関わってくんなとか

そういう願望とか不満や怒りも分かる。

 

良い人に見られたいとか

そんな安っぽい感情ではなく思うことがあり、

病人や障害のある人と関わってきた。

 

あることがあった時、

『あなたは信用できるから。。。』

と話をされた。

 

こんなこと、

私が聞いて良いものだろうかと思ったけれど、

その人にとって、

大変な時期、たいがいの人間なら逃げ出したり

見捨てるような時に、

親身になりずっとそばにいてくれたから

私なら裏切ることはないと

思って頂けたようで。。。

 

その話を聞いていて思った。

 

 

 

クズ太郎は、

『俺は皆に信用されている。

 あなただけだよ!

 俺のこと信用しないの!

 あなた何なの!???

 俺のことを信用しろーーー!』と

怒鳴り散らしてきたけれど、

信用するかしないかを決めるのは

受けてであって、お前じゃない。

 

それに、自分を怒鳴りつけ

『お前は俺の奴隷だ!』、

『お前は俺の財布だ!

 金出せ!!!!』等と怒鳴る馬鹿を

信用する人がいるわけないと思う。

 

『他の人は信用している』と言っても、

その『他の人』が私にとって

どうしようもないくだらない人間なら、

信用する理由にはならない。

ゴミ同士でつるんでて、

そのゴミの仲間にされてもね、、、

全然嬉しくないし。

 

だいたい、普段、調子のよい時だけ、

『俺は誰よりも問題解決能力が高い』等と

ほらを吹き、いざとなると、

 

『あなたの問題を俺に解決させないでください!』

と言う馬鹿。

誰が信用するんだ???

 

『(あなたの問題を俺に解決させてください)

 って言ったのはクズ太郎だよ。

 ねぇ、今がその時だよ』と言ったところ、

 

『そういう意味で言ったんじゃない!』

キチガイ発言をした。

 

『(そういう意味じゃない)って、

 じゃあ、どういう意味で言ったの?』

と私が聞くと、

 

『うるさい!!

 うあぇいえおっを家じゃ老い演歌krおいあい!!!!』

と獣のように怒鳴りまくる始末。

 

あぁ、、、

人間と関わりたいよ。

困ると怒鳴り吠える犬畜生と関わりたくないよ。。。

 

クズ太郎。

お前が人に信用される人間ではないことは

お前自身が証明しているよ。

 

困っている人を見捨てた挙句、

侮辱し怒鳴る奴なんて、

全く信用する気にならない。

 

私がしていることが全て正しいわけではないけれど、

やっぱり、お前みたいなクズに教わることは

何一つないなと改めて思ったよ。

 

※文中に登場するクズ太郎は
 『元カレ』ではありません。
 ただのキチガイストーカー妄想虚言変出者です。