異星人と交信した結果、撃沈。。。。。。。。。。。。。。。。。。

※登場するクズ太郎は  『元カレ』ではありません。  ただのキチガイストーカー妄想虚言変出者です。

異星人と交流した結果、撃沈。。。。

『(平成も終わりだというのに、こんなことで泣けると思わなかった)って。。。私も泣いてしまったよ』と思ったこと。。。

 

 

某番組でのお話。

 

出演者が全員分からず、

何が何だか分からないけれど、

 

なにこれ!?

泣ける。。。

 

ダメダメのクズ夫に、

憐れな4人の子供。

 

 

小さな子供の前で、

ダメ夫が一人だけウナギを食べていて、

子供たちは、

泣くこともなく、

文句を言うこともなく、

なんとも言えない表情で

ウナギを食べる父親を見ていた。

 

それを憐れに思い、

うな重の差し入れをしたある女性。

 

4人の子供たちは喜び、

うな重の蓋を開けると、

手でうな重の香りを仰ぎ、

『良い香りがする~』と。。。

 

えぇ、、、、、、、、、

こんな仕草をするなんて、

させるなんて、

情けない男。

 

お金がなく、

子供にひもじい悲惨な思いをさせるなら、

子供を持つなよ。

 

あのブラック企業の人も、

『私は良いの。

 どんなボロボロの服でも良いから、

 子供には良い服を着せてあげたい!』と

言っていたけれど、

ドン引き。。。

 

いつの時代やねん。。。と

あの時も思ったけれど、

今って、平成だよね???

 

話しには聞くけれど、

いるんだ、ホントに困っている人。

 

専門家やら、

色々決める人たちが集まる会に

参加させて頂いてはいたけれど、

話を聞くだけと、

現実を見るのとでは、

感じる物が違った。

 

 

だから、

『教科書勉強はいい加減にして、

 現実を見た方が良いよ。

 人から学んだ方が良いよ』と

クズ太郎に言ったんだけど、

 

いつも通り、

『あなたからしか聞いたことがないから 

 信じない。

 俺の友達も誰も聞いたことがないと言って

 笑ってあなたのこと、

 馬鹿にしてたよ』と言っていた。

 

良いよ別に。

笑って馬鹿にしたければすればいい。

 

他人を馬鹿にして笑っても、

福沢諭吉は手に入らないよ。

 

 

昭和の私ですら、

クラスに1人はいた『貧乏人』

その子が悪いわけではないのに、

すごいいじめられてたな。。。

 

『貧乏は罪』と

ああいうのを見て、

思わされたな。

貧乏は恥ずべきことと

あれを見て思ってしまった。

 

自分が子供を持つなら、

絶対にあんな思いはさせたくない。

いじめの対象になるような原因を

持たせないと思ったな。

あの頃、まさか、

自分が子供を産めないと思っていなかったから。

 

 

子供たちをどうにかしても、

子供は大人が思っている以上に

大人を見ている。

 

『あいつの親って貧乏臭いよな(笑)

 お前の親、

 貧乏だよね、汚いよね(爆笑)』と

馬鹿にして子供が結局いじめを受ける。

 

『私は良いの!

 でも、子供には不自由させたくない!』

ってなんだ???

 

そんな親を見て、

子供は情けなく感じて、

自分のために必死な親に対して

何かありがたみも感じて、

『家が貧乏だから

 学校でいじめられてる』と言えず、

最悪の場合、

親にも相談できず自殺をするんだ。。。

 

 

私のどうしようもない個人的意見。

『お金がないのなら子供を持つな』

 

地球は滅びる。

生き物も滅びる。

過去を見ていても分かること。

恐竜だとかなんだとか、

過去に地球上に存在していたものも、

今はいない。

色々な生物が誕生しては滅びている。

人間だって、

そのうちの1つ。

 

なにやら、

『自分たち人間は特別な存在』と

思い込んでいるけれど、

その(特別な存在)の人間が

地球が滅びる原因をどんどん作り、

予想以上に地球の寿命を縮めている。

 

こういうことにとんでもなく詳しい人がいて、

その話が面白い。

その人の話を聞いていて、

人生観がだいぶ変わった。

だから思う。

 

『人類存続のため、

 国の存続のため、

 子供を作れ!』は違う気がする。

 

子供はお金がないと育てることが出来ない。

 

 

 

 

 

 

うな重1つで

あんなに喜んで。。。(涙)

無言でうな重を食べる子供たち。

 

もう涙が止まらないんですけど。。。

 

 

クズ太郎もそうだった。

見た目、服装、

お金への考え方、

全てが時代遅れ。

 

『私は今、どこにいるの?

 まさかのタイムスリップ!?』と

思ったことがあった。

 

それとも、クズ太郎が

過去から来た人???

 

あいつ、平成の人間じゃないんだけど。

 

あまりにも貧乏過ぎて、

公園で乞食に食事を配っているボランティア活動を

思い出してしまい、

 

(どうぞ、物乞い乞食さん。

 これでも食べてな)と

食べ物を渡したことがあったな。

 

そしたら、

『あなたにもらったお菓子、

 あれ、お母さんが勝手に食べてたんだよ!

 

 勝手に食べないでって

 怒っておいたから!』と

クズ太郎が

なぜか誇らしげに言っていた。

 

『いや、、、、、

 食べたければ食べればいいんじゃない。。。』

と引きつった顔で言うと、

 

『なんで!???

 お母さん、俺に断りもせず

 勝手に食べてたんだよ!

 

 あなたさ、例え家族同士でも、

 許可もなく食べたりしたらダメって

 言ってたよね!?

 

 だから、俺、

 勝手に食べてたことを怒ったんだよ!

 俺、偉いでしょ!』と

クズ太郎が怒鳴りだす。

 

え。。。。。。

断らない母親も嫌だけど、

それをこんなに怒る息子も嫌だな。

 

しかも、こんなくだらないことで

(俺、すごいでしょ!

 俺、偉いでしょ!

 褒めて褒めて~)って。。。

 

クズ太郎は30代のおじさんだよ?

『お母さん、

 それ美味しいでしょ?

 気に入ったのなら、

 今度買ってくるね。

 それと、これ、会社の人がくれたんだ。

 お礼言っておくね』くらい言えよと思い、

思いっきりドン引きして、

 

『仲良く分けて食べなよ』と

私が言うと、

珍しくクズ太郎が黙った。

 

怖かった。

 

 

100円程度のお菓子ですよ??

それを親子で

『盗った盗ってない』って。。。

怖いよ。

 

それよりさ、

『(いつも色々くださってありがとうございます)

 って、お母さんが言ってたよ』と

お礼の言葉を言うのが先じゃない?

 

ま、貧乏人って、

目先のお金とか食べ物しか

目に入らないから、

礼儀もマナーもないから仕方ないか。。。

 

礼儀・マナーは、

余裕があるから出来ること。

『今日の食べ物すら入手できるか分からない』

と言っている人が、

礼儀・マナーなんて

気にすることが出来るわけがない。

 

 

あまりの貧乏っぷりに、

クズ太郎を見ていると、

あまり責める気にならなかったのも事実。

 

あまり言うと、

学生時代に貧乏を理由にいじめていた人たちと

同類になるな。。。と思うと、

(私は慈悲の心を持って

 貧乏人クズ太郎に施しをしよう)と

思ったんだよな。。。

 

あいつ、施しを受けてる分際で、

『俺のこと誰だと思ってるの!?

 俺だよ!

 あぁ!???

 

 俺の言うことを聞け!

 あなたは俺の奴隷だ!』と

私を何度も何度も怒鳴っていたけれど、

 

 

クズ太郎!

そんなに偉いのなら、

まず、人から施しを受けるな!

お金を盗るな!

自分のことを自分で出来るようになれ!

 

お前と関わっていると、

弱い人などに優しくしようと

一切思えなくなるんだよ。

 

『俺は優しくされて当然の人間だ!』

とクズ太郎が怒鳴った時、

 

(一生、貧乏人、あほには

 関わらない!

 優しくしない!)と

思ってしまったんだよな。。。

 

 

クズ太郎と関わると、

人に優しくすることが

バカバカしく思えてくる。

 

あのブラック企業にいると、

仕事をすることが

バカバカしく思えてくる。

 

『腐ったミカンがいると。。。』と

有名な金八先生の言葉。

 

あのドラマを1度も観たことがなく、

このセリフしか聞いていないから

正確な理解はしていません。

 

でも、確かに、

段ボールの中に、

腐ったミカンが1つあると、

正常なミカンがどんどん腐っていくんだよね。

 

腐ったミカンゴミのクズ太郎と関わっていると、

こちらも腐るのは当然。

 

クズ太郎と関わっていた時、

カサンドラ症候群』の症状が

出始めたんだよね。

 

もう、ホントに嫌だった。

 

どうにか直したけど、

きつかった。

 

ゴミはゴミを作る。

カスはカスを作る。

貧乏はほぼ一生貧乏。

 

たまに、貧乏が嫌で

努力をして成功している人がいるから、

やっぱり、(貧乏=一生終わってる)とは

ぜーーーったいに思いたくはないけど。

 

早く、正常な思考を取り戻したい。