『右手と左手で異なるリズムを刻むことって、誰でも出来るよね?』と思ったこと。。。

 

 

2014年の3月あたり、

何の話をしていた時か忘れたけれど、

クズ男が、

『右手と左手で違うリズム取れる?』と聞いてきた。

 

『うん、出来るよ』と私が言うと、

『え?ほんとに!???』と

驚いた顔をしてクズ男が言ってくる。

 

『うん、出来るよ』ともう1度言うと、

 

『ホントに出来るの!?

 じゃあ、やってみて!』とクズ男が意地の悪い顔をして言う。

 

クズ男のその態度にイライラしながら、

汚い顔に顔面パンチしてやりたい気持ちを抑えながら、

実際にやってみた。

 

 

すると、

『あ、出来るんだ。

 うん、まぁ、これが出来るならいいね』と

なぜか、教師ぶって偉そうに上から目線で言う。

そして、とても悔しそうな顔をしていた。

 

 

こういう言い方をクズ男がよくしていたけれど、

私は、この話し方をするクズ男がとても嫌いだった。

 

 

そもそも、クズ男が、

『それならいいね』と言うことは、

世の中の8割の人間が普通に出来ることで

特に出来るから褒められるとか、優秀とか、

特別とか、そんなことではない。

 

出来て当たり前、普通のこと)なのだ。

 

 

くだらん、くだらなすぎる。。。

 

 

『これ、出来ない人っているの?』と私が聞くと、

『さぁ、、、、、』とクズ男がもごもご何か言っていた。

 

 

聞き取れないし、

とんでもなくくだらない話のため、無視した。

 

 

これ、もし私が出来なければ、

『えぇ!????

 こんなことも出来ないの!????

 

 (爆笑)

 

 これね、こうやるんだよ!

 ほら、やってみて』とクズ男が笑って私を馬鹿にしながら言い、

 

『え? 出来ないよ。

 難しいね。

 これ出来るなんて、クズ男ってホントにすごいね!

 

 なんでも出来るんだね!

 クズ男ってすごすぎるよ!!!』と私が言い、

 

『まぁね、俺、子供の頃からなんでも出来るんだよ。

 俺は優秀だからね!』と威張りながらクズ男は言ったのだろう。

 

 

これをするために言ったのに、

予想外に私が出来たもんだから、

クズ男は、相当戸惑った顔をしていたけれど、

 

あのね、私はそんなお前に戸惑うわ。。。

 

 

これくらいのことで『誰よりも優秀』って思ってるの?

これくらいのことで

『皆に褒められてきた。

 俺は、褒められるだけの人間なんだ!』

 

だって、『俺だよ!』って。。。

 

f:id:bolla:20171123223735j:plain

 

 

お前、怖いよ。

寒気がするよ。

それくらい、皆出来るんだって。

猿でも出来るよ。

調教された猿ってドラムも叩くよ。

 

右手と左手で違う動きをするなんて、

猿でも出来るんだよ。

 

それを我々人間が出来ないわけないだろ?

 

あ、、、

そっか、お前妖怪だから知らないのか。

 

じゃあ、教えてあげるね、ゴミクズ妖怪クズ男。

 

私たち人間は、これくらい出来るんですよ。

人間の脳ってすごいんだよ。

人間の能力ってすごいんだよ。

 

妖怪って、これくらいのことして褒めてもらえるんだ。

これくらいのことで『誰よりも優秀』になれるんだ。

 

妖怪っていいね。

妖怪って楽でいいね。

 

まさかと思うけど、『人間になりたい』とか思ってないよね?

 

人間って大変なんだよ。

これくらいじゃ、誰も褒めてくれないし、

これくらいじゃ、誰よりも優秀にはなれないんだよ。

 

 

 

 

 

お前は人間にならないほうがいいよ。

妖怪村に帰った方がいいよ。

 

 

f:id:bolla:20171204015907p:plain

 

妖怪の弔い方とか人間は分からないし、

今のうちに妖怪村に帰った方がいいよ。

さようなら、妖怪クズ男。