『俺、仲良くなった人は家族と同じように扱うから。だから、あなたにも気を遣わないよ』とクズ太郎がドヤ顔で言ってきたが、それを聞いて、また恐怖を感じたこと。。。

 

 

ある日、

『俺ね、仲良くなった人は

 家族と同じように対応するから、

 だから、今後、

 あなたのことも家族と同じように対応するから

 気を遣わないよ。

 だから、あなたも俺に気を遣わないでね。』

とクズ太郎が言ってきた。

 

過去に、男性で同じようなことを言っている人がいたけれど、

この人がまたとんでもない人だった。

 

しつけもなってない、

野放し状態のクソ野郎。

『あなたたちは家族と同じ』と言えば、

それで親しさや信頼関係を築けると勘違いしているのか

分からないけれど、

その幼稚なやり方に周囲があきれ

どんどん人が離れていった。

もちろん、私も無視するようになった。

 

 

『私は家族じゃないよ。

 それに、家族であったとしても、

 最低限の礼儀とか 

 気遣いは必要だよね?』と私が言うと、

 

『何それ?俺は家族には気を遣わないよ』

とクズ太郎が言う。

 

 

私は、子供の頃、

『家族は近い人間だからこそ、

 気を遣うべき。

 

 感謝をする、謝ることをしないと、

 少しの嫌なことも

 塵も積もれば山となり、

 うまくいかなくなる。

 

 親しき中にも礼儀あり。

 親しい人ほど気を遣うべき』

と教えられた。

 

 

 

 

 

これについてクズ太郎に話をすると、

 

『なにそれ?

 あなたってそうやって細かいから嫌われるんだよ』

とクズ太郎が言ってきた。

 

 

は???

それって、私一人を否定したのではなく、

私の親、家族まとめて否定したことになるんですけど???

 

そういう気遣いのなさ、

思いやりのなさが嫌い。

 

(お前みたいな貧乏嫌いなんだよ!)

(お前みたいな奇形の障がい者きらーい)

とクズ太郎に言えなかったのも、

クズ太郎の親のことを思えば言えなかった。

 

こんな奇形のゴミ、

こんな気持ちの悪い不細工妖怪でも、

親からすれば可愛い息子なんだろうと思えば、

ひどいことは言えなかったし、

『シネ』とも言えなかった。

 

それなのに、

クズ太郎のこの気遣い思いやりのない数々の発言。

ぶっころしたいいいいい。。。。。。。

 

 

 

『気を遣えない人、

 思いやりのない人は嫌だ。

 そんな人とは関わりたくない』

と私が何度言っても、

 

『なんで? 気を遣い合うと疲れるじゃない。

 気を遣わない方が楽でいいよ』

とクズ太郎が青ざめて焦って言っていた。

 

楽???

何が楽なの?

 

お互いが思ったことを言い合って、

ムカつけば『ムカつく』と言い、

シネと思えば『シネ』と言い、

そんな脳内垂れ流し状態の何が楽なんだ???

 

言葉で罵り合って、

それでも相手が降伏しない場合、

男の場合は力で支配しようとして

女を殴る。

 

気を遣わない思いやりのない人間関係の先にあるのは

争いのみ。

 

『自分ファースト』なんてやってみろ。

トランプおじいちゃんとミサイル王子みたいに

自分の思うとおりにしようとして

他国を巻き込んで争うんだぞ。

 

 

家族と同じように扱うね

 

このセリフを言えば、

女が喜ぶと思っている男は多いようだけど、

大間違い!

 

喜ぶ女もいるかもしれないけれど、

私のように嫌だと思う女もいる。

 

 

 

 

 

だいたい、

『家族と同じように扱う』と言う男は

ザコンが多い。

 

ママに甘えるみたいに

ママが自分をなんでも許すようにしてほしいだけ。

 

その辺の女はお前のママじゃない。

 

クズ太郎、

そんなにママが良いなら

ママと付き合え、

ママと結婚しろ、

その異常に強い性欲もママに処理してもらえ。

 

 

家族の形は家族の数だけある。

 

『家族と同じように扱う』

意味不明。

 

『家族のように扱う』は

私にとっては、大切に大切にしますということ。

 

けっして、侮辱したり怒鳴ったり

威嚇して制圧して支配する者ではない。

 

そもそも、

『家族と同じように扱う』、

扱う』って何????

 

私は物じゃないんですけど???

 

 

やっぱり無理だ。

私とクズ太郎の価値観は真逆。

これは、譲歩すればどうにかなる

というレベルをはるかに超えている。

 

これは、『関わってはいけない人』だ。

私のためにも、クズ男のためにも、

お互いのために関わるべきじゃない。

 

だいたい、(何も気にならない人)、

(気を遣わない人)って

汚いんだよ。不潔。

クズ太郎が、どこか汚いのって、

やっぱりこういうことなんだろう。

 

 

クズ太郎と話していて気がついたけれど、

クズ太郎には、人間関係の線引きが一切ない。

 

クズ太郎の基本となるのは、

全て『だらしのない関係で成り立っている家族ゴミクズ家』

 

だから、私との会話も両親に筒抜け。

何かあると、

すぐに『お父さんが』、『お母さんが』と言う。

 

『友達』、『男友達』、『女友達』、『恋人』という

その区別もつかない。

 

女は全て恋愛対象、性行為相手。

『男と女に友情は成立しない』

というタイプ。

 

だから、全ての人間関係が雑。

 

なぜこのようになるのか。

そんなの簡単だ。

要は、クズ太郎の家の環境がだらしがないから。

家庭は小さな社会。

家庭内での素行が悪いなら、

社会に出てまともになる可能性は極めて低い。

 

 

人間関係だけは、

マニュアルがあるわけではなく

経験から学ぶしかない。

誰かの話を見聞きしたところで

きちんと人間関係を作ってこなかったことは

行動や発言ですぐに分かる。

 

 

『仲良くなった人は家族と同じように扱う』

これを、(仲良くなった証)として言っているのか、

(俺が心をあなたに許した証)として言っているのか、

クズ太郎の本音は知らないけれど、

 

(親しき中にも礼儀あり)

としつけられた人間からすると、

クズ太郎は

『だらしのない環境と親に育てられただらしのない人間』

と判断してしまう。

 

(気を遣わない間柄=信頼関係が築けている)

と思っている人がたまにいるけれど、

男性同士ならそれもあるのかもしれないけれど、

女は結構細かいことにこだわる。

男性が気がつかない細かい言葉遣いも気になる。

 

クズ太郎は無理だろうな。

女がガミガミ言えば、

ただ怒鳴り返すだけだから。

 

人には向き不向きがある。

クズ太郎は、人付き合いの能力がゼロ。

だから、友達も恋人も作る必要はないし、

結婚する必要もない。

ましてや子供など無理。

 

だいたい、クズ太郎に似た子供とか。。。

気持ち悪い。

これ以上、地球に妖怪を誕生させないでくれ。