異星人と交信した結果、撃沈。。。。。。。。。。。。。。。。。。

※登場するクズ太郎は  『元カレ』ではありません。  ただのキチガイストーカー妄想虚言変出者です。

元CIA職員が、『個人情報は隠すものではなく、守るものなんだ。』と言っていたけど、これを聞いて『そうそう!クズ太郎やあの会社の人たちに私が言っていたのは、このことだよ。』と思ったこと。。。

 

あの会社の人に限らず、

田舎というのは、

恐ろしくなるほど個人情報ダダ漏れ状態。

役所に勤めている人間でも平気で友人知人に話してしまう人もいる。

 

あの会社に入り、色々聞かれすごく嫌だった。

社内の会話は人の話ばかり。

 

私は自分が話していないことまで、

なぜか知られていることがあった。

例えば、どこに住んでいるのか。

 

会社には住所などは申告するが、

それは、手続きに必要だから、それだけのためだ。

 

預かった会社側も、

『必要な手続き以外に使用しない』

とルール付けされているはずだし、

そこで知り得た情報を第三者に話すことも禁じられているはずだ。

例え社内の人間であったとしても教えてはいけないはずだ。

 

 

ところが、P部署の社員Sさんに、

『あなたの家の近くに○○があるじゃない。』

等と大声で言われた。

 

おいおい、なんで人の家のこと大声で言ってんだよ。

私はどこに住んでるのか言ったことないぞ。

それって、あの書類に書いた情報を見てそれで知っただけだよね?

それを会社内で言うなんて、

それ大問題だぞ、腹立つな。

こんな情報管理に疎い人間に書類渡さないといけないとか、

苦痛以外の何物でもない、勘弁してくれよ。。。

と思っていた。

 

 

 

 

 

クズ太郎はぱっと見、人のことに興味がなさそうだし、

会社内でクズ太郎と親しくしている人間が一人もいないし、

浮いた存在だったため、

ピアノを頼んだところで、仲よくすることを強要されたり、

個人情報を探られるようなこともないだろうと思っていた。

 

ところが、見た目とは違い、

異常なナルシスト。

田舎者丸出しの、

『個人情報大好き、垂れ流しのゴミクズ』だった。

 『人と関わるのが苦手なタイプ』と思っていたけれど、

全く違っていた。

 

 

 

2014年の1月のメールでも色々聞かれ、

『私、そういうの聞かれるの嫌い。

 あの会社の人もそうだけど、なんで知りたがるの?

 知って何がしたいの?

 ああいう会話、思いっきり気持ち悪いんだよね。

 

 クズ太郎もそういう人なら、関わりたくない。』

と私が言うと、

 

『え?なんでそんなに嫌がるの?

 別に悪いことじゃないでしょ?

 何か、やましいことでもあるの?

 

 俺は何もやましいことはないから、何でも言えるよ。

 聞きたいことあったら何でも聞いて、なんでも答えるから。』

等と言い、

 

家族構成、これまでに何をしてきたのか等を聞いてもいないのに

話してくる。

 

挙句の果てに、

『あなたのことも全て話してね。

 嘘ついたり隠したら、絶対に許さないから』

と言ってきた。

 

『やましいことがあるから話せないんじゃなくて、

 今、色々なことに気をつけないといけない時代じゃない。

 

 自分で出来る範囲で情報を守ることは必要だと思うよ』

と私が言うと、

 

『何言ってるのか全然分からない。

 やましいから言えないだけでしょ』

とクズ太郎が言う。

 

『そうじゃないよ。

 住んでる場所を勝手に人に言われて

 ストーカー被害にあったことあったし、

 人が勝手に教えた情報で嫌な思いをしている人は多々いるんだよ。

 

 自分が人の情報を気軽に言うことで、

 その人に嫌な思いをさせる可能性があるとか考えたことないの?』

と私が聞くと、

 

『それは大袈裟だよ。ただの会話の一つでしょ?』

とクズ太郎が言う。

 

『何言ってるの?

 個人情報が(ただの会話の一つ)なわけないでしょ!?』

と私が苛立ちながら言うと、

 

『あなたは、気にしすぎる人なのかな(笑)

 大袈裟だね』等と馬鹿にして笑いながらクズ太郎が言う。

 

 

 

 

 

 『クズ男は、

 (個人情報保護法)とか、それ関連の法律・ルールとか、

 そういうのがなぜあるのか、きちんと考えたことないの?

 

 理由もなく、人にルールを課したりしないよね?

 ルールがあるってことは、何かがあるからじゃない。

 そういうこと、きちんと考えれない人なの?』

等と、色々疑問に感じたことをクズ太郎に聞いた。

 

 

『うーーん、、、

 なんか、よく分からない。』と、

私がドン引きする様な事を

平気で怒りながらクズ太郎が言っていた。

 

 

これは、個人情報を取り扱っている企業に勤務している人間なら

誰しも知っていることで、

『めんどくさい』だのと言われるようなことではない。

むしろ嫌われるのは、情報管理出来ない人間の方だろ。

 

 

もしクズ太郎が元CIA職員の発言を聞いたなら、

いったいクズ太郎はどういう気持ちで聞いていたんだろう。 

 

『個人情報というのは、やましいから隠すというものではない。

 個人情報は、隠すのではなく守るものなんだ。』

と元CIA職員が言っていたけれど、

ほんとにその通りですよね。

 

 

クズ太郎は、

『あなたからしか聞いたことがない。

 また変なこと言ってるね(笑)

 嘘?妄想?俺の友達も笑ってたよ(爆笑)』

と言っていたけれど、

 

自称『誰よりも優秀』なクズ太郎が、

バカな私でも知っていることを知らないなんて、

こっちの方が笑えるよ。