異星人と交信した結果、撃沈。。。。。。。。。。。。。。。。。。

※登場するクズ太郎は  『元カレ』ではありません。  ただのキチガイストーカー妄想虚言変出者です。

異星人と交流した結果、撃沈。。。。

『エクササイズ的に空手を習うのはダメなの?』と思ったこと。。。

 

 

『子供が体が弱く

 体力がないから、

 体力をつけるために空手道場に

 通わせることにしたけど、

 

 (体が弱いから

  手加減してほしい)と頼んでいたのに、

 

 健康で体力がある子供と変わりのない

 厳しい指導を受けたせいで

 体調は崩すし、

 本人も、怖くて行きたくないって言ってる』

等と子持ちの友人が悩んでいた。

 

 

この悩み、分かる。

私も幼少期から体が弱いため、

親が体力をつけさせようとスイミングスクールに

通わせたりしたけど、

結局、体調を崩したり、

体力がないため、

健康な子供と同じことが出来ず、

『すぐに疲れるよね(笑)

 これくらい泳げないと(笑)』等と

先生や通っている児童から言われ、

 

それを私自身も痛感していたため、

『もうスイミングに行きたくない(泣)』

と泣いてぐずって親を困らせていたことがあった。

 

親が子供を心配し、

体力をつけさせようと

色々考えているのって

こんな感じだったんだなと

悩んでいる友人を見て、

親に対する罪悪感が。。。

 

ごめんなさい。

私の両親も

こうやって考えてくれていたんだね。

 

当時も

『体力がついたら、

 もう少し体が楽になると思うから、

 もう少し頑張ろう』と

親が悲しそうな苦しそうな

なんとも言えない顔で言っていた。

 

それを見ると、

『いやだ!行きたいくない!』と

あまり言うのも申し訳ない。。。と

幼心に思う日もあったけれど、

 

(周囲の子と同じことが出来ない)、

(出来ないと笑われる、馬鹿にされる、怖い)

と思うと、どうしても

『行きたくない!』と思ってしまっていた。

 

 

ああいう経験があったからなんだろうな。

もう誰から嫌われようと、

悪口を言われようと、

馬鹿にされて笑われようと、

全く気にならない性格になったのは、

幼稚園、小学生の頃の経験からなんだろうな。。。

 

病人が健康な人と同じことをするなんて無理だよ。

それを

『病気を理由に甘えている!』と

非難する人がいるけれど、

病気になれば分かるよ。

 

やる気があっても動かない体。

調子が悪くなればやる気すら起きなくなる。

 

私たちから言わせれば、

風邪ひいて熱出たくらいで

 会社休んでんじゃねーよ(笑)』だな。

 

 

私たちにとって、その程度の体調の悪さは

24時間365日のことだから、

それくらいで

『具合悪い。。。』と休んでいる人を見ると、

 

『お前ら、私たちに普段何言った言葉忘れたんか!???

 あの言葉、

 今のお前にそっくりそのまま返してやるわ!』

と心の中で思いながら、

 

『体調悪くなると辛いよね。

 今はゆっくり寝てるしかないよね』

と心配そうな顔をして言う。

 

『さっすが、優しい!

 こういう時、

 こういう風に優しくしてくれるのは

 あなただけだよ(泣)』と

言ってる人がいるけれど、

ごめん。

心の中では悪態ついてるんやで。

 

 

 

 

 

それにしても、なぜ体力つけ程度に

スイミングとか空手とかやるのダメなんだろう???

 

意外と、そういうのを求めている

病人や障がい者って多いんだけどな。

 

そういう人たちが気軽に通えたら、

もっと生徒が増えて、

さらにその教室の収入も増えるのに。

 

 

教える教室や道場は

精神論だとか

『やるなら基本からたたき込め!』

的な指導をするけれど、

我々はその道の選手になる気はないし、

大会に出たり、

オリンピック選手を目指しているわけでもないんだけど。

 

ただ、体力をつけたいんだよね。

 

教室の1/3を使って、

そういう体力づくりのためだけの人たちに教えたら、

教室の収入は意外と増えるかもしれないのに、

なんで、『体力作りが目的』の生徒を

嫌がるんだろう?

 

あ、、、

人に求めるより、

私がそういうのをやればいいんか!

 

 

そういうのをやりたいけど、

私はそういう特技がないから、

空手など有識者で数時間だけでも働きたい人に頼んで、

 

経営は私、

実際教える先生は有識者

生徒は友人の子供のような

『体力づくり目的の人』とすればいいのか。

 

私自身もここ数年、

がっつり体力が落ち、

筋肉も落ち、

家の中で物につまずいては転んで

怪我をしていて、

老人のような状態になっているから(笑)

 

もっと体調が回復して体力が少しついたら、

私自身のためにも、

こういうのを作るのは良いかもしれないな♪