異星人と交信した結果、撃沈。。。。。。。。。。。。。。。。。。

※登場するクズ太郎は  『元カレ』ではありません。  ただのキチガイストーカー妄想虚言変出者です。

田舎の優秀と、都会の優秀は、ここまで違うものなのかと改めて思ったこと。。。

 

あの会社にいて不思議だったのが、

たいしたことがなくても、『優秀になれる』ということだ。

そして、『先生』と呼ばれたり、

理解不能の世界だった。

 

私はそういうのが嫌でついていけず

ひたすら名字で呼び続けた。

 

ただ、その態度が、

『上から目線でむかつく』につながったのだろうけど。

 

どこか、見下した発言があったのかもしれない。

でも、(このくらいは優秀じゃない)と思うのは

仕方がないだろう。

 

久々に、ある業界でトップクラスの人に会った。

話していて、田舎の優秀とのあまりの格の違いに驚いた。

 

私がなぜあの会社やクズ男の前で

『優秀』等と素直に思えなかったのか、

この人たちを見せたら理解してもらえるのか???

 

 

 

 

 

 

こんなすごい人、それも何人も知ってしまうと、

ちょっと出来るくらいの人では満足しなくなる。

 

嘘も方便と言うからと思い、無理やり

『○○さんは優秀ですね。』と言うけれど、

その(無理やり感)が満載なんだろう。

それはそれで、『思ってないくせに』と言われる。

 

 

はい、思ってませんよ。

この程度は普通ですからね。

でも、言わないとまずいじゃないですか。

それに、こんな田舎で高望みしても仕方がないですからね。

 

この辺の中では優秀ですね。って感じでも

頑張って言った私を少しは評価してくれよと思ってしまう。

 

 

 それにしても、私もなんであそこまで

見る目線を下げようと必死になっていたんだろう???