異星人と交信した結果、撃沈。。。。。。。。。。。。。。。。。。

※登場するクズ太郎は  『元カレ』ではありません。  ただのキチガイストーカー妄想虚言変出者です。

『ロープの写真を送った』というのを見て、クズ太郎みたいで気持ちが悪いと思ったこと。。。

 

クズ太郎にピアノを頼んだ時、

少々アレンジをしたもので弾いてほしかったため、

 

『今度、○○に来てください。

 その時、楽譜を渡します』

と何度も言ったけど、

『行けない』と断られた。

 

 

 

 

 

後日楽譜を渡そうと思っていたところ、

『(楽曲のタイトル)の楽譜を買いました。

 これで、いいんだよね?』と

楽譜の写真を添付したメールがきた。

 

 

内心、腹が立った。

こっちが用意している楽譜を受け取ろうとせず、

勝手に買うとかなぜ???

 

これは仕事で遊びで頼んでいるわけではない。

仕事を引き受けた以上、

こちらの要求通りにしてほしいと思うけど、

報酬を受け取らないとクズ太郎が言っていたため、

お金も渡していないのに、

要求だけするのも問題かと思い、

怒るのを我慢した。

 

『その楽譜代払うので、

 いくらか教えてください』

とメールしたけれど、

『いらない』と言われた。

 

 

この時も、

(この人、やりにくい。

 なんかイラっとする。

 頼む人間違えた)と思った。

 

でも、楽譜まで用意している以上、

『やっぱりやらなくていいです』

とも言いづらいし、

クズ太郎の誘いを断ると、

嫌がらせをされる。

 

この時、すでに嫌がらせを受けていたため、

これ以上機嫌を損ねれば、

何をされるか分からないと思い、

我慢した。

 

 

 

 

 

 

それに、弁護士を目指して勉強中の人が

あからさまに態度が悪いのは、

何かあってもどうにかしてくれる

強力な後ろ盾になる人がいるからではないのかと思うと、

下手なことが出来なかった。

 

そころが、クズ太郎にそんな人はいなかった。

ただたんに、脳がそうさせるだけのぶっ壊れ妖怪だった。

 

 

後日、

『あなたはやることが遅いよね。

 ちゃんとしないとダメですよ』

とバカクズ太郎に言われたけれど、

お前ごときに言われる筋合いはない。

 (結局、ピアノの音源を作らなかったのだし、

 長期浪人をしているクズに言われる筋合いはない!!!)

 

楽譜は用意してあった。

あの会にお前が参加すれば良かっただけのこと。

 

それを、『俺のことデートに誘ってる』と勘違いして

来なかっただけだろ?

 

そして、勝手に使い物にならない楽譜を買ったのはお前。

そして、結局ピアノの音源作らなかったのはお前。

 

『やることが遅い』?

それはお前だろ?

 

 

クズ太郎は、いつも最初だけ。

物をそろえることは出来ても、

その後は何もない。

 

物をそろえただけで褒められてきたし、

やってる感が出ていたのだろう。

 

物をそろえたことさえ見せればどうにかなると思ってるところも

白石容疑者と同じか。

こわっ。。。。。