異星人と交信した結果、撃沈。。。。。。。。。。。。。。。。。。

※登場するクズ太郎は  『元カレ』ではありません。  ただのキチガイストーカー妄想虚言変出者です。

感情的な人も疲れるけど、感情を持たない人も疲れると思ったこと。。。

 

 

 

 

 

 

いつも感情的で自分が感じたままに動く人も疲れるけれど、

『感情って何?俺、感情に動かされる人嫌い』と言い、

人の感情というのを理解しようとしない妖怪といるのも疲れる。

 

要は、何事も度が過ぎるとダメってことだ。

中間がいい、グレーゾーンを持っている人間が良い。

 

 

クズ太郎のように、喜怒哀楽の中でが強く、

常に怒りの感情のままに動いている妖怪は

ほんとに疲れる。

 

『クズ太郎は感情的だよ』と言っても、

『どこが!?そんなこと言うの、あなただけだよ!!!』と

クズ太郎が怒鳴る。

 

『ほら!すぐに怒って

 怒りの感情まかせに怒鳴る。

 

 怒鳴らない時も、

 冷静に話しているふりをしてるけど、

 その時、怒りを行動・仕草・目つきに出すでしょ。

 

 そういう人に気を遣わせる行動取る人

 私嫌いなんだよね』と私が言うと、

 

『え。。。嘘だよ。

 俺はちゃんと隠してる』

と言うゴミクズクズ太郎。

 

 

 

 

人の感情を理解出来ないクズ太郎との会話は

ほんとにめんどくさかった。

 

『あのね、人って○○すると▲って思うんだよ』と

クズ太郎に教えている時、

療育している気分だった。。。

 

 

何を言っても、

『自分の考え方とか色々改めるね』

と一切ならない。

 

何を言っても、

『俺は悪くない!

 あなたたちが悪い!』で済ませようとする。

 

 

怒鳴るか、

『俺は何も感じないから知らない』

とAIみたいなことを言う。

 

 

クズ太郎って存在自体が疲れる。

見ているだけで気分が悪くなる。

 

(一生懸命頑張っている人なのに、

 『あの人は障がい者で気持ちが悪い』等と

 嫌われて悪口を言われていて

 あからさまに皆に無視をされていて

 可哀想だな)と思い、

声をかけたことを心底後悔する。

 

 

あの日、あの時、あの場所で

きみに声をかけたりしなければ

私たちはいつまでも

見知らぬ2人のまま!!!!!!!