異星人と交信した結果、撃沈。。。。。。。。。。。。。。。。。。

※登場するクズ太郎は  『元カレ』ではありません。  ただのキチガイストーカー妄想虚言変出者です。

『自分より出来の良い人が好きな私』と、『自分より出来の悪い人が好きなクズ太郎』では合うわけがないと思ったこと。。。

 

『自分より出来の良い人が好きな私』、

『自分より出来の悪い人が好きなクズ太郎』。

 

こんな真逆の考えの人たちが、

まず合うわけがない。

思った通り、

私とクズ太郎の仲は、最低最悪だった。

 

 

私はクズ太郎が物を知らず何も出来ない妖怪と知ると、

クズ太郎と関わっても意味はないと思ってしまうし、

 

上司Pが、

『この会社の人たちがバカみたいに見えるんだろう』と

私に言った理由は分かる。

 

(馬鹿ばかり)と思ったことはないけれど、

そう勘違いされる理由は、今は分かる。

私の態度や発言にそう思わせるようなものがあったのだろう。

 

 

 

 

 

私はあの会社の人を馬鹿にしているつもりはなかった。

 

『何も教えてもらえない』、

『何も見習いたいことがない』等と

不満に思う事は少しはあった。

 

いい歳をした大人がいじめとか悪口を言いまくるとか

あり得ないだろう。

 

東京の30代以上の大人は、

もっといかにも

『大人』という人が多かった。

 

(私もこうなりたい)と目標になる人が多かった。

だから、どこか冷めた態度をとってしまっていたんだと思う。

 

そうは言っても、

あのブラック企業にいる人で、

(この人のこういうところがすごい、

 私もこうなりたい)

と思うことももちろんあった。

 

嫌な感情は簡単に人に伝わるし、

誤解を与えることも多いが、 

こういう良い気持ちはなかなか人に伝わりにくい。

 

 

あの会社の人たちと話していて、

『え。。。

 そういうことを言ってるんじゃないのに。。。』

とか、

『なんで、そう思うんだろう。。。』

等と思い、

会話する度に不満を感じ苛立ちを感じるため、

常にストレスだった。

 

あの頃、何がそんなにストレスで、

何がそんなにイライラするのか理由が分からなかった。

 

今、通常の生活に戻り気がついたけれど、

友人知人、仕事関係者と話していると、

常に何か新しいことを知れたり、

何かについて話すとき、

意見の押し付け合いではなく、

『自分は○○と思う。で。。。』等とケンカすることもなく

話が進む。

 

 

ところが、あの会社の人やクズ太郎と話していると、

(あぁ、それはやったらダメなことだよ。

 直さないと)とか、

(それはとっくに皆が知ってること。

 今更知ってもな。。。)とか、

常に物足りない。話を聞いていて飽きる。

ついつい、ぼーっとしてしまう。

 

こういう態度は相手に失礼だと思い、

『○○さん、すごいですね』と言うけれど、

これが結局、上から目線の言い方に聞こえる。

なぜならば、一切気持ちがこもってないから(笑)

 

場を荒らさないために言ったことが、

逆に場を荒らすことになっている。。。

これは、馬鹿で配慮の足りなかった私が悪い。

 

 

 

ただね、つまらないんだよ。

そんなこととっくに知ってるよ。

新情報じゃないし。

 

 

 

クズ太郎に私の不満を話すと、

『俺はそんな対応されたことないよ。

 何それ???』と笑って馬鹿にしてきた。

 

クズ太郎は、

『自分より出来の悪い人が好きなタイプ』

だから、私の悩みを一切真剣に聞いてはくれない。

 

(こいつ、馬鹿にされてるんだ!

 よし!俺も馬鹿にしていじめよう♪)

と思うようで、

こういう話をする度に扱いがひどくなる。

 

 

『クズ太郎は、人の不幸話が好きだよね。

 もっと真剣に聞いて、

 きちんと対応してくれる人なのかと思ったら

 全然違った。

 

 結局、クズ太郎は第三者機関に訴えられた加害者たちと同じだよ。

 (俺すごい)とか言うから、

 自分で言うくらいだから何かあるのかと思ったけど、

 なんだ。。。この程度だったんだ。。。。

 

 その程度で、『俺すごい』とか自画自賛しないでよ。

 これって、立派に詐欺だよね』と言うと、

この時もクズ太郎は怒り狂い怒鳴り散らしていた。

 

『勝手に期待して

 (期待外れ)とか言わないでください!!!』

と言っていたけれど、

『期待して!信じて!好きになって!』

と強要していたのはクズ太郎だろ?

この人、ほんとに気持ちが悪い。。。。。。。。

 

 

『いずれにせよ、クズ太郎と話していて関わっていて

 何も学ぶことがないんだよ。

 

 こういうことをしたらまずいんだという悪いことは覚えるけど、

 良いことを知れない。

 私は結構考え方が偏ってるから、

 偏見持たず、色々な人の意見を聞きたいんだよ。

 

 でも、クズ太郎はいつも『○○しろ!』って強要してくる。

 差別とか偏見とか持ちたくなくて

 色々考えてるのに、クズ太郎といると、

 (差別って必要だよな)と

 今までと逆の考えを持ってしまう。

 

 それに、思わず悪態をついてしまうし。。。

 何が(良いように導いてあげます)だよ。

 悪いことしか教わってないよ』と私が言うと、

 

『それはあなたの性格が悪いからです!』

とクズ太郎が怒鳴る。

 

 

あぁ、やだ。。。。。。。。。

 

人に物を教える人や指導する人が

『それはあなたの性格が悪いからです!』

と言うようじゃ正しいことは教えれない。

 

悪いしつけ、

悪い教育をすれば人は簡単に悪くなる。

『お前は悪い人だ』と言われて良くなる人間は

ほとんどいない。

 

 

『お前は馬鹿だ』、

『お前は出来が悪い』と言われると、

その言葉が脳に残り、

 

『何をしても認めてもらえないんだ』と失望し、

一切努力をしなくなる。

 

褒め言葉だけをかけるのもダメだけど。

 

アメとムチをじょうずに使える人が

人をうまく育てることが出来る。

 

クズ太郎のような

『自分より出来の悪い人間が好きなタイプ』は、

人を潰すことしか出来ないけど。。。