異星人と交信した結果、撃沈。。。。。。。。。。。。。。。。。。

※登場するクズ太郎は  『元カレ』ではありません。  ただのキチガイストーカー妄想虚言変出者です。

まさにおっしゃる通りの発言!!!

 

 

 

テレビを観ていた時、

 

 『ほんとに偉い人、上の人というのは、

  とても腰が低いんです。

   こんな小娘の私にすら丁寧に対応してくれる。

 

  ところが、

  下の力も実力もない人間ほど傲慢で偉そうだ。』

と発言していた女性。

 

そう!その通り!

この意見には激しく同意!

 

ほんとにすごい人は、ほんとに腰が低い。

 

相手がとにかく頭を下げる。

私も立場のある方から、

そのような対応をされた時、

(いえいえ、そんなことされたら恐縮です)となり、

どこまで縮こまればいいのか困る。

 

『上の方にそんなことされたら困ります』

等と私が言っても、

『いやいや、私なんてまだまだ未熟者なんでね』

と相手が言う。

 

『そんな、○○さんが未熟者だなんて。。。

 私なんて、存在してないような者ですよ。

 ほんとにやめてください』

等とお互いに自虐し合う。

 

クズ太郎は、

『俺、自虐する人きらーい』と言っていたけれど、

ぜひ、そのセリフをあの方たちに言って頂きたい。

 

表面の態度でしか相手を判断できない

単純馬鹿クズ太郎は、

『そういう態度はダメですよ。

 いい歳の大人が何言ってるんですか(笑)』

等と馬鹿にして言いそうだ。

 

あの方たちだって人間だ。

クズ太郎のような傲慢なクズの態度には、

怒り心頭だろう。

裏から手を回して潰してくれないかな。。。

 

 

ほんとにすごい方たちは、

『●●先生』と呼ぶと嫌がる。

 

 

 

 

 

幼少期、

『あの方たちを先生と呼ぶのはだめよ。

 お休みの日に先生と呼ばれるのを嫌がる人もいるから、

 名前で呼びなさい』

としつけを受けた。

 

だから、ほんとにすごい人ほど、

『先生』と呼ぶのは失礼だったり

不快感を与えるのだと思っていた。

 

『先生』と呼ぶのは、場所を選ぶ。

人を選ぶ。

気をつけなければいけない。

 

 

ところが、

クズ太郎は司法長期浪人生の分際で

『先生』と周囲に呼ばせる。

 『先生』と呼ばれることをあんなに喜ぶ人間がいることを

初めて知った。

 

本人は、一目置かれているから、

俺が優秀だからと言っているけど、

周囲には、なぜクズ太郎を『先生』と呼ぶ必要があるのか

疑問に感じている人ばかりだった。

 

『なんでクズ太郎を先生と呼ばないといけないんですか?』、

『なんであの人は先生と呼ばれているんですか?』、

『あの人は何の先生なんですか?』、

『先生と呼んだ時(はい)と言う時の顔が気持ちが悪い。』、

『この前名字で呼んだら、

 (先生でいいですよ)って言われた。

 先生と呼ぶことを強要されて気分が悪い。』

等と言っていた。

 

 皆、

『いい歳のおっさんの弁護士ごっこに

 付き合わされて腹が立つ』と思っているのに、

それなのに、『俺は一目置かれてるから』か。

。。。哀れ。