異星人と交信した結果、撃沈。。。。。。。。。。。。。。。。。。

※登場するクズ太郎は  『元カレ』ではありません。  ただのキチガイストーカー妄想虚言変出者です。

ヤンキーにからまれたクズ太郎。ただ青ざめ、恐怖におののいた顔をし固まり少しも動かなかった。 私のことは散々怒鳴るくせに強い男にはどうしようもなく弱いクズ太郎。情けなさすぎる。。。

 

買い物の帰り道のこと。

 

そのお店の駐車場を出ようとすると、

珍しく車が多い。

 

車の列が途切れるのを待っていると、

反対車線に、

駐車場に入ろうとする1台の車が入ってきた。

 

すると、その車がなかなか進まない。

 

私は助手席に座っていたため、

ぼーっとしていたのだが、

なんだか様子がおかしい。

 

異変を感じ、反対車線にいる車を見ると、

その車を運転しているヤンキー風の男性が、

こちらに、何か言いながら手を振っている。

(この時は、相手の男性はまだ穏やかだった。)

 

 

相手も車に乗っていて、

こちらも車に乗っている。

お互いの車の窓は閉まっている状態のため、

相手の声は聞こえない。

 

ただ、その手振りで、

こちらの車が邪魔で、

相手側が車を動かせない状態になっていることは分かった。

 

クズ太郎が、自分の車をバックすれば済むだけの話だ。

少し、車を後ろに下げればいいのにと思いクズ太郎を見ると、

クズ太郎は、前を見てぼーっとしている。

 

ん?なんでぼーっとしてるんだ?

相手がよけてくれってジェスチャーしてるのが見えてないのかな?

別に後ろに車がいるわけじゃないし、

すぐに車をよけれる状態なのに、

クズ太郎は何をしてるんだろう?と思い、

 

(この車、邪魔になってるみたいだよ。

 少し、後ろに下がってよけてあげれば?)

と言おうとしたとき、

クズ太郎が、青ざめて引きつった顔をする。

 

 

どうしたんだろう?と思い、

再度対向車を見ると、

 

。。。。。。

 

なんと、ヤンキー風の男性が怒りを爆発させ、

激しく怒っている。

 

 

 

 

 

そして、怒りに満ちた顔で大口をあけ、

『どけって言ってんだろ!?くそがーーー!!!!

 あぁ、どけろや、こらーーーーーー!!

 あぁっ!?こらーーーーー!!!!!』

等と怒鳴っている。

 

相変わらず車の窓は閉めているため、

実際の声は聞こえない。

ただ、先ほどと違い、

男性が大口をあけて怒鳴っていたため、

読唇術で相手の言っていることは十分読み取れた。

 

あぁ、ヤンキー怒らせちゃったよ。。。

 

ここまで怒らせたら、

さすがに、車をバックさせてよけるよねと思い、

相手の男性を見ていると、

彼はどんどん怒り、

今にも飛びかからんばかりに運転席で暴れ出す。

 

『こら!よけろって言ってんだろ!???

 わかんねーのか!?こらーーーー!!!!』

と怒鳴り続ける。

下手をすれば、

車を降りてこちらに来てもおかしくないような状態。

(これ、殴られるかな。。。

 今回は、結構ヤバいかもしれない。)

 

 

そのヤンキー風の男性に謝ろうにも、

お互いに車に乗っているため謝ることも出来ないし、

 車内から

(ごめんなさい、今どけますね!ちょっと待ってください。)

と私が言ったところで、

クズ太郎が車を動かす気がないのなら

そんな謝罪は無駄だ。

 

そもそも、今相手の男性が求めているのは、

謝罪ではなく、クズ太郎が車をバックさせ、

相手の車が駐車場に入れるようにすることだ。

 

相手の車が駐車場に入りきれていないせいで、

その車は少し道路にはみ出ていて、

その道を走っている車は、その車をよけるため

少し対向車線にはみ出ながら動いている。

 

そのせいで、

本来、クズ太郎の出たいと思っている道まで

少し混雑した形になり、

クズ太郎のせいでプチ渋滞が起こっていた。

 

そのプチ渋滞の原因は、

クズ太郎のダサい廃車寸前のボロ車。

プチ渋滞解消方法は、

クズ太郎が自分の車をバックさせること。

 

そんな簡単なことすら、

バカなクズ太郎は思いつかないようだし、

それどころか、クズ太郎のせいで、

プチ渋滞が起きていることも認識出来ていないようだ。

 

相手は怒鳴るのをやめないどころか、

どんどん怒りを増していくし、

このままでは、道を走っている他の車にも迷惑がかかる。

 

早く車をバックさせた方がいいよと言おうと思い、

クズ太郎を見ると。。。

 

 

。。。。。。。。。????

 

なにしてるんだ!?こいつ。。。。。

 

クズ太郎は、青ざめた顔をして恐怖におののき、

これ以上は、身を縮めることは出来ませんよという

ギリギリのところまで身を縮め、

ハンドルにしがみつくようにして体を固定させている。

 

そして、車の列が途切れるのを確認するためか、

顔や首を全く動かさず、

目だけぎょろぎょろ動かしながら、

自分の車を出すタイミングを見計らっている。

 

おいおいおい、何してんだよ!?

 

お前、

『俺は誰のことも怖くない。なぜならば、俺が1番強いから』、

『皆、役員のことを怖いって言うけど、どこが怖いの?

 俺は、あの人、全然怖くないよ。

 あの人も、俺には頭下げるからね(笑)』

と言ってたよね。。。?

 

 

 

 

 

 

あのブラック企業の従業員は、

ヤンキー風の人が多い。

その役員もヤンキー風の方で、

本社からあの田舎の拠点に来ると、

『おぅ!元気か!???』等と言いながら、

男性社員のパソコンのディスプレイをばーんと叩き倒したり、

男性社員が座っている椅子を『おぅ!』と言いながら

蹴り飛ばしたり。。。。

 

とにかく、対応が荒っぽい。

 

ほんとにヤンキーだったのか知らないし、

私はそういう人たちは、

映画やドラマでしか見たことがないため、

実物は見たことがない。

 

だから、あの会社の人たちが元ヤンキーなのかどうか分からない。

ただ、挨拶の仕方や話し方が、

ちょっと普通ではないかなとは思う。

 

そのヤンキー風の人たちを、

『俺は怖くない。俺はあの人たちも普通に対応できるし、

 むしろ、向こうが俺を怖がって頭を下げてくる。』

とクズ太郎はドヤ顔で得意げに言っていたのだ。

 

それなのに、今、私の目の前にいるのは、

ヤンキー風の男性に、

『てめぇ!こらーーー!』と怒鳴られ、

それに対して、青ざめ恐怖の表情をし、

相手の視線から逃げるように身を縮め、

逃げるゴミクズクズ太郎。

 

 

普段のあの威勢はどこに言ったんですかーーー?

私のことを、怒鳴る時みたいに、

『今、動くから待ってろ!!こらーーー!!』

って怒鳴り返せばいいだろ?

 

それより、

『俺のこと誰だと思ってんだよ!?

 俺、先生って呼ばれてるんだぞ!

 俺、一目置かれてるんだぞ!???

 

 誰に向かってそんな口きいてんだよ!???』

って、そのヤンキー風の男性に言えばいいだろ。

 

ほんとにクズ太郎がすごいなら、

『あれ?クズ太郎先生じゃないですか!?

 すみません。失礼しました。』

とその男性はなるだろ?

 

ほら、言え、ばーかと思い、

相手の男性を見ると、

 

おおぉぉぉぉ。。。

見た目が若そうな男性だから、体力もあるのだろう。

まだ、怒鳴っている。

怒鳴り続けてだいぶ体力を消耗しているはずなのに。。。

よく、体力が続くもんだ。

 

 

そして、その車の助手席に乗っていた女性が、

『もう、やめなよ!』と言いながら、

その男性の体を押さえつけようと必死になっている。

 

あぁ、血気盛んな男といると、

お互いに苦労しますね。。。

とその女性を見ながら思ったが、

だが、今、この状況を悪化させたのは

そのヤンキー風の男性ではなく、クズ太郎だ。

 

相手が静かに頼んでいるときに、

車をバックさせておけば

彼があそこまで怒ることはなかったのだ。

 

なーにが、

『俺は誰よりも問題解決能力が高い。』だよ。

 

クズ太郎のいるところに、問題あり。

クズ太郎は、ただのトラブルメーカー。

 

後ろを見ると、特にクズ太郎の車の後ろに車はいない。

バックしようと思えば、全然できる。

クズ太郎が、なぜかたくなに車を動かそうとしないのか

理由が分からない。

 

(車を動かせば?)と言うことも出来たけれど、

こういう場合、クズ太郎がどういう対応をするのか

とても興味がわいた。

 

普段、人に対して傲慢な態度を取る人間。

自分よりあきらかに強いと分かる人間に絡まれた時、

どう動くのかな。。。

 

そう思い、

ヤンキー風の男性とクズ太郎の行動を傍観することにした。

 

ヤンキー風の男性は、怒鳴り続ける。

クズ太郎は、青ざめた顔をしておびえて身を縮め

ハンドルにしがみつき、隠れるように逃げている。

顔は相変わらず動かさず、目だけぎょろぎょろ動く。

 

この時のクズ太郎は、もう『人間』ではなく、

ほんとに『妖怪』のようだった。

 

 クズ太郎は、骨と皮だけのガリガリ人間。

胸板が薄いため、横から見ると異常に細く見える。

身を縮めると、ほんとに小さく見える。

そして、その小さな体の上に巨大な頭がボコッとついている。

見ていると、ほんとに不気味な生物に見え、

変な感覚に襲われる。

 

ヤンキー風の男性が乗っている車は、今風の車で

大き目の車で車高も高い。

クズ太郎の車は、いつの時代の車だよというような

クズ太郎らしいだっさい車。

車高は低く、相手側から見下ろされる形になる。

だから、縮こまって逃げているクズ太郎は、

相手の男性からは丸見えなのだ。

 

 

相手の男性から見れば、

車はよけないし、

恐怖でこわばった顔をして縮こまって逃げているし、

とにかく、イライラするだろう。

 

相手は、運転席で、

『こらーー!!』と怒鳴りながら、

体を前後に動かしているが、

そうしたくなる気持ちも分かる。

 

この時、

相手の男性が『どけてくれ』と冷静に頼んだ時、

さっさと車をよけていれば何事もなく済んだ話なのに。

 

相手の要求を無視し、

その結果相手を怒らせ問題を大きくし、

怒鳴られ怖がって逃げるという情けない状態になっている。

 

クズ太郎は、ほんとに頭が悪い。

 

どうせ、この時のことも覚えてないのだろう。

クズ太郎は、

『これまでトラブルは1度もない』

と言っていたけど、

ただ、記憶力が悪いだけ。

 

 

 

クズ太郎、

あんな情けない姿を見た私が、

クズ太郎のことを『男らしい』と思ったり、

『かっこいい』、『素敵』、『好き』等と

思うわけないだろ??

 

お前ほどの情けないゴミは

初めて見たよ。