『直接謝罪を受けた時に、すごく心苦しいというか、すごい可哀想というふうに感じました』か。。。

 

 

悪質タックルを受けた被害者が、

加害者から直接謝罪を受けた時、

 

『直接謝罪を受けた時に、

 すごく心苦しいというか、

 すごい可哀想というふうに感じました』と言っていた。

 

 

今回の件は、

加害者もある意味被害者だし、

あそこまで精神的に追い込まれてるとね。。。

 

 

しかも、加害者は

自分がしたことを悔いて、

試合後大泣きしていたとか、

あの謝罪会見での潔さとか、

誠実さとか見ていると、

確かに『かわいそう』と同情してしまう。

 

 

クズ太郎も、

あの悪質タックルの加害者のように

自分の罪を認めて悔いて反省して

心から謝罪をしてくれて、

その後も誠実に

誠心誠意真心こもった対応をしてくれていれば、

私も許したかもしれないけれど、

クズ太郎は、

それが全くなかった。

 

それどころか、

 

『許さないあなたが悪い!

 俺だって、受験のストレスで大変なんだよ!

 

 俺は全ての人に好かれていて

 俺のすることは全ての人を良くしてきた!

 

 それに、今だって、

 ピアノの先生のオルゴールを直したり、

 ピアノの先生のipadの初期設定をしたり、

 友だちに頼まれて、クリスマス講演でピアノ弾くし

 人に尽くしてるよ!

 俺、役に立ってるんだよ!

 

 それなのに、

 人の役に立ってる俺をいつまでも責めるあなたは何!???

 

 俺だよ!

 誰に向かって口きいてるのか分かってるの!???

 

 俺のすることは全ての人が認めるんだよ!

 俺以外の人間は、

 俺の言うことを聞く奴隷なんだよ!

 

 奴隷の分際でいつまでもうるさい!!!』と

クズ太郎が怒鳴ってきた。

 

私はクズ太郎の奴隷ではないし、

私以外の人も、

けっして、クズ太郎の奴隷ではない。

 

 

 

 

 

あぁ、、、、、、、、、

腹立つ。

この恨みつらみ殺意、

一生消えないだろうな。

 

 

『私にしたことは私にしたことで反省すべきで、

 私にしたことへの償いは

 私にするべきでしょ!???

 

 ピアノの先生や友達に何かしたって聞いて、

 (そうなの!

  偉いね!!!

  じゃあ許します)って私が言うとでも思ったの!??』と

私が言ったところ、

 

『は??

 そうでしょ?

 

 俺は褒められるべきで、

 責められる覚えはないよ!

 だって、人のことを良くしてるんだから、

 その話を聞いて、あなたは俺を許すべきだ!

 

 それに、今までこれで皆、許してくれたよ!

 あなただけだよ!

 許してくれない人!!!!』と

クズ太郎が怒鳴っていたけれど、

 

これを聞いて、

 

『そっか、偉いね。

 他の人に尽くしてるのなら、

 じゃあ、私にした悪いことは許しましょう』と

言える人ってほんとにいるのですか?????

 

 

私の心が狭いのですか?

普通の人は、

自分が傷つけられたとき、

 

『俺の友人知人に色々してるし、

 その人たちから感謝されてるから許してね』と言われたら

許せるのですか????

 

 

私は意味が分からない。

 

償いは、

あくまでも、自分が傷つけた人にすることであって、

その他の人にしても

意味ないと思うんだけど、

普通はこれで許すのですか??????

 

 

どっちが正しくて、

どっちが間違えているのか分からないけど、

 

クズ太郎と私の常識って

全く違うから、

やっぱり、関わるべきではなかったな。。。