異星人と交信した結果、撃沈。。。。。。。。。。。。。。。。。。

※登場するクズ太郎は  『元カレ』ではありません。  ただのキチガイストーカー妄想虚言変出者です。

人に好かれたい、大切にされたいと思うのなら、嫌な言葉は言うべきではないと思ったこと。。。

 

 

同期のおばさんを嫌いになったきっかけは、

同期のおばさんに面と向かって言われた数々の嫌味。

 

クズ太郎を嫌いになったのも、

嫌なことを言われたから。

 

上司Pを嫌いになったのも

嫌なことを言われて怒鳴られたから。

ヒステリックババアを嫌いになったのも、怒鳴るから。

 

新人Aさんが嫌いなのも礼儀がないうえに

嫌なことを言ってくるから。

いじめババアを嫌いになったのも、いじめてくるから。

 

 

 

 

 

基本的に、私は他人に関心がない。

だから、嫌いとか好きとかあまり思わない。

 

20代の頃に付き合った人も、

相手が

『好きだ!どうしても付き合ってほしい』と

しつこかったから。

恋愛に興味はなかった。

見た目がいいから良いから

『まぁ、かっこいいからいいか』で付き合っただけ。

 

 

相手が私を嫌えば、私も嫌うし、

相手が私を好きになれば、私も好きになる。

まるで鏡のような行動をする自分に、

たまに違和感を覚える。

 

 

 

私が人を変とか嫌いと思うように、

人も私を嫌ったり変だと思うだろうと思うから、

『嫌うのはダメ』と思わない。

『悪口を言うのはダメ』と思わない。

 

ただ、面と向かって嫌なことを言うな、

いじめるな、嫌なら関わるなと思うだけ。

 

 私は、好きな人とすらあまり会話をしないこともある。

嫌いな人との会話は苦痛。

(どうせ、この会話、あとで悪口のネタにされるんだ)

と思うと、

(なぜ、悪口のネタ提供のために愛想を振りまかないといけないんだ?)

と思う。

 

私を嫌いな人とは関わりたくない。

私が面倒と思う人とは関わりたくない。

関わらないことが、なぜ罪なんだ?

なぜ悪いんだ?

いじめてないし、

相手の存在を否定しているわけでもない。

見ていると逆に悪口を言いたくなる。

 

『お前のその汚い顔見たくないんだよ』とか、

『お前、キモいんだよ』とか言いたくなる。

 

田舎の人たちが面と向かって悪口を言うのは、

とにかく、

『人を無視するのがダメだ』と言われているから。

 

どんどんストレスがたまるから、

『それキモイ』等と平気で本人に言う。

 

『そんなことを言うくらいなら、

 関わるのをやめれば?』と言うと、

『関わるのやめたら、田舎では生きていけないの』と言う。

めんどくさい。

田舎、めんどくさい。

田舎者めんどくさい。

キモい、臭い、うんこ。。。。。

 

 

 

人に好かれている人付き合いの上手い人たちは、

本人に面と向かって嫌なことを言わない。

いじめない。悪口を言わない。

悪口を言う時は、

絶対にこの人なら情報を漏らさないと

信用出来る人とだけ悪口を言い合う。

 

 

 

 

 

誰でも人は自分を否定されるのが嫌いだ。

嫌われるのは嫌だ。

出来れば、認められたいし褒められたいし好かれたい。

 

子供の頃、私が『普通の人にならないと』と必死だったのも、

周囲から外れないため。

でも、出来ないものは出来ない。

 

そのうち、私は私だ。

変な私も私。

嫌われる私も私。

悪い部分も私。

 

そう思っていくうちに、

嫌われることも悪口を言われるのも、

どうでもよくなった。

嫌われてるからって死ぬわけじゃない。

自分の居場所がなくなるわけじゃない。

 

人と関わって、

つまらないくだらない時間を過ごすくらいなら、

自分のやりたいことに時間をかけた方が良い。

 

学生時代、人から好かれている人などは

なぜか大人になって大成していない人が多い。

逆に、学生時代嫌われていて一人の時間が多い人は

大人になると何かしている。

 

今のIT時代、PCばかりしていた人の方が

年収が良かったり、何かすごいことをしていたりする。

人間の相手をしているより、PCを触っている方が

何かしらの情報を得やすいのだろう。

 

学生時代、嫌われていじめられて1人だからって気にすることはない。

人間は稼いでお金さえあれば生きていける。

介護も何もかもお金さえあればどうにかなる。

後は、クレーマーにならず、大人しく人あたりの良い人間を

演じていれば、どうにかなる。

 

お金ない、性格に癖ある、人のことを怒鳴る、

能力ない、クズ太郎みたいなタイプは、

今後、ただただ邪魔になる。

 

 

 

そうは言っても、嫌がらせはやめてほしい。

それだけ。

 

嫌がらせしてくる人って、だいたいブス。

自分は容姿が良いと勘違いしているブスが多い。

ブスがブスをいじめる構図。

はたから見ていて滑稽だろう。

それに、嫌なことをしている人は顔がどんどん汚くなる。

顔って怖い。

意地悪顔ってある。

採用面接している時に気がついた。

(この人って、いじめっ子だな)

と思う顔、話し方、言葉遣いがある。

面接の時だけ取り繕おうとしても無駄。

人の悪い癖ってなかなか抜けない。

 

 

嫌がらせをされると、

『こいつ、ぶっ潰してやる!』と

えげつない何かが心に宿る。

でも、それを実行すると途中で疲れる。

 

何かが違うと思う。

 

 

クズ太郎と関わっていた時も、

潰しにかかっても無駄。

何をしても

『俺は何をしても許される!皆が俺を好きだ!』と

謎の世界にクズ太郎は引きこもってしまう。

 

こういう引きこもり王子と関わった時、

何を言ってもやっても無駄な人がいるんだと理解した。

 

 

そして、人とうまく関わりたいのなら、

嫌なことは言うべきではない。

攻撃されたらとっとと退散する。

泣き寝入りせず、警察でも弁護士でも

その時に対応してくれる何かを使ってとっとと対処する。

そう思った。

 

クズ太郎や同期の豚に優しくしたのは間違えていた。

そして、クズ太郎がこれまで嫌われていたことも分かった。

 

人は自分が言われたことしか言えないから、

相当嫌なことを言われ続けたのだろう。

 

『俺、そういうこと言われる人、きらーい』

と言われたのは

クズ太郎が初めて。

 

きっと、クズ太郎はそういう風に言われてきたのだろう。

 

『いじめられる人にはいじめられる人に問題があるから

 いじめて良いんだよ』これも初めて聞いた。

きっと、そう言われて、

クズ太郎は、誰にも助けてもらえず

ずっといじめ続けられたんだろう。可哀想に。