『ダサい男からのプレゼントほど、興ざめするものはないよね』。。。

 

自分のことすらきちんと整えられないクズ男。

さらに、人が求めていることをきちんと理解できないクズ男。

そして、さらに、お金のないクズ男。

 

こんなクズがくれる物が

良いものなわけがない。

 

 

『過去に、もらって処分に困ったことが多々あるんだ。

 自分が好きじゃない物はもらっても嬉しくないから

 ほしくないんだよね』とクズ男に言った。

 

すると、

『あなたの好みは分からないから

 何もあげない』とクズ男が言う。

 

 

良かった!

クズ男からもらうなんて、

ただのゴミにしかならないから、

ホントにもらいたくないから一安心。

 

と思っていたら、

ある日、クズ男が、『はいこれ。』と渡してきた。

 

 

何かと思ったら、

iphoneで使うタッチペン

 

先端が丸くて太い。

細かな作業には全く持って不向きの

機能性がとんでもなく悪いペン。

 

 

『開けてみて』と言われ、

『後で』と言った。

 

見る前から、嫌な予感しかしなかった。

『嬉しい』と喜べる可能性、0.2%。

 

ところが、『開けて』とクズ男がしつこい。

 

恐る恐る開けてみると、

やはり、私が絶対に好まない最悪の物。

 

(なにこれ。。。)と冷めてしまい、

(この人、ホントにセンスゼロ。

 あほすぎる。。。)とあきれてしまい無言。

 

 

『これ、要らなかった?』とクズ男が言ってくる。

見ると、不安げなクズ男の気持ち悪い顔があった。

 

 

気持ち悪い。。。

なんで、嫌な物渡しておいて、

こんな顔するんだよ。。。

 

『あぁ、、、』となんと言っていいのか困っていると、

『もし、嫌だったら捨ててくれていいよ』と

クズ男が言う。

 

(うん、絶対に捨てる)と思い、

実際、家に帰ってから捨てた。

 

 

でも、その時は、

『嫌じゃないよ。

 こういうペン、普段使わないから、

 使いこなせるかなって思っただけ』と私は言った。

 

そして、

『ありがとう。大切に使うね』と

笑顔で心に全くないことを言う。

 

すると、

『これ消耗品だから、ダメになったら捨ててね』と

またクズ男が言う。

 

うん、そんなにしつこく言わなくても大丈夫。

即捨てるから。

 

 

スマホ用のペンは使ったことはある。

細かい作業に使いやすいペン先の細いペンを使っていた。

だから、こんな先端がボールみたいな

太いペンは初めて見た。

 

先端が細いペンはそれなりの値段がした。

貧乏なクズ男には買えかったんだろう。

500円くらいで買ったと言っていたからな。。。

貧乏人のプレゼントおそるべし。

お金ないんだから、それこそ無理せず、

何もくれなくていいのに。

お互い嫌な思いしかしないんだしさ。

 

『この人は、どこまでセンスが悪いんだろう。

 人が求めていることを理解できないなんて最悪だよ』と

ホントに嫌になった。

 

 

 

 

 

プレゼントって、

その人の考えていること、

センスなど色々分かる。

 

私がクズ男に服をあげたのも、

(私に恥をかかせないで!

 そんな汚い服着てくんな!!!!)という気持ちだけ。

クズ男のことなんて一切考えていない。

 

私が恥をかきたくない。

こんなセンスの悪いダサい男を好きなゴミ女と思われたくないと

自己保身のために服を渡しただけ。

 

 それを、

『このバカ女、俺にべた惚れだから

 色々くれるんだよね~』と浮かれていたけれど、

違うよ、物乞い乞食のお前にボランティアで提供してあげてただけだよ。

なんでも良いように受け取るの、

いい加減にやめてよ、キモイ。。。