異星人と交信した結果、撃沈。。。。。。。。。。。。。。。。。。

※登場するクズ太郎は  『元カレ』ではありません。  ただのキチガイストーカー妄想虚言変出者です。

『あのブラック企業には、豊田議員と同じことをしている人が複数いるのに問題にならないんだよな』と思ったこと。。。

 

あのブラック企業には、

クズ太郎、ヒステリックババア、上司P、

他にも数人、豊田議員に負けないくらい

面と向かって人を侮辱し、

怒鳴り散らす人がいる。

 

 

あの会社に私が入社しすぐに知ったことだったけど、

数人をいじめたということで

すでに、数人が第三者機関に訴えられていた。

結果、なぜか被害者が辞め、

加害者が残るという異常事態。

 

その時の被害者が辞めると、

その加害者のターゲットは、

私や同期のおばさんたちに移る。

私がP部署に異動した後も、

T部署でずっといじめはなくならなかったらしい。

 

次々と人が辞め新人が入ってくる。

離職率が高い人の回転の早い会社は

人間関係に問題がある場合が多いため、

そういう会社は避けた方がいい。

 

 

嫌になり、

契約期間が終わったら辞めようと思っていたところ、

『こんなひどいいじめがあるのはT部署だけだよ。

 P部署はこんなことないよ。

 契約更新して、P部署においで。』

と社員Sさんに言われた。

 

とにかく嫌だったため、

何度も断ったけれど

毎日毎日しつこい。。。

その話をされるまで、

社員Sさんとほとんど話したことはなかったし、

年上の人だし、

『もうこの会社辞めたいんです。嫌なんです』と

やんわり言うしか出来ず、

『すみません。しつこすぎます。

 イヤだって言ってるの分かりませんか?』

と強くも言えない。

 

色々思うことはあったけれど、

悩んだ末、

 

あの会社に残ることにした。

 

 

 

 

 

けれど、P部署に異動後、

1週間もしないうちに後悔した。

 

いじめ、嫌がらせ、怒鳴る、

こういうことは嫌だ。

もうこのような嫌な思いはしたくないと社員Sさんに伝えていた。

 

それなのに、席はヒステリックババアの隣。

なぜか、指導するのはヒステリックババア。

このババア、教えるだけでも怒鳴りながら教える。

 

『だからーー!これを○○してー!!!!』等と

とにかく怒鳴る。うるさい。

 

数時間聞いているだけでも、頭がおかしくなる。

イライラしてくる。

これを毎日されてみろ。おかしくなる。

キチガイといると、正常な人間もおかしくなる。

腐った物のそばに正常な物を置けば、腐る。

人間も一緒。腐った人といればたちまち腐る。

 

 

『すみません、少し声小さくしてもらえますか?』、

『もう少し、落ち着いて話してもらえませんか?』と

何度か言ったけれど、

『あぁ!???なんだ!?お前!!!』

と怒鳴ってくる。

 

あのさ、私、怒鳴られるの嫌だって言ったよね?

なのに、なぜこのヒスババアの隣?

この席考えた人、誰だか知らないけど、頭おかしいのか?

と思った。

 

 こういう怒鳴る人は指導者にしたらダメなんだよ。

そういうことすら知っている人は、この会社にいないのか?

そもそも、このババア、

ただの威張りたがりのバイトじゃないか。

なぜ、社員が指導しない???

引き留めるだけ引き留めて、なんだ?この扱いは?

まるで、会社が解雇したいのに、

本人が必死にしがみついていて、

本人から(辞めたい)と言うに仕向けようとしているみたいじゃないか。

 

私は(辞めたい)って言ったぞ?

(この会社で働きたい)なんて、1度も言ってないぞ?

連日にわたり、しつこく(P部署に来てほしい)と言ったのは

そっちだよね?

『会社全体のことで考えると、辞められるより

 P部署に異動して残ってもらえた方がありがたい。』と

社員Sさんは言ってたよね?

 

会社のことばかりで、目の前の人1人の精神状態すら

思いやることは出来ないのか?ふざけた会社だよなと思った。

ま、所詮ブラック企業なんてこんなもの。

(ここはブラック企業だ)と気がついた時点で、

色々考え悩まず辞めた方がいいなと、あの会社にいて思った。

 

それにしても、なんだ?この雑な対応は?と不満だらけだった。

 こういうのが嫌だから、

会社辞めたいって言っただろ?

人の話聞いてないのかよと内心イライラしていた。

 

 

 

 

 

私がヒスババアに怒鳴られていても誰も助けない。

T部署の人に、

『あの人何なんですか?頭おかしいですよね?

 なんであんなに怒鳴られないといけないんですか?』

等と言っても、誰も相手にしないどころか、

 

『あの人はああいう人なの。

 でもね、7・8年前よりだいぶ落ち着いたよ。

 私たちの時の方がひどかったよね。

 あれくらいで嫌だって言わないでよ。

 

 それに、あの人お客様に対してもあの態度だから

 クレームもひどくて、何度も顧客対応禁止になってるの。

 それでも直らないんだよ。

  

 あの人、根本的におかしいの。

 誰かが何か言って直るなら、とっくに直ってるでしょ。

 ああいう人は、いくつになっても変わらない。

 相手を変えようとするよりね、

 自分が慣れればいいの。

 この人はこういう人なんだなって思えばいいの。』等と言っていた。

 

ダメだ。ここの人たちダメだ。。。。。。

 

 

今回の、豊田議員とあのブラック企業の人たちのこと、

少々かぶるところがあるから思うけれど、

やはり第三者からすると、

被害者側を完全に被害者として認識しない場合もある。

 

『秘書のミスもどうかと思う。

 豊田議員も問題だけど、秘書のミスもひどい。

 こんなことされたら誰でも怒る』と

秘書を非難する声も多い。

 

あのブラック企業も、

三者機関に被害を訴えた人が結局、

『仕事が出来ない。』、

『ミスが多い。』ということで、

結局、まともに相手にしてもらえなかった部分もあったようだ。

 

被害者の1人と少し話す機会があったけど、

そこまで周囲が責めるほど、

ダメな人だとは思わなかった。

 

その被害者だった人は、

やる気はある人だった。

だから、指導者が人を育てる能力が高ければ、

もっとまともになっていたと思う。

 

 

 

この豊田議員の秘書も、

きっと1人だけがこのような仕打ちを受けたなら、

『ミスをした秘書も悪い』

で片づけられていたかもしれない。

 

 

(数年間で100人以上が辞める事務所)、

(幼稚園の先生もやり込める人)等、

聞けば聞くだけ、色々ぼろが出てくる。

 

多数の証言が得られると、

(やっぱりこの議員おかしい)となり、

被害を訴えた秘書の話を肯定的に聞く人が増える。

 

 

それにしても、

悪いことをしている人に限って

『証拠は?』と言う。

それを言う前に、

『自分の脳』という身近な記憶媒体

その時のことがインプットされていると思うんだけど???と

いつも不思議だった。

 

まず、自分自身に問いかけてみて、それからだろ?

『証拠は?』と言うのはなんでと思っていたけれど、

クズ太郎のようなタイプは、

自分の脳にある記憶のせいで

罪悪感を覚えていたたまれなくなる等の感情は感じないのだろうか。