異星人と交信した結果、撃沈。。。。。。。。。。。。。。。。。。

※登場するクズ太郎は  『元カレ』ではありません。  ただのキチガイストーカー妄想虚言変出者です。

自分の能力を高めたいなら、質の良いライバルを作れ!

 

20代の頃、

『自分が出来るようになりたないなら、

 人を生かす能力の高い人と関わること。

 

 悪いところをあげつらう人、

 悪いところを指摘するばかりで、

 具体的な解決法を示さず、

 けなし馬鹿にし、見下し支配する人には関わるな。

 そして、自分がそんな人間にならないようにしなさい。

 

 それと、自分が出来るようになったら、

 出来のいい人間を作るために、後輩指導につとめなさい。』

等と言われたことがある。

 

『質のいい人間、出来る人間を育てる。』というのは、

自分の居場所を奪われたり、

バカな自分が目立つ気がして

嫌だと思う気持ちもあった。

 

『なぜ、将来的に自分を脅かす可能性のある人間を

 わざわざ自分で作らないといけなんですか?』

と聞いたところ、

 

『自分の居場所がなくなると危機感を感じたときにすることは何?

 一生懸命自分の能力を高めるために勉強したりするよね?

 そうすることで、自然と自分の能力が上がるんだよ。

 

 例えば、

 世間的に見て企業偏差値50台の会社でトップのAさん、

       企業偏差値60台の会社でトップのBさん、

       企業偏差値70台の会社でトップのCさん

 この3人がいたとする。

 

 皆、それぞれ勤め先の会社では『1番。』

 でも、世間という大きな枠組みで見た時、

 1番になれるのは、

 企業偏差値70台の会社でトップのCさんだけ。

 

 企業レベルの低い会社で、

 どんなに『俺(私)1番』となり、

 そうなるために、人をこき下ろし自分が1番になれても、

 それは、所詮勤め先の会社での1番という小さな話で終わる。

 

 そんなことをしているうちは、

 自分の能力を高める訓練をしていないから、

 転職するときに、どこも雇ってくれなくなる。

 

 企業偏差値70台で働くということは、

 少しでも気を抜けば、すぐに追い越され、

 自分の居場所は簡単になくなる。

 

 でも、企業偏差値50台で1番でいるためには、

 そんなに努力をしなくても1番でい続けることは可能だろう。

 

 社会に出て10年後、企業偏差値50台で働いている人と

 企業偏差値70台で働いている人では、全く出来が違う。

 

 あなたが、10年後・20年後、

 自分の能力を高めたいなら

 質の良いライバルを作るべき。

 

 それと、自分に何の仕事が合うのか、

 その適合確認をすることもできる。

 

 人間は、自分がこれがやりたいと思うと、

 努力次第で何とかなるとか、

 はかない夢や希望を持つけれど、

 実際は、無理な物は無理。

 諦めも肝心。

 時間の流れは止められない。

 転職するなら1年でも若い方がいい。

 

 でも、向き不向きは自分だけでは判断できない場合がある。

 他人と比べて分かることもある。

 

 それに、人に教える時、自分が理解している部分と

 理解していない部分を確認することが出来る。

 

 

 

 

 

 そして、分からない人に説明しようと考えると、

 より詳しい情報が必要になるため、

 どんどん勉強をするようになり、

 そのことに対する理解が深まる。

 

 そうなると、周囲からの信用も得られるし、

 教えるのがうまい人ということで、

 『教育する立場』という地位を確立することもできる。

 

 人を育てることは、自分の居場所を奪うなどの悪いことばかり

 考えてしまうと思うけれど、

 実は、自分にとって、とてもいいことなんだよ。

 

 だから、仕事ができる、能力が高い人を見た時、

 嫉妬心で潰そうとするのではなく、

 そういう人を、

 『自分はあの人以上の能力を身に着ける。』という

 目標設定する人として見るようにすればいい。

 

 そうすることで、心の健康も保てるし、

 人としても成長することが出来るんだ。』

等と教えてくれた人がいた。

 

その人に、クズ太郎とブラック企業の話をしたことがあった。

その時、

『話だけ聞いていると、その会社の企業偏差値は40台だね。

 そこで、『先生』と呼ばれようと一目置かれようと、

 企業偏差値40台でトップにいても、

 世間的には認められない。

 

 そもそも、10年以上浪人していることで、

 レベルの低い人間と言うことは

 クズ太郎自身が証明しているじゃない。

 

  弁護士になりたいのに、

  なぜ偏差値70台の大学に行かなかったんだ?

  お前の勝負相手は、偏差値70台の能力の高い人間だ。

  その中で勝負出来るだけのものがないと司法試験には合格しない。

 

  本来勝負すべき人間に勝てないからと、

  勝負相手を明らかに勝てる相手に変え、

  罵り馬鹿にし見下し支配し、

  自分が一見トップに立っているような

  環境を作っているようでは、

  いつまで経っても人間レベルも、

  仕事の出来る能力も何もかも

  中途半端にもならない。

 

  企業偏差値40台の会社で、どんなに『すごい』と言われても、

  他社では通用しないよ。』

と言っていた。

 

ブラック企業に入社したばかりの新人さんに、よく

 『なぜあの人は先生と呼ばれてるんですか?』、

 『あれくらいの仕事、他社ならあれくらい出来て当たり前、

  普通ですよ。

  なぜあの程度であの人(クズ男)は威張ってるんですか?』

 と聞かれたことがあるし、人によっては、

 

 『あなた(私)は、

  クズ太郎がほんとに仕事出来る人だと思ってるの?

  本気で思っているなら、あなたは相当バカだ。』

 と言われたこともあるんです。』

と私が言うと、

 

『企業偏差値50台・60台の会社から、その企業偏差値40台

 の会社にうつった人にとっては、

 やっぱりクズ太郎は異常に感じるんだよ。

 

 その環境にいるうちはいいだろうけど、

 外に出た時通用しない。

 司法予備試験3次って、面接試験なんでしょ?

 

 田舎の企業偏差値低いところで1番やってる人間が、 

 ぬぼーっと試験会場にいたら、

 悪目立ちするから即落ちだろうね。』

と言っていた。

 

 

 

 

 そうだよね。

クズ太郎が外の世界から見て

『出来の良い人間』に見えることは

一生ないだろうね。