『俺の妄想虚言に付き合ってくれない人は切る』と言い換えてほしいなと思ったこと。。。

 

 

脳が衰えてきた人が、

とにかく怒鳴る怒鳴る。

 

 

自分の思っていることだけが絶対に正しくて、

それ以外は間違い。

自分の考えだけ、皆が聞けばいい!と怒鳴り続ける。

 

 

その人を見ていて、

クズ太郎を思い出した。

 

 

『俺の言うことを聞かない人は切る!

 これまでも、俺の言うことを聞かな人は切ってきた!』と

クズ太郎は偉そうに言っていたけれど、

 

 

『俺の妄想虚言に付き合ってくれないなら切る!

 俺は、過去にも俺の妄想虚言を聞き入れない人を切ってきた!』と

言い換えてほしい。

 

 

 

 

 

クズ太郎の言っていることって、

痴ほう症になった人、

精神的に病んでいる人が言っていること、

していることと同じなんだよな。。。

 

クズ太郎と話していると、

いつも、へんな違和感を感じていて、

狐につままれたような奇妙な感覚があった。

 

 

正常な人と関わっている時は

決して感じない感覚。

 

 

不気味で気持ちが悪い。

こういう人に否定的な意見を言っても意味がないため、

なるだけ、適当に受け流そうと思っていたけれど、

 

クズ太郎の場合、

受け流すと、

 

『俺は皆に好かれている!』

(ほんとは皆に嫌われているけど、

 無言でいると

 『やっぱり、俺は皆に好かれているんだ!』と

 勘違いする。)

 

 

『俺は社員TさんとRさんに褒められている!』

(ほんとは、2人はクズ太郎を嫌っていて

 『あいつに関わるな』と言っていたけれど、

 無言でいると、

 『やっぱり、あの2人は俺のことが好きなんだ!』と

 勘違いする)

 

 

 

クズ太郎の頭の軽さ、無知さ、

その他諸々、

脳がぶっ壊れた人、

精神異常者、

そう思わないと関われなかった。

 

 

こういう人たちって、

楽そうでいいな。

 

気に入らないことがあれば

思っていることをただ怒鳴ればいいんだから。