『倹約家とケチの違いを認識せず、貧乏臭いことを偉そうにすすめてくるクズ太郎が気持ち悪かったこと』。。。

 

 

クズ太郎は、

『倹約家』ではなく、

ただの『貧乏人』

 

その貧乏臭いケチを悟られまいと、

『自分はお金を計画的に使う人だ!』と

主張したいようで、

 

『お金の使い方を褒められる!』と

言っていたけれど、

どうしても、

『どケチ、貧乏人』にしか思えなかった。

 

 

こんな記事があった。

 

 

www.longamerikastock.com

 

 

 

xn--n8j9do164a.net

 

 

そうそう、

『ケチと倹約家って違うよね』と思った。

 

 

それに、なんでもそうだけど、

度が過ぎると、

人に不快感を与えるし、

信用すら失う。

 

 

クズ太郎は、

 

『俺は高速代がもったいないから 

 高速は使わない。

 新幹線とか飛行機代ももったいないと思う。

 

 だから、大学時代、

 大学のある場所から実家まで

 半日かけて下道を車の運転をして帰っていた。』、

 

 

『俺は高速は使いたくない!

 高速をどうしても使いたいのなら

 お金頂戴!』と請求してくる。

(無理やり連れ出された挙句、

 高速代だけで、総額2万円ほど盗られた。。。)

 

 

『新しいipadを買う時は

 絶対に今持っているipadを売る。

 

 何台も所有する人はおかしい』、

 

『食費がもったいない。

 俺は1日1食。

 その1食分は

 母親の職場の残り物なんだ。

 

 今日は○○セールの日だから

 あれが食べれる♪』と母親の職場の残り物にただでありついている。

 (ただの貧乏物乞い乞食としか思えなかった。。。)

 

 

他にも、低階層・貧困層と思われるような

貧乏エピソードが多々あるけれど、

書ききれないので以下省略する。

 

 

 

 

 

クズ太郎の話は

聞いていてただただ気分が悪くなる。

 

それを、

『俺、すごいでしょ!

 ちゃんと考えてるんだよ。

 

 それに比べてあなたはお金の使い過ぎだ!

 

 ちゃんと貯金してるの?

 毎月いくら貯金してて、

 今いくら貯金あるの?』等と

平気で人のお財布事情を聞いてくる。

 

 

不快感しかなかった。

 

何度、

『そういうことを言う人が私は嫌いだって言ったよね?

 

 それに、お金、普段そこまで使わないよ。

 クズ太郎が

 (お金頂戴)って言ったり、

 (あなたはお金だけの人だから

  お金を盗って良いって友達が言ってた。

  だから、お金頂戴!)って怒鳴ってくるから

 やむを得ずお金を渡してるだけだよ。

 

 

 お金の使い方を色々言うのであれば、

 (お金頂戴)って言うのやめて。

 

 (せっかく連れてきたんだから

  何か物を買え!)って言って、

 買うことを強要したり、

 カゴに商品を投げ入れるのやめて』と言っても

 

 

『あなたが悪いんでしょ!!!!』と

怒鳴るだけで、

全く何もやめようとしてくれなかった。

 

上記2記事以外にも、

ケチと倹約、節約について書いている人が多々いたけれど、

 

こういうことを

こんな風に認識している人じゃないと、

やっぱり関わるのは辛いなと思った。

 

 

『自分のお金は使わず、

 他人のお金で食べたり

 買い物に行ったりする』

こういう人も、

相当、

『お金にだらしのない人』と言えるのではないのか?と思った。

 

 

 

自分のお金はため込んで、

他人のお金にたかる最低下劣なカス人間になりたくないと

改めて思った。

 

やっぱり、

こういうことをする人って、

見た目も悪いけど、

信用されないし、

信用されていても、

そういうことをした時点で、

一気に信用をなくすよね。。。と思った。