異星人と交信した結果、撃沈。。。。。。。。。。。。。。。。。。

※登場するクズ太郎は  『元カレ』ではありません。  ただのキチガイストーカー妄想虚言変出者です。

『現実にすると滑稽に思えることもあるから、言葉にせず思うだけにしておきたいこともあるんだよ』と私が何度言っても、『隠し事をするのは許さない』とクズ男がうるさくて仕方がなかったこと。。。

 

クズ男は、

『俺にあなたの思ってること、全部教えてね。

 少しでも隠し事をしたら許さないよ』と言ってきた。

 

何度、『なんで全部話さないといけないの?』と聞いても、

『俺には聞く権利があるから』とクズ男は偉そうに言う。

 

 

こんな事言う奴、初めて見た。

『人の心を知る権利』って持ってる人、

いたっけ?????

 

なんだそれ????

 

(相手が何を考えているのか知らないと

 人と関係をもてない理由は、

 自分に自信がないから。

 一人世間に取り残されている気がするから)、

(親が過干渉で、子供のことをす全て把握していないと

 落ち着かない親で、色々話をさせられていた。

 だから、人のことを知っていることが当たり前のことと

 思うようになった)等々

ろくな理由がない。

 

こうして考えると、やっぱりクズ男の親って

ろくでもないんだろうかと思ってしまう。

子供にいったい何を教えてきたのだろう。

 

(10年以上浪人を許し、

 バイトのみで許し、実家に置いている)

この時点でろくでもないけど。。。

 

病気なら一人暮らしは危険だと思ったけれど、

クズ男は病気ではないらしい。

健康だと言い張る。

なら、なぜ親は同居を許しているんだ?

 

 

『私は自分が思ってることを全部人に話すとか嫌だ』と言うと、

『それは、あなたがやましいことがあるからだね。

 俺は、やましいことは何もないから全部言えるよ。

 俺の全部を全ての人に知ってほしい』とクズ男はドヤ顔で言っていた。

 

クズ男にやましいことはないんだろうけれど、

クズ男のことを私は知りたくないから、

聞かせないでほしかった。

 

聞いたところで、

『人間界の底辺にいるゴミなんだな。

 ゴミの分際で偉そうにして、

 (先生)と呼ばせ人を侮辱して怒鳴りつけて、

 こいつはいったい何を考えているんだろう?』としか思えなかった。

 

 

 

現実って、結構汚かったり醜かったり、

知れば知るほど、(現実ってやだな)と思うことがある。

 

 

頭の中で(こういうことがしたい)と思っても、

それを紙に書いた時点で、汚れた気がしたり、

(あれ?この程度にしかならないのか?)と空しく感じたりする。

 

頭の中で考え、想像している時は、

とてもすごい物だったはずなのに、

形にしようとすると、何かが違う。

ほんとはこうしようと思っているわけじゃない。

違う、そうじゃないんだよ。と思う。

 

そんなことを繰り返しているうちに、

頭の中で好き勝手に想像することと、

現実化させることをはっきり区別をつけようと思った。

 

そして、現実化する場合、

頭で考えていることの80%表現できればいいかと思うようになった。

 

 

20代の頃は、『妥協』ということがなかなか出来ず、

『私が言ってるのは、こういうことじゃない!

 なんで、もっとこうできないんだよ!??』と言ったこともある。

 

役職者の私が部下や後輩にこんなことを言えば、

今ならパワハラで訴えられていたかもしれない。

 

 

でも、少しづつ、妥協をするということを覚え、

人に合わせる、譲歩するということを覚えていった。

 

だから、上司Pが『ここでは俺がルールだ!』、

『この馬鹿どもが!

 お前らがちゃんとしないと、俺が馬鹿だと思われるだろ!?』と

怒鳴り散らしていたが、その気持ち、

分からないわけではないけれど、

でも、あれは間違いだよ。

 

自分は自分、人は人。

もし、自分が優秀で出来る人間だと証明したいなら、

1人で証明出来ることを見つけて、

他人に頼らず、他人を巻き込まずやるしかないんじゃないのか?

 

巻き込まれる周囲の人間って、

こんな不快な思いしてたんだな。。。

 

 

私が上司Pやクズ男に、

『あなたたちは完全に間違えてる!』と言い切れなかったのは、

私も過去に似たようなことをしたことがあったからだろう。

 

あの2人が知ることも出来ない過去だけど、

私の記憶が

『おいおい、自分の行いを棚に上げて人のことだけ責めるのか?

 ずいぶん、ご立派になったもんだな』と責めてくる。

 

だから、黙っていた。

 

 

 

 

 

『俺は神だ!』と言っていた上司Pに

『よっ!神様』と言って茶化していたのも、

色々思うことがあったからだ。

 

ヒステリックばばあが、

『お前が(神様)とか言うから、

 余計に上司Pが調子に乗って(俺は神だ)って言い続けるんだよ!

 お前、ふざけんな!!!!!!』と怒鳴ってきた。

 

それを聞いて以来、上司Pも

『俺は神だ』と言わなくなったし、

私が太鼓持ちをすることもなくなった。

 

 

クズ男の時もそうだったけれど、

なんで皆、本来注意すべき上司Pやクズ男に注意せず、

言いやすい私に言うんだよと怒りしかない。

 

ほらね、現実ってくだらないだろ。

おとなしい人、優しい人は損をする。