異星人と交信した結果、撃沈。。。。。。。。。。。。。。。。。。

※登場するクズ太郎は  『元カレ』ではありません。  ただのキチガイストーカー妄想虚言変出者です。

『謝罪中、自己弁護する発言が1つでも入ると、(この人は自己保身のために謝っている)と思うため、謝罪しているとは誰も思わなくなる』という発言、その通りだと思う。。。

 

『謝罪中、自己弁護する発言が1つでも入ると、

 (この人は俺(私)のために謝っているわけではない、

  自分を守るために謝っているんだな。)

 と相手は思う。

 

 だから、謝罪中は、ひたすら謝る。

 (あなたを傷つけて申し訳なかったです)と

 相手のことだけを話す。

 自分のことを一切出してはいけない』というのは、

謝罪上手な人なら誰でも知っていること。

 

 

けれど、クズ太郎は救いようのないくらいの大馬鹿太郎だから、

これを知らないらしい。

 

2014年の5月に

私が、『なんてことしてくれたんだよ!』

と怒った時、

 

『俺だって辛かったんだよ!

 今月は試験もあったし、すごく緊張してたんだ!』

と言ってきた。

 

 

 

 

 

クズ太郎は、

(司法予備試験はもう慣れてるから、

 情緒不安定とかならないよ。

 俺はそんなに精神弱くないからね。

 その辺の弱い人と一緒にしないでよ。

 試験日が近づいてきたら、

 やることが多くなって忙しくなるけど、

 気持ち的には全然変わらない。)

と2014年の1月に言っていたのだ。

 

 

『1月に、

 (俺は精神が強いから、情緒不安定にならない)って

 言ってたよね?』と私が聞くと、

 

『ずっとそう思ってたけど、

 意外と緊張したり

 情緒不安定になるみたいなんだよ。

 俺だって人間だよ!誰でも情緒不安定になるでしょ』

とグズグズ泣きながら言っていた。

私としては、(泣きたいのはこっちなんだけど)状態。

 

『クズ太郎は、(その辺の人と違って自分は心は弱くない)

 って言ってたよね?

 (皆が情緒不安定になるから、俺もなるんだ)は

 おかしいよね?』と私が聞くと、

 

『どこが???』とクズ太郎が言う。

 

『普段は、

 (俺は誰よりも優秀だから、その辺の人と一緒にしないで)

 っていうくせに、こういう時だけ

 (俺も普通の人間なんだ、皆と一緒なんだ)は調子良すぎでしょ?

 おかしいよ。ただの卑怯者じゃない』

と私が言うと、

『俺は卑怯者じゃない!』とクズ太郎が怒鳴る。

 

泣いたり怒鳴ったり忙しい奴だな。。。。

 

 

 

 

 

この後も、ずっと、

『ぼくたんも試験があって辛かったんでちゅ。

 ぼくたんもね、人間だから心が辛くなる時があるんでちゅ。

 ぼくたんも辛いんでちゅ。』

のような自己弁護ばかり。

 

(自己弁護が入ると、謝罪された感じがしなくなる。

 許す気持ちが一切なくなる。

 同情を買うような表情をするな)

等と言われたことがあったけど、

クズ太郎を見ていて、

ほんとにその通りだと思った。

ここまで、謝罪が下手くそな人間を見たのは初めてかもしれない。

 

 

『辛いのはクズ太郎より、私の方だよ。』

と私が言うと、

『なんで?なんでそんなこと分かるの?

 俺の方が辛いよ』とクズ太郎が言う。

 

じゃあさ、なんで私がクズ太郎よりバカでダメ人間って分かるの?

私からすれば、

クズ太郎の方がよっぽど馬鹿でダメ人間なんだけど。

 

クズ太郎が人としても男としても終わっていると思うことが

多々ある。

というか、クズ太郎に良い所なんてあるのか?