なんで田舎の貧乏人とか馬鹿って、『あなたより、俺(私)の友達の方が○○ですごいんでね!!!』と顔を汚くゆがめて言うんだろうと不思議に思っていたこと。。。

 

同期のおばさんとクズ男が、

『あなたより、私(俺)の友達の方が

 ○○ですごいんでね!』と汚い顔をして勝ち誇った顔をして

よく言ってきた。

 

私は別に、自分がすごいとか『お前より私の方が上』と

思ったことは1度もない。

普通に会話をしているつもりだったが、

どうも、相手は『ケンカを売られている』と思っていたようだ。

 

そして、自分の友人知人で私よりすごいという人を

いちいち持ち出して私を傷つけて落ち込ませようとしていたが、

何を言われても、全く負けたと思ったことがなかった。

 

(私はダメな人間だ。身の程をわきまえよう。

 自分にできることを一生懸命するしかない人間だ)

大学在学中に、世界中の『天才』『優秀』と言われる人を多々見て、

さらに、社会人になり、世界のトップクラスの人を見て

そう思った。

あれだけ上位クラスの人間を見て『私は程度の低い人間』と

自ら思えると、その辺の馬鹿に噛みつかれても

どうとも思わなくなる。

ただ、あまりにぶーぶーうるさいと、殺虫剤でもまきたくなるが。

それに、『友達』って言っても田舎の友達だろ。

そんな人がどうしたよ。

その『友達』も、誰か他の『友達』使えば、

簡単に潰せるよね。

 

 

 

レベルの高い人たちと同じ環境にいて一緒に食事をしていても、

自分だけ別の場所にいるような感覚。

一人だけ取り残されたような感覚。

『皆さん、私のこと見えてますか?

 私は、ここにいて良い人間ですか?』という不安。

何か、迷路に迷い込んだような奇妙な感覚。

それこそ、目の前で行われていることは『妄想、虚言、ドラマの世界』。

 

(これは、テレビの世界じゃなく、ほんとに現実にあることなんだ)

と思っても、どこか夢心地。

東京に行き初めの頃、

『おぉ!テレビで観た場所だ!』と完全田舎者丸出しだった。

 

 

あのような夢心地の経験を長いことしていると田舎に来た時、

『これって現実? 昭和時代を舞台にしたNHKの朝ドラか?』

と聞きたくなるほど、時代遅れな風景、人、建物。

 

なに?このボロボロの建物。

なに?このだっさい車。

え????? あれから10年以上経ってるけど、

田舎ってこんなものだったかな?

これ、『昭和』じゃないか。

昭和そのもの。

人も感覚も言ってることもやってることも時代遅れ。

 

クズ男や同期のおばさんが

『嘘、妄想、虚言、ドラマの見過ぎ』と言っていたが、

この言葉、そっくりそのまま返す。

 

嘘みたいな時代遅れ。

昭和の世界の妄想をしているみたいな状況。

NHKの小説ドラマみたいな昭和感。

 

こんな時代遅れの中で生きていれる人たち、

『今までこれで生きてこれたから、このままでいい』

と言っているクズ男、同期のおばさん、あの会社の人たち。

 

嘘でしょ?私は嫌だよ、こんな時代遅れのダサい感じ。

こうを言うと、『じゃあ東京に行けば』と言われるだけだが、

ほんとに、東京に戻れるなら戻りたい。

体が東京でも持つなら東京に戻りたい。

 

年々、田舎から人がいなくなり東京に人が集まり、

各自治体が困っている。

その問題を知っていても、それでもやっぱり東京って良いよ。

 

田舎ってつまらないからね。

しかも、いる人もつまらないことでケンカふっかけてくるし、

つまらないどうでもいい話ばかり。

誰の家がお金があるとか、誰がどうしたこうした、

マスコミに就職したら?と言いたくなるくらい

個人情報の収集力がすごい。

他人の人生が大好き、他人の不幸話が大好き。

自分の劣等感をつつくやつは大嫌い。

劣等感をつつくやつは友達を使ってでも潰す。

 

 

友人などの話を出してまで勝とうとし、

私を傷つけ潰そうとする同期のおばさんやクズ男のことを

痛々しく感じ、(可哀想な人だな)と思う日もあれば、

あまりに滑稽で笑ってしまうこともあった。

 

あの頃は、(可哀想な人だな)とか(滑稽な人だな)と思っていたが、

考えてみれば、あのような行動は、

自ら敗北を認めている情けない人間のすることだ。

 

 

どんなに『優秀』、『天才』と言われてる人でも、

人間である以上、何かしらの欠点がある。

 

だから、『あの人、頭は良いけど、ちょっとね。。。』と

悪口を言われる。

 

だから、『人は何をしても文句を言われるからね』と

クズ男に言ったことがあったが、

『そう!その通り。だから、俺は自分のしたいようにしてるんだ。

 だから、今後も司法試験続けるよ』と言っていたが、

そういう意味じゃない。

なんでも良いように受け取って自分の都合よく解釈をして、

自分がやっている愚かなことを正当化するの

いい加減やめろ。

 

 

『人は何をしても文句を言う』

だから、なるだけ人が悪口を言いたくなるような欠点は

直していった方が良いと言ったのであって、

『長期浪人をしていい』と言ったわけじゃない。

 

『努力をしている人の邪魔をしてはいけない』とは言え、

限度はある。

さすがに『10年以上の司法浪人』はやり過ぎだ。

 

これは、もうひどすぎて、『文句、悪口を言う』なんてものから

遠ざかってしまい、(避けるべき危ない人間)認定されてしまう。

 

クズ男のしていることは、

(先のことを見通すことの出来ない人間がする愚かな行為。

 長いこと同じ失敗をしているのに、『俺は優秀』と言っている人は

 色々な意味で危ないため、関わるべきではない)と思われる

とても危ない行為。

 

ただ、10年以上経つと、いまさら浪人をやめたところで

人から低評価をくらう原因は取り消すことは一生出来ないため、

クズ男を無理に止める必要もないと思った。

 

・先を見通す力がない

・同じ失敗を繰り返さないための学習能力がない。

・問題点を正確に見抜く力がない。

・問題解決能力がない。

・客観視する力がない。

・人の教え、注意を聞くことが出来ない。

・自己中心的

・世間と自分の持っている価値観、常識の相違点を洗い出す

 力が著しく乏しい

 

 

まだまだあるが、上記・さらにもっと色々なことに対する

人からの評価を失っている。

 

『法学部出身、バイト、10年以上の長期司法浪人』

これだけで、私なら採用面接は落とす。

そして、クズ男のあの容姿。あれを見ただけで不採用。

クズ男のあの変な動き。

コンコン、『失礼します』。。。はい、不合格。

 

 

 

 

 そして、同期のおばさんも容姿で不採用。

外国人はデブに厳しい人が多い。

『脂肪税』というものもあるらしい。

そして、『デブはエコじゃない』と言っている人もいる。

外国人と交流が多いためデブは不採用。

入室数秒で不採用。

初日にメアドを平気で聞いてきて、

教えるまで執拗に聞きまくるあの情報管理の仕方を

一切知らないやばいのを知ったら、即解雇。

 

 

人は、その人のことだけでも、十分非難可能。

自分のことを棚に上げてしまえば、いくらでも非難できる。

 

 

そして、1人の人間を潰すには、5人も人がいれば潰せる。

人間は万能じゃない。

 

クズ男が弁護士になったところで、

『お前よりかっこいい人が友達にいるんだ』、

っていうか、そもそもお前少しもカッコ良くないし。

顔がめちゃくちゃ気持ち悪いし。

『お前より体格の良い男らしい人がいるんだ』、

『お前と違って、重たい物持つことの出来る男性がいるんだ』、

『お前と違って1流大学卒の友達がいるんだ』、

『お前と違って、家柄の良い友人がいるんだ』、

『お前と違って、1流大卒で司法試験1発合格のエリート弁護士が

 知人にいるんだ』、

『お前と違って、年収がすごくある友人がいるんだ』、

『お前と違って、女にたからず、奢ってくれる人がいるんだ』、

 

 

『お前と違って友人で。。。。。』

こんなセリフ使って人を潰して何が楽しいんだ??????

 

今、色々書いてみたけれど、全然楽しくなかった。

それこそ、『だからなに????』としか思えなかった。

 

クズ男も同期のおばさんも、これを言って何を得られたんだろう。

何か楽しかったのだろうか。

私を潰せたと思って満足したのだろうか。

私は何も思わなかった。

何が楽しいのか不明だ。

 

 

クズ男も同期のおばさんも自分じゃ勝てないから

友人を持ち出したのか????????

 

そこまでして、何がしたいんだ?

 

私1人を潰したところで、

私以上にすごい人はたくさんいる。

 

また新たに癪に障る人間がいたら、その度に潰すのか?

あなたたちより上の人間は腐るほどいるよ。

死ぬまでに全員潰すのは無理だろうね。

潰しきる前に、やばい人に手を出して、

逆に、反社会的抹殺を食らって、今以上に悲惨な状況になるだろうね。

 

 

言ってたよね?

『あなたなんかよりすごい人が、友達にいるんだ』って、

口癖みたいに同期のおばさんもクズ男も言っていたけど、

その通り。

私なんかよりすごい人はたくさんいるよ。

 

そして、私を潰すために武器にしているその『友人』とやら、

ほんとにあなたたちの味方ですか?

 

心の中で、(わー、また豚がぶーぶー騒いでるよ)とか、

(こんな不細工を好きになる女っているのかな?

 でも、こいつの話否定すると怒鳴るから肯定しとくか、

 ほんっと、こいつっていつも独りよがりな話ばっかで

 くっそつまんねーーー)とか思われてないか???

 

その『友達』ってほんとに『友達』か????

 

 

そして、そんな『友達』使って、

小学生がやるカードゲームみたいにバトルして

勝った気になって楽しみたいか?????

 

 

でも、いいね。

『友人知人カードバトル』

全然負ける気がしない。

 

だって、あの2人。

ある一定の線を越えた人と繋がりがないと知れない情報を知らない。

 

色々話を聞いて確認したが

『それほんとなの?嘘、妄想、虚言、ドラマの見過ぎ』と

言っていた。

 

あれだけ面と向かって人を侮辱してくるから、

力のある大物でもバックにいるのかな。。。と色々考えてしまったけれど、

ただたんに、怖いもの知らず、世間を知らな過ぎるだけな気がした。

 

だいたい、田舎の大物って、

結局都会の大物に頭を下げるしかない。

そうやって、頭を下げてコネを作り、

うまいことどんどんのし上がっていった人もいるが、

そういうことが出来る人はほんの一握り。

 

それに、そういう人は道の途中で傲慢な態度は取らない。

裏表をうまく使い分けるし、

特に、弱い人への対応がうまい。

そして、色々かぎ分ける力がある。

 

クズ男も同期のおばさんも、そういうのは全くなかった。

実際に力のある人間はいないだろう。

だから、『友人知人カードバトル』は

やらなくても私が勝てるだろう。

 

 

ただ、、こういう幼稚なことってやっぱりしたくないな。

田舎のブスな豚と不細工な河童を潰して何になるんだ?

ただ心が汚れるだけだ。

私は低層階で争うのが嫌いだ。

レベルの高い人たちとの争いは、

いい席に座りたいからお互い蹴落とし合うし、

蹴落としていい席に座れれば、自分に確実にメリットがある。

 

だが、田舎で低レベルな争いをしても

いい席などないし、ただただ『嫌な奴』になるだけで、

デメリットしかない。

 

 

『あなたなんかより、私(俺)の友達の方が。。。』ってなんだ?

その前に、その脂肪どうにかすれば?

私が落ち込もうと死のうと、脂肪は落ちないよ。

河童みたいな変な顔がどうにかなるわけでもないし、

司法試験に合格するわけでもない。

 

攻撃する相手を間違えるなよ。

 

と言っても、バカだから仕方ないのか。

痴呆症の年寄りと一緒だな。

誰かれ構わず怒鳴り散らしてる痴呆症の人と一緒。

今からあんなんでどうするんだ?

 

 

そうか。。。。

『今後介護施設は優良な老人を今以上に選ぶようになる』って

言ってる人がいたけれど、ああいう人にはあのままでいてもらえばいいのか。

 

優しいお年寄り優先になるために、

環境を荒らす爆弾妖怪には自爆してもらわないと困るよな。