『可愛い』と言われて、こんなに屈辱を感じることってあるんだ。。。

 

クズ男が、たまに、『可愛いね』と言ってくることがあった。

 

え?『ブスだね。』の間違いじゃなくて???

と思うが、引きつってしまい、何も言い返せない。

 

そもそも、私は人から『可愛い』と言われるのが

とにかく嫌い。大嫌い。

『可愛い』と言われると引きつってしまうし、

体が固まって動かなくなる。

 

あの会社の50代のおばさんが、『可愛いねー』と

イヤな感じで言ってきた。

(お前、自分のこと可愛いと思ってるんだろ。

 『可愛いね』って言われたら満足なんだろ!?

 ほら!言ってやったぞ!これで満足か!?)

と言うのが見え見え。

でも、そういう嫌味はどうでもいい。

不思議と全く傷つかない。

むしろ、

(私が自分がブスだと自覚してることすら分からない。

 嫌味を言われてるのも気がつかないほどのバカって

 思ってるこの人、面白い(笑))と思うくらいで、

ムカつかない。

だから、笑ってしまう。

ただ、その時にする笑顔が、『はい、私可愛いんでー』と

思って満足している笑顔だと相手は思うようで、

さらに悪口がひどくなる。

ま、悪口言うのはいいよ。別に傷つかないから。

 

それより、『可愛い』という言葉を人から言われたくない。

吐き気がする。気分が悪くなる。

こんなブスが可愛いわけないだろ!?

お前の美的感覚は狂ってるのか!?馬鹿なのか!?

眼科行ってこい!等と相手を罵りたくなる。

 

 

ブスだと自覚している私が、『可愛い』と言われたとき、

得体のしれない違和感におそわれ、不快感しかないため

ほんとに言わないでほしい。

 

 

クズ男は不細工なのに、『かっこいい』と言われると

とっても満足した顔をする。

どうして、あの不細工顔を受け入れられるんだろう?

どうして、自分は不細工だと気がつかないんだろう?

どうして、『かっこいい』という言葉に違和感を感じないんだろう?

 

私と感覚が全く違うため、ほんとに不思議で

その謎の感覚の正体が知りたい。

 

クズ男は、自分が『かっこいいね』と言われたいため、

私に『可愛いね』と言い、そのお返しに

『クズ男もかっこいいよ。』と言わせようと必死だ。

 

ブス不細工が、『可愛い』、『かっこいい』と言い合っている姿は

はたから見ていて滑稽だろうし、気持ちが悪いだろう。

それに、それを言い合っている自分がほんとに惨めで情けなかった。

 

なんでこんな奇形不細工と、

『可愛いね。』、『かっこいいね』と言い合わないといけないんだ?

人生で、『無駄な時間を過ごした』と思う時はあるけれど、

これほどまでに『無駄な時間の過ごし方』ってあるんだろうか。。。

 

 

私の友人たちは、私がとにかく自己肯定感の低い人間だと知っているし、

ほめ言葉に過剰に反応し、『ほめられたくない!』と怒ることを

知っているため、私をほめたりしない。

何かほめ言葉を言った後は、

『いや、だって、さすがに今回は、すごいでしょ。。。』と

言い訳をする。

 

その言い訳をしている姿を見て、私も過剰に反応し過ぎかなと思い、

なるべく怒らないようにしようと思うが、

ほめられて怒る私と、ほめられないといられないクズ男は

感覚が真逆すぎて、やはり合わない。

 

 

『人間、ほめられて、その言葉に満足した時点で終わる。』と

言われたことがある。

クズ男を見ていると、その言葉の意味がよーーーく分かる。

なぜならば、クズ男がこの言葉を地でいっているから。

ほめ言葉を鵜呑みにし、たいして努力をしなくても

相手を怒鳴り委縮させれば簡単にほめ言葉をもらえるのだから、

中身に何の変化もなく、何も成長しないまま歳だけとるのは当然だ。

可哀想に。

 

 

私が20代の頃は、今ほどパワハラ等が徹底されていなかったため、

『なんだ!?ほめてほしくてやったのか!?

 ほめられないと嫌ならやるな!

 ほめられたくてやるならやるな!

 そんな人間はいらない!』、

『ここは学校じゃないんだよ!

 いつまで学生気分でいるんだよ!!!

 仕事はして当然なんだ!やって当然のことで

 (ほめてほしい)じゃないだろ!?

 てめー!ふざけてんのか!???』等と怒鳴られている人がいた。

職人気質の人、男が男に言っているだけで、

さすがに女性にまでこんな言い方はしなかったが、

はたから見ていて、(そうだよね。)と人が怒られているのを見て、

私も気をつけようと思ったこともある。

そして、(こういう会社では働きたくないな)とも思った。

あそこまで人を怒鳴っている人は、あの田舎の会社の人以外だと

ほとんど見たことはないが。

 

クズ男の場合、自分には関係ないもーん、と思い

怒られている人を馬鹿にして見ているのだろうが、

人が怒られたり注意されたり教えられているのは

自分もその対象だと思い、聞いておいた方がいい。

 

ある会社の人は、

『俺は、いつも○○君のことをわざと怒るんだ。

 そういうことで、周囲の人間にも(お前らも気をつけろよ)

 って、教えてるんだよ。』と言っていた。

 

その『○○くん』は、(いつも怒られている情けない男性)と

その社内で思われているらしかった。

別会社の人だったが、その○○君はちょっとした飲み友達になっていたので、

『あのクソ上司!いつも俺のことだけ怒るから、

 部下からも後輩からも(使えないくせに指示すんな!)

 とか陰口言われてて、俺のこと馬鹿にしてるんだよ。

 もう会社辞めたい』と悩んでいたため、ほっておけなかった。

 

結局彼は精神を病み、退社して他の会社に移ったが。

その彼は、頭も良く人柄も良く、特に何か悪いということもない人だった。

ただ、逆に、こういうそつのない人間というのは

人の妬み嫉妬を買いやすいため、上司に怒鳴られていれば、

(ざまーみろ!調子に乗ってんじゃねーぞ!)等と周囲が馬鹿にし始め、

いじめ・嫌がらせのかっこうの餌食になる。

会社のいじめの発端は、上司の対応の悪さだったりすることもある。

 

○○くんの上司は、残念なことに

そのことに気がついていない様子だったため、

『その○○君、上司さんが怒るから社内で評判悪いみたいですよ。

 上司さんが、いくら○○君はすごいって思っていても、

 代表して○○君を怒ってるんだと思っていても、

 周囲の人が上司さんの意図をくみ取っていない以上、

 ただただ、○○君の立場がなくなるだけで、

 全然意味ないと思うんですけど。。。』と言ったことがあった。

 

『え?そうなの?そんなことないと思うけどな。。。?』と

どこか抜けた感じの頼りない対応をしていたが、

結局、○○君を救えないでいた。

 

ただ、彼は優秀なため、他会社が欲しがっていた人材だったので、

その移り先の会社でいい給料をもらい、

仕事も人間関係も円滑に行き、精神状態も徐々に良くなり

『毎日が楽しくて仕方がない!』と言っていた。

羨ましい限りだ。

自分のしたいことを自分のいたいと思う場所で出来るなんて

とても幸せだろう。

このポンコツの体、どうにかならないかな。。。

私の体は、ロボットで言えば、スクラップ工場行きの状態だ。

そういう意味では、クズ男と良い勝負(笑)

 

 

 

あの会社にいて、『ほめられても嬉しくない。』等と言っている人の

気持ちが分かった。

『あなたに言われてもね。。。』って、こういう気持ちか。。。

 

何か分かった。

もともと、人から『可愛いね』と言われると、

(なんだよ!?ブスからかって面白がってんのか!?

 ふざけんなよ(怒))と思っていたが、

クズ男に『可愛いね』と言われると、その怒りプラス、

得体のしれない気持ちの悪さと、『お前に言われても嬉しくない!』

という感情があった。

 

あの会社で『仕事頑張ってるね』と言われても、

『給料もらってるんだから普通でしょ。』と思うし、

何か言われても、『うーん、ここでほめられても嬉しくない』と

思ってしまった。

 

 

20代の頃、『○○さんってすごいですね。』と私が言ったとき、

『それは、あなたがこの業界のトップにいる人間がどういう人間か

 分かってないから言ってるだけだよ。

 むやみやたらと人をほめない方がいいよ。

 その程度の人間しか見たことがないんだ、

 その程度の知識しかないんだと思われるから。』と言われたことがあったが、

あれって、こういうことだったんだろう。

 

要は、

『お前みたいな何も分かってない馬鹿にほめられても嬉しくない。

 この世界を知らないお前に認められても嬉しくない。

 お前が認めたところで、何らかの評価に良いように影響する

 わけじゃないからどうでもいい。

 頼むから黙ってろ!』と言いたかったんだろう。

 

分かる。いまさら分かりました。

あの時、ほめ言葉を言ってしまいすみませんでした。

きっと、不愉快極まりなかったんだろう。

私が感じた何倍もの屈辱感、苦痛を感じたんだろう。

 

不細工に『可愛いね。』って言われてもね。。。

(お前に言われたくない。お前に言われても全然嬉しくない)

とか思ってしまうもんな。。。(笑)

 

 

それにしても、クズ男はなんで

あんなに何でもかんでもほめられたがるんだろう。

ある意味、プライドがないのか?

 

自分が馬鹿にしている人から、

『さっすが!すごいですね!』と言われても喜ぶ。

 

普通、自分が見下したり馬鹿にしている相手から

ほめられても、『あなたに言われても嬉しくない。』、

『あなたからすれば、この程度のことがすごいと思えるんでしょうが

 この程度では、(すごい)にならないんですよ。』と思い、

嬉しくないはずだよな。。。

 

クズ男は、『皆が俺を好き。』、『皆が俺をほめる』と言っていた。

ほんとにクズ男が出来のいい人間なら、

嫉妬ややっかみを買い、誹謗中傷されるのは当然なのに。

面と向かって嫌味を言われたり、嫌がらせをされて当然のはずが、

『俺は、そういうことをされたことはない。』と言っていた。

 

クズ男は、『自分が見ていないもの、聞いていないことは信じない。』

と言っていたが、毎日ニュースで報道されている国会議員の潰し合い。

 

あの人たちはクズ男と違い、家柄が良い人、高学歴の人が多いが、

嫌味は言うは、面と向かって侮辱するは、、、

国民の前で醜態をさらしている。

 

いい席にいたらいたなりに、

お互いに足の引っ張り合いをし、

その良い席に座っている人間を引きずり下ろし、

空いた良い席に自分が座ろうと必死になる。

 

法曹界の人たちが言っていた法曹界の席の奪い合いも

きっとあんな感じなんだろう。

考えてみれば、普通の会社だって、

自分が役員・部長・課長等になるために、

お互いに足の引っ張り合いをする。

国会議員がテレビでやっていることは、

各々が自社でやっていることを公の場で、

皆に見られて記録をとられている状態でしているだけだ。

 

人間って、場所が変わっても、人が変わっても、

地位が変わっても、やることは皆一緒。

 

だから、クズ男だけが、

『皆に好かれて、ほめられるだけの人間。』、

『侮辱されたり嫌がらせをされたり、いじめられたことはない。

 そういうのは、俺以外の人間がされることだ!』と

言い切っていたが、いい加減に目を覚ましたんだろうか。。。

 

人には、『どこからそんな自信がわいてくるの?』と言っていたが、

むしろ、クズ男に聞きたい。

『ゴミのクズ男さん、どこからその自信が出てくるのですか?』

見た目、中身、経歴、どれをとっても

『絶対に人の何百倍も優れている!自慢できる』ということが

何一つないのに、なぜ、『俺だけは何をしても許される。』

と思い込めるんだ?

あそこまで常軌を逸した発言が多いと、

ただのキチガイにしか思えない。

 

 

バカなことを言っている自分に気がついてほしい気持ち半分、

一生気がつかず、愚かな人生を送り続けてほしい気持ち半分。