異星人と交信した結果、撃沈。。。。。。。。。。。。。。。。。。

※登場するクズ太郎は  『元カレ』ではありません。  ただのキチガイストーカー妄想虚言変出者です。

異星人と交流した結果、撃沈。。。。

『排泄は生まれてから死ぬまでの問題、確かにそうかも』。。。

 

排泄は生まれてから死ぬまでの問題

確かに、おっしゃる通りかもと

下記の記事を読んで思った。

 

tchiroe.hatenablog.jp

 

(すみません。

 勝手に記事をお借りします)

 

これを読んでいて思ったのが、

私は見守られる側だから、

なんとも申し訳ない気分です。

 

見守られる立場としては

見守られながら排泄するのは

本当に辛い。

 

終わったらナースコールを押して、

看護師が来ると、

下着を履かせてくれて、

車椅子に乗せてくれて

ベッドまで運んでくれる。。。

 

なんとも情けない気分になる。

 

 

 

赤ちゃんの時、下の世話になり、

老人になって下の世話になるか。。。

私は老人じゃないけれど、

病気で歩けなくなって、

まだ現役世代なのに下の世話になり

なんともみじめで情けない気分を味わい、

(こんなのが一生続くのならいっそのこと。。。)

と思ってしまう。

 

今は会社勤務が出来るくらい回復したから良いけれど、

あのまま下の世話になる生活が続いたら

生き続けることに絶望しか感じないままだったろうな。

 

自分で歩ける有り難さ。

一人で排泄が出来る有り難さ。

出来なくならないと分からない。

 

死ぬ前によちよち歩きの赤ん坊のようになり、

食べるのも人の手をかりる。

大人のおつむとをして

おむつ交換の時間になるまで放置される。

交換中は糞の強烈な匂いにまみれることになる。

これが病院や介護施設だと、

同室の人にも迷惑がかかる。

 

こんなみじめな思いをしてまで

なぜ人は自然に寿命が尽きるまで

生かそうとするんだろう?

そうなっている本人は、

『こんなみじめな思いをするのなら

 死なせてほしい』と懇願しているのに。

 

何をみじめと思うのか。

どうなったら死にたいと思うのか。

何が生きている喜びになるのか。

考え方は人それぞれだから、

安楽死尊厳死の問題は

日本で論じられるようになるのは

まだまだ先のことなんだろうな。