異星人と交信した結果、撃沈。。。。。。。。。。。。。。。。。。

※登場するクズ太郎は  『元カレ』ではありません。  ただのキチガイストーカー妄想虚言変出者です。

異星人と交流した結果、撃沈。。。。

『ハンセン病の訴訟を見て、人の偏見は本当に恐ろしいな』と思ったこと。。。

 

感染することはない病気なのに、

『あの人のそばにいると病気移るよ』と

馬鹿なことを言う人を見たことがあるし、

実際、私も言われたことがある。

 

(感染しないよ)と思うけれど、

そんなバカに、いちいち言うことはしない。

だって、そういう理解のない馬鹿には

何を言っても通じないし、

それに、人を差別するような発言を平気でする人は

人間性に問題があるため、

一時期和解したところで

いちいち問題が発生するから

誤解を解こうとかそんなことをしようと思わない。

 

 

ハンセン病患の訴訟を見て、

久しぶりにそういう偏見バカのことを思い出した。

 

www.nikkei.com

 

ハンセン病

名前は聞いたことがあるけれど、

いったい、どんな病気で、

どのような扱いを受けていたのか、

そういうことは知らなかったため、

今回、色々調べてみたけれど、

ひどい。。。。

 

感染するとか、隔離するとか、

強制収容とか、

完全人権無視の対応。

私がこの立場なら、

『隔離するくらいなら、いっそのこと殺してくれ!』

と言いたくなる。

 

自殺はだめだけど、

人権・自由は奪って隔離するのはOKってどういうことだ??

心臓が動いてさえいればそれでOKって何?

 

 

 

入院中も、多少の拘束はあるし、

自由はほぼないし、

プライバシーもない。

治療が必要な肉の塊を

施設に収容し、

並べられたベットにゴロゴロと横たわらせる。

自分がただの肉の塊になった感覚。

自由はないし、発言権もない。

家に帰りたいと思っても、

医者が許可を出してくれない限り

一時帰宅も出来ないし、

退院することも出来ない。

 

入院中、病院側の言うことを聞いていても

ほんの少し我が儘を言えば、

『病院の言うことが聞けないのであれば

 転院させる。(強制退院してもらう)』

等と脅しをかけられる。

それで、本当にいなくなった患者を

何人か見たことがあるけれど、

そういうのを見聞きしながら、

(こんな扱いを受けてまで生きていたくない)と

いつも思う。

 

今年入院した時も思ったけれど、

無理に治療してまで生きることは

全ての人にとって幸せとは言えないのではないかと思った。

 

家族のためとか誰か、何かのために

どうしても生きていたいのなら

そういう人は治療をすればいいと思うけれど、

それを不要と思う人は

治療を拒否する権利はあっても良いと思う。

 

ハンセン病患者やその身内周囲の人たちが

受けたことを知り、

怒りや不満など、

他人事ながら許せないと思うことが多々ある。

 

無知程怖いものはないと

クズ太郎と関わっていて思ったけれど、

知らないくせに、

知ったようなことを思い、

他人を平気な顔をして非難し

その人の人権や自由を奪うことを

なぜ平気で出来るんだろう?

 

クズ太郎は、

『皆が嫌っている人は、

 いじめて良いし、悪口を言って良い』

と言っていた。

『それは違うでしょ』と言っても

『あなただけだよ。そんなこと言う人(笑)』

とバカな発言をしていた。

でも、ハンセン病の人たちを

こうやってひどい扱いをした人たちは

結局、クズ太郎と同じ思考だったということだ。

 

『皆がしていることだからいいんだ』という

幼稚園児のような考え方。

これは、日本の学校教育の

『大多数の意見が正しい』という

あのやり方が悪いと思う。

『皆と同じでーす』と強制的に言わせるあの教育。

あれ、いったい何だったんだろう?

今もそんなやり方をしているのかは知らないけれど。

昭和のあの教育は終わってたな。。。

 

※文中に登場するクズ太郎は
 『元カレ』ではありません。
 ただのキチガイストーカー妄想虚言変出者です。