異星人と交信した結果、撃沈。。。。。。。。。。。。。。。。。。

※登場するクズ太郎は  『元カレ』ではありません。  ただのキチガイストーカー妄想虚言変出者です。

『(高齢者用シェアハウス)というものが出来ないかな』と思ったこと。。。

 

ずっと気にしている

『いったい、いつまで働けるのか』、

『年金は何歳からもらえるのか』、

『いや、そもそも年金はもらえるのか』、

『年金などあてにせず、

 自分でどうにかすることを考えなければいけないのか』等のこと。

 

 

 

今日は、この気になっていることに関して書かれている

(高年齢者雇用安定法改正案)の記事と年金支給年齢の記事。

皆、同じことを不安に思っているんだなと思うのと、

改めて考えると、ホントに怖くなる。

当たり前ですよね。

このままでは不安で長生きしたくないと思うことは。

だって、命だけあっても

結局、お金がないと生きていくことは出来ないから。

 

 

 

ちょっと思ったのだけど、

自分で自分のことが出来る老人用の

『高齢者用シェアハウス』を作るのはどうだろう?

毎月1万2万円で、

テレビ番組『シェアハウス』みたいな感じで、

基本的に全て自分でやる。

介護が必要な高齢者は

これまで通り、介護福祉施設に入所する。

 

独居老人の孤独死なども防ぐことが出来るようになるし、

高齢者用シェアハウスから出発するバスを持てば、

高齢ドライバーを減らすこともできる。

というか、基本的に食料などの日用品は

ネットスーパーを利用すればよいし、

そうすれば、不要な外出を防ぐことが出来る。

 

なんだったら、高齢者用シェアハウスエリアに、

スーパー、ドラッグストア、

ちょっとしたフードコートエリア等を作り、

小さな町みたいにしてしまえば良いと思うのだけど。。。