異星人と交信した結果、撃沈。。。。。。。。。。。。。。。。。。

※登場するクズ太郎は  『元カレ』ではありません。  ただのキチガイストーカー妄想虚言変出者です。

『(子供に嫉妬してしまう)と言っている友人の気持ち。少し分かるな』と思ったこと。。。

 

『旦那が子供が可愛い可愛いって言って、

 全然、私の相手をしてくれない(怒)』とか、

 

『妻が子供ばかりで、

 2人でいる時ほどかまってくれない。

 そこまでかまってちゃんではないけど、

 それでも寂しいよ』等、

友人たちが愚痴を言っていたけれど、

(子供に嫉妬する気持ち)なんか分かるなと思った。

 

20代前半。

病気になりたての頃、

まだ子供を産むことは出来ると言われていた。

でも、(子供要らないな)と思っていた。

理由としては、

(子供に病気が遺伝したら嫌だ。

 病人の辛さを子供にも味わわせたくない)が

1番だったけど、たまに

(子供が出来たら、男と女というより、

 父親と母親という関係になるのかな。

 なんか、それ嫌だな。。。)等と思うこともあった。

 

結婚して子供を持ったらそうなるのは当然なんだろうし、

それはそれで新しい関係が出来て、

また違う信頼関係とか何かがあるのだろうけれど、

それを経験したことがない私は

(なんか嫌だな)と思うこともあった。

 

(子供に嫉妬するなんて大人げない)とも思ったけれど、

好きな人と結婚して

ろくに相手にしてもらえなくなったら

寂しくなるだろうし、

(なんで結婚したんだろう?)、

(このままでいいのか?)とか

色々悩んでしまうんだろうな。

 

 

 

友人の悩みを聞いていて思ったけれど、

(絶対に別れない方が良い!

 相手が浮気したとか、

 家庭を省みないとか、

 そんなことではないのなら、

 別れずに一緒にいた方が良いよ!)としか思えない。

 

今年も死にそうになって思ったけれど、

死にそうになると、

全てがどうでも良くなる。

嫌いな人のことを許せないのは変わらないけれど(笑)

好きな人とのちょっとしたことは、

(あんなこと、どうでも良かったな)と

思ってしまう。

 

色々やれることがあって、

色々選択肢があると、

どうしても(こんなことくらい)とは思えなくなるけれど、

やれることもほとんどなくなり、

選択肢もほとんどなくなると、

ちょっとしたことを大切にしようと思う。

それに、そのちょっとしたことを

大切にするしかやることがなくなるからね。。。

 

でもそっか。。。

『そこにいつまでもこだわらなくて良い!

 あなたはまだやれることがたくさんあるんだから!

 

 そうやって悩んでる時間が無駄!

 悩んでいるくらいなら

 出来る事を見つけて

 そこに移った方が良いよ!

 いつまでも嫌なことをし続けてたらダメ!』

と言うのが定番だよね。

 

健康で、普通に日常生活を送ることが出来る人たちは

そうだった。

やっぱり、私は『普通の人』と

価値観や考え方が違ってしまったんだな。