異星人と交信した結果、撃沈。。。。。。。。。。。。。。。。。。

※登場するクズ太郎は  『元カレ』ではありません。  ただのキチガイストーカー妄想虚言変出者です。

『結局、人間はお金に支配されているのか』と思ったこと。。。

 

お金持ちのお嬢様の友人。

なに不自由のない裕福な生活を送っていたけれど、

ある男性に恋をした。

クズ太郎ほどの貧乏人ではないけれど、

お嬢様の友人を養えるとは思えない男性。

 

付き合う時も周囲の人間は反対したけれど、

結婚する時も相当反対意見があった。

友人のご両親も絶対反対で

友人の味方をする人は1人もいなかった。

 

当時、友人は、

『愛があればお金なんてどうでも良いの!

 彼はとても優しくて良い人で。。。』と言っていて、

結局、2人は結婚した。

 

が。。。。。。。。。。

『お金がないと何も出来ない。

 こんな貧乏暮らし、もう耐えられない。

 最近喧嘩ばかり。

 もう嫌だ』と愚痴るようになり、

そして、ついに離婚した。。。

 

ほらね、お金持ちのお嬢様が

貧乏人と結婚して幸せになれるわけないんだよ。

眞子様も小室圭との結婚、

やめておいた方が良いと思うけどな。

恋愛なんて一種の精神病でしょ。

そして、その病は一瞬で治る。

治った時に残るのは、

お金のない貧乏で貧相な男。

なに不自由のない暮らしをしていたお嬢様、お姫様が

貧乏暮らしなんて耐えることが出来るわけがない。

 

お金の大切さって、

歳を取れば取るだけ分かるようになる。

でも、気がついた時は時すでに遅し。

取り返せない。

友人は、両親の反対を押し切って結婚しているから

実家に戻ることすら出来ないらしい。

(これからどうしよう)と泣いていたけれど、

私も自分の未来がどうなるか分からない身。

何か出来る事をしたいと思っても

何も出来ない。

私のことを誰もどうすることも出来ないように、

他人のことってどうとも出来ないんだよな。

 

仲が良くて、大切にしたいと思っている友人でも

結局、役に立てないんだよね。

 

だから思う。

『俺は全ての人を良くしてきた!

 俺のすることは良いようにしかならない!

 俺は誰よりも問題解決能力がある!』なんて

ぜーーーーったいにありえない!!!

 

 

 

クズ太郎は精神疾患者だから

仕方がないと思うけど、

ああいう妄言。

もう聞きたくないな。

そして、

『こうやって貧乏暮らしをするのが

 正しい人間の生き方なんだ!』

と言うクズ太郎も気持ちが悪くて嫌いだった。

貧乏は人を不幸にしかしない。

貧乏が人を幸せにすることってあるのか???

 

貧乏だと、通院できない。

薬が飲めない。

入院出来ない。

自宅療養出来ない。

介護施設を利用出来ない。

老後生活が出来ない。

老人ホームに入れない。

 

お金って歳を取れば取るほど必要になってくるし、

病気になった時、お金がないと治療出来ない。

 

『俺はお金がないから

 仕事があって稼げる人じゃないと結婚できないんだ。

 

 俺と結婚できる人は

 仕事があってお金のある人だけです。

 

 あなたは仕事あるの?

 あなたはお金あるの?』

とクズ太郎に聞かれたことがあった。

 

 

当たり前だけどあきれた。

こんなこと男に言われたのは人生で初めて。

 

初めから女の財布をあてにする男って何???

若い世代はどう思うのか知らないけれど、

私は昭和時代のおばさん。

男が外でしっかり稼いで

女は家でしっかり家事をする。

これが私の理想の結婚生活。

お金は全て男まかせ。

家事は全て女まかせ。

ろくにお金も稼げない男と結婚して、

家事も女がしろって???

ふざけすぎだろ。

死んでろとしか思えない。

死んでから寝言を言ってほしいな。

 

というか、あんなろくでもない不細工の分際で

なぜ、上から目線で

『この俺様と結婚したいのであれば金持って来い!』

と言えるんだろう???

クズ太郎。

鏡見てーーーーー。

 

 

クズ太郎はただの貧乏。

性格貧乏。

体も貧相で貧乏。

見た目貧乏。

貧乏は身にしみついてないときついよね。

 

※文中に登場するクズ太郎は
 『元カレ』ではありません。
 ただのキチガイストーカー妄想虚言変出者です。