異星人と交信した結果、撃沈。。。。。。。。。。。。。。。。。。

※登場するクズ太郎は  『元カレ』ではありません。  ただのキチガイストーカー妄想虚言変出者です。

異星人と交流した結果、撃沈。。。。

『(我が強いのに打たれ弱い(メンタルが弱い)って何!???)、この意見、激しく同意!!!クズ太郎の女版だな』と思ったこと。。。

 

 

この方の記事、

数記事読ませて頂いたのですが、

読めば読むだけ共感してしまい(´;ω;`)ウゥゥ

読んでいて

『そうだそうだ! ふざけんな!!!』

と心の中が大盛り上がりしました。

 

その記事がこちら。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

www.iwako-light.com

 

(すみません。

 勝手に記事をお借りします)

 

 

こちらの記事を読んでいて、

20代の頃に付き合っていた

ひどい束縛男のことを思い出してしまった。

一応、結婚することになっていて

お互いの両親にも挨拶済みだったけど、

あまりの彼のひどさに耐え切れず、

『結婚を白紙にしてほしい。

 別れてほしい』と泣きながら頼み、

数か月かかったけど、

別れたことがありました。

 

個人的な意見だけど、

こういう自分勝手な人間は、

ぜーーーーーったいに性格は直らないと思います。

 

一緒にいるだけ時間の無駄。

心を無駄に消費させられるだけ。

恋愛感情は一種の麻薬中毒状態。

精神病の1つだと思うので、

『好きだったら何をしても許される。

 恋人、配偶者は自分の思い通りにして良い』

と思っている支配型と一緒にいると

悲惨な思いしかしない。

 

 

 

 

 

『我が強いのに打たれ弱いってどういうこと』

という文章。。。

そうなんですよね。

だいたい、DVする人、支配型って

こういう人が多い。

弱い自分を隠すために虚勢を張る。

人前では大人しいくせに

恋人や配偶者の前では妖怪と化し、

信じられないことを平気でする。

 

彼らの言い分は一緒。

『言い合いしたい。

 分かり合うには言い合いしないと』

 

何それ?????

言い合いしても良い結果は生まれないと思うけど。

辟易するだけ。

(めんどくさい)、

(関わるのをやめたい)等と

負の感情しか抱かせないのに。。。

 

多少の軽い言い争いならいいけれど、

発狂して

『てめぇ!この野郎!!!!』となると、

それはもう

(嫌い、別れたい、関わりたくない)

としか思えない。

 

(毎回会う度に喧嘩)か。。。。。。。。

 

クズ太郎と付き合っていないけど、

嫌がる私を追いかけまわし、

会う度に怒鳴りつけてくるクズ太郎。

ほんとに嫌いだったな。

怒鳴る人って何を考えてるんだろう????

 

怒鳴られて嬉しい人はいないよ。

怒鳴られて、嫌なことを言われて

楽しい気分、幸せ気分に浸れることはない。

 

好きでいて欲しい。

仲良くしてほしい。

一緒にいてほしい。

 

そう思うのなら、

自分の言い分だけを言うのではなく、

相手の思っていることも聞かないと。

『譲歩することを覚えたら???』

とクズ太郎に言った時、

 

『(譲歩)って何?

 そんなの聞いたことない』

とクズ太郎が言い、

(譲歩とはなんぞや)を教えたところ、

 

『あぁ。

 俺には関係のないことだから

 そんな言葉知らなかったよ(笑)

 ほら、(譲歩)は俺以外の人間が

 俺のためにすることで

 俺が人のためにすることじゃないからね(ニタニタ)』

とクズ太郎が言っていたけれど、

おいおい。。。

クズ太郎よ。

お前のその容姿、性格で

よくそんなことが言えるな。

 

良いんだけどね。

性格変えなくて。。。

入院中に思ったけど、

態度の悪い患者って

どんどん追い出されるんだよね。

患者がどんどん運ばれてくるような

救急指定入っている病院なんて特に

態度の悪い患者への対応が雑になる。

 

クズ太郎ってひどい扱い受けるんだろうな。

歳を取り、介護施設に入った時も

見ものだろうな。

その頃、AI化が進み

ロボットが看てくれるようになっていれば、

まだましなのかもしれないけれど、

今の状態なら難しいだろうな。

 

人に対して優しくなれない人、

感謝の気持ちが持てない人、

人に自分の都合を押しつける人は

他人を不幸にしかしないから

やっぱり関わるべきじゃないな。

 

クズ太郎も

あのブラック企業の人たちも

関わってはいけないゴミだったわけだ。

 


※文中に登場するクズ太郎は
 『元カレ』ではありません。
 ただのキチガイストーカー妄想虚言変出者です。