異星人と交信した結果、撃沈。。。。。。。。。。。。。。。。。。

※登場するクズ太郎は  『元カレ』ではありません。  ただのキチガイストーカー妄想虚言変出者です。

異星人と交流した結果、撃沈。。。。

『(サザエさんのフネ役声優さん、老衰により永眠)か。。。』

 

 

headlines.yahoo.co.jp

 

 

 

『理想の死に方は?』という話になると、

 

 

(病気など一切せず、

 介護も一切不要で、

 ぴんぴんころりで死にたい)

という意見が多い。

 

 

『一切痛い思いをせず、

 介護も不要で死ぬ』

これが出来たら良いなと思っても、

なかなか出来るものではない。

 

 

サザエさんのフネ役の声優さんが

老衰で永眠。。。

 

 

どんな状況だったのか知らないけれど、

私の知っている『老衰』なら、

それこそ、『ぴんぴんころり』なら

羨ましいな。

 

私はもうどんなに望んでも

『苦しまず、介護も不要で

 ぴんぴんころり』は絶対に無理な死に方だ。。。

 

 

一切苦しまず、

夜寝る時のように

すっと永遠の眠りにつく。。。

 

 

 

苦しまない死に方、

望んで出来ることではないけれど、

なぜ、人は死に方を選ぶことが出来ないんだろう???

 

 

死ぬ間際まで苦しみもがいている人を見ていると、

なんと声をかけて良いのか分からなくなるのと同時に、

 

(もしも、自分もこうなったら。。。)

と思うと、とにかく怖くなる。

 

 

 

 

 

『痛い!苦しい!

 早く死なせてくれーー!』

と泣き叫んでいる人に、

 

『生きたくても生きれない人がいるんだよ。

 頑張って生きなさい』

と言っている人がいるけれど、

これは正しい対応なのか????

 

 

自ら死を望むほどの苦痛に苦しんだことはないのか???

 

 

あんな苦痛の中で、

『そうだ!

 生きたくても生きれない人がいるんだ!

 そんな人よりマシだ!』

と思える人はいるのか???

 

私は無理だ。。。

 

 

寿命を人にあげることが出来るのなら、

残りの寿命、いくらでもくれてやる。。。

 

 

苦しんでいる人に

『生きなさい!』と言うのは、

これは拷問ではないのか???

 

 

 

(生きていることが絶対に正しくて

 死ぬことは間違い)ってなぜ??

 

人間は生まれてきたら

必ず死ぬのに。

 

(死=悪)とするから

余計に死が怖くなるのではないのか???

 

 

これについては、

人間の意見が全て合うことはなく、

いつも賛成派と反対派が激しく衝突をする。

 

ああいう話し合いの場にいていつも思う。

 

『生きていたい人は生きればいい。

 死にたい人は死ねばいい。

 

 その選択は本人にゆだねるべきで

 他人がとやかく言うことではない。

 

 口出しをした者は、

 それを言った人に対して

 その人の命が尽きるまで

 一生面倒を看ること』

 

 

 

クズ太郎にこれを言ったところ、

 

『責任とか覚悟とかいちいち考えてたら

 何も言えなくなるじゃないか!』

と泣きそうな顔をして怒鳴っていた。

 

 

覚悟も責任も一切考えず、

他人の命、人生に気軽に口出しが出来るクズ太郎が

とにかく怖い。

 

 

ああいう無責任王には、

1度でいいから、

議論の場に参加してほしいな。

 

 

ぼこぼこに言われて

初めて何か思うことがあるかもしれない。

 

 

私も、色々な人の意見を聞くことで、

自分が良いと思っていることが

人を傷つけることもあることを知り、

 

対応の仕方、声のかけ方など、

色々考えて改めるようになった。

 

まだまだ直しきれていないことが多くあるけれど、

自分と違う反対意見を聞くことで、

自分の考えなどを改めて見直すことが出来るから、

ああいう反対意見を聞ける場所に自ら行くことも

時には必要な気がする。。。