異星人と交信した結果、撃沈。。。。。。。。。。。。。。。。。。

※登場するクズ太郎は  『元カレ』ではありません。  ただのキチガイストーカー妄想虚言変出者です。

異星人と交流した結果、撃沈。。。。

『(羞恥心がなくなって、人前で平気でおならをするようになった)という大原がおりさん。(人の目を気にする)、(羞恥心を持つ)って大切なんだな』と思ったこと。。。

 

 

 

 

『羞恥心がなくなって、

 人前で平気でおならをするようになった』

という大原がおりさん。

(大原がおりさん

 一時期、とっても売れていたグラビアアイドルらしいけれど、

 すみません。知りません)

 

 

(人の目を気にする)、(羞恥心を持つ)

って大切なんだなと

この話を聞いて改めて思った。

 

 

クズ太郎は、

『俺は何も恥ずかしいことはないから

 なんでも出来るし、

 なんでも言える!』と言い、

 

恥ずかしげもなく、

『俺は10年以上、司法浪人をしている』、

 

『俺の1日1食の食事は、

 母親の職場の余り物だ!』、

 

『落ちてる物も平気で食べれるよ!』

等々。。。

 

聞いていて、

段ボール生活1歩手前の

超絶貧乏人にしか見えないし

聞こえなかった。

 

今、日本でも問題になっている

低階層の貧乏層って

皆、こんな生活をしているんだ。。。と

なんとも言えない気持ちで聞いていた。

 

 

貧乏を恥じれとか、

貧乏を隠せと言っていいのか分からないけれど、

 

『死にたいと言っていると

 人に嫌われるんだよ。

 皆が嫌になって、

 人が離れていくんだよ』

とクズ太郎が言っていたけれど、

度が過ぎる貧乏は、

正直言って、引いてしまう。

 

どう対応して良いのか分からないし、

貧乏人クズ太郎の使えない常識を押しつけられた時も、

 

『うるせー!

 貧乏人が!!!!

 

 お前のその貧乏常識は

 私がいる世界では非常識なんだよ!』

とも言えないし、

ほんとにどうしていいのか分からなかった。

 

 

 

 

 

羞恥心がある理由は

よく分からないけれど、

クズ太郎や大原がおりのおならの件を聞いていて思うけれど、

 

羞恥心を持つのは、

自分のためでもあり、

自分と一緒にいてくれる人のために

必要なのではないかと思った。

 

 

羞恥心のない人間は、

周囲の目を気にせず、

ドン引きするような行動を取る。

 

『歌うのやめて』、

『踊らないで』、

『英語の発音練習やめて』と

クズ太郎に何度お願いしても

やめてくれなかった。

 

 

『あなたうるさい!

 しつこいんだよ!』と怒るクズ太郎。

 

だから、しつこいのはお前だよ!!! 

 

自分が周囲にどう見られる容姿なのか理解できず、

人の迷惑を考えて

発言・行動が出来ないお前が悪いの!

 

 

周囲の人が奇妙な者を見る目でクズ太郎を見て、

ひきつった顔をしたり、

『なんだこいつ!? 

 身体障碍者か!???』と言ったり、

『気持ちわりーな。。。』

と聞こえるように通りすがりに言ったり。。。

 

なぜ、周囲の人のあれらの言動に

気がつくことが出来ないんだ!???

 

『羞恥心がないから』だけでなく、

また別の問題もある気がするけれど、

普通の感覚の人間ではない気がして、

関わっていて恐怖を感じていた。

 

 あのような羞恥心のない、

人に気を配ることの出来ない妖怪といると、

一緒にいる私が恥をかく。

私は羞恥心があるから

ほんとに嫌だった。

 

一緒にいる人に迷惑をかけない、

恥を感じさせないように、

人が何を嫌がるのか、

何をしたらダメなのか

それを知るためにも、

羞恥心は持っていた方が良いのではないかと思った。

 

 

こんなこと、

あんまり言いたくないけど、

クズ太郎。

お前のその容姿。

受け入れてくれる人は少ないわけだから、

仲良くしてくれる人に嫌な思いをさせないためにも

もっと気を使える人、

思いやりを持てる人にならないとダメだと思うよ。

 

お前といると、

とにかく、不快な思いしかしなかったから。

 

 

怒鳴って脅さないと

人が側にいない、

怒鳴って脅さないと

人が言うことを聞かないクズ太郎に

全く、何の魅力も感じなかったな。。。