『(良いニュースと悪いニュースどっち先に聞きたい?)という質問。ごめん、うざい』と思ったこと。。。

 

田舎のブラック企業にいた時、

研修中に上司Pがしたうざったい質問。

 

 

『良いニュースと悪いニュースどっち先に聞きたい?』

 

正直、どっちから聞こうとどうでもいい。

 だって、結局聞くことになるからね。

 

そして、この質問の意図は

その人がどういうタイプか分析するためのものだし、

どうタイプ分けされるか知っているため、

聞かれるとイライラする。

 

 

こういうことだったりするわけだ。

↓↓↓↓

karapaia.com

 

 

『良いニュースを先に聞きたい人はAタイプ』、

『悪いニュースを先に聞きたい人はBタイプ』、

『良いニュースを先に伝えたい人はCタイプ』、

『悪いニュースを先に伝える人はDタイプ』と

それによってタイプ分け出来るらしい。

 

『別にどっちでもいいです』

と私が答えると、

 

『いいから、どっちを先に聞きたいか言って』

と上司Pがしつこい。

 

 

(この質問の意図が分かっている人に聞くとか

 この人はあほなんか???)

と思いながら、

今後、一応お世話になるであろう上司。

 

『それ、なんで聞いてるか理由を知っているので

 答えたくないですね』

と言い、機嫌を損ねるのも。。。

と思ったため、何か答えたけれど、

めんどくさかったし適当に答えたため、

なんと答えたかは忘れた。

 

 

その後、

全く親しくもない上司Pに

『へぇ、あなたは○○な人なんだね』

と決めつけられ、

はっきり言って、ムカついた。

 

 

 

 

 

初めに、『別にどっちでもいいです』と言ったのに、

 

『いいから、どっちか必ず決めて』と言われ、

適当に答えた。

 

適当に答えたから、

なんと言ったか覚えていない。

 

悪い話なんて、

後でも先でもいつ聞こうと

嫌な物は嫌だ。

 

 

クズ太郎みたいな自分大好き人間に

先に良いことを伝えれば、

その後に悪い話をして注意をしても

もうその話を聞いていないし、

 

『あなた、さっき俺のこと褒めたよね!???

 なんでけなすんだよ!!!!

 言ってることが真逆だよ!』と怒鳴るだけ。

 

 

先に悪い話をすれば、

それはそれで怒鳴り散らすから

話になんてならない。

 

 

人によるし、

それに、話の内容にもよる。

 

それに、この質問、

人を完全に把握するには

あまり役に立たない気がする。

 

精神が安定している時と、

情緒不安定な時、

人間は、対応してほしいことも

言ってほしい言葉も

結構変わる。

 

 

 

 

 

こんなことで人を理解した気になるとか

ほんとにあほ。

 

このくらいのことで、

『お前のことはもう分かったから』

と言われると、ほんとに腹が立つ。

 

この程度で、

その人のいったい何が分かるというんだ???

人間はそんな簡単に分かるものではないし、

人間ほど分からないものはないと思うけど???

 

 

(ほんとに分かったのなら、

 今、私が苛立っていることも

 こういう質問をされることも

 大っ嫌いで、

 今、どうしようもなく苛立っていることは

 十分分かっているということですね!?)

と言ってみたかったな。。。