『度の過ぎるしつけは、逆にダメ人間にするのかもしれない』と思ったこと。。。

 

各家庭、それぞれ教育方針、しつけの仕方が違うのは当たり前。

私は子供がいないため、

『こうするんだ!』と思うものはない。

 

責任を持って育てないといけない子供もいないため、

考えることはあっても、

何が正しくて、何が間違っているのか、

それも分からない。

 

 

ある人が、その人の子供が失敗をした時、

怒らず、注意もせず、

『今回○○すると失敗すると分かったね。

 偉い偉い!』と褒めていた。

 

失敗したことを褒めたのだ。

 

 

(え?????)とさすがに驚いた。

(これっていいの?)とも思った。

 

でも、その人だけではなく、

そういうしつけをしている人が他にもいることを知った。

 

 

失敗しても褒められる子供と関わることがあった時、

『あ、それ、そうやったらダメだよ』と私が言うと、

『なんで?』と子供が聞いてきた。

 

『これやると、○○になるからだよ。

 ▲にしようね』と私が言うと、途端に不機嫌になり、

『ママなら、

 (間違えて偉い!

  こうやると間違えるんだって覚えたね!

  偉いよ! さすがだね!)って褒めてくれる!

 

 そんな風に 

 (これはダメ、こうしなさい)って言わないよ。

 

 もうヤダ!やりたくない!やらない!!!』と

その子供がぐずりだした。

 

 

言っていることがクズ男と同じ。

(失敗してもママは褒めてくれる)か。。。

 

 

失敗は失敗で、本来褒められることではなく、

教えや注意を聞いて、自分の悪い部分を直す良い機会なのに、

そうではなく、褒めてもらえることと思うなんて。。。

 

 

そして、この子供の困ったところは、

自分の失敗は褒めろと言うくせに、

他の子供が失敗すると、

『あぁ、いいのっかいいのっか。

 こういうことすると、ダメなんだよ!』と偉そうに言うのだ。

 

 

 

 

 

 

。。。。。。

クズ男を見ているみたいでイライラする。

相手は子供だ。

本気で腹を立ててはダメだと自分をなだめるけれど、

責められた子供が泣いているのを見ると、

ほっておけない。

 

『○○君だって失敗したよね?

 どうしてお友達のことをそんな風に責めるの?

 失敗するのは良いことなんでしょ?

 (失敗して偉いね)じゃないの?』と聞くと、

 

『僕はいいけど、他の人はダメでしょ』と言いやがった。。。。

 

 

えぇ!???????????

クズ男のミニ版じゃないか!!!!!

 

この子、無理。

この子は、いつまでも子供のままではない。

 

この子だって、いつかは大人になる。

恐ろしい。

クズ男の誕生だ。

 

こうやって、妖怪ゴミクズクズクズ男が出来上がったのか。。。

 

怖い怖い。。。