異星人と交信した結果、撃沈。。。。。。。。。。。。。。。。。。

※登場するクズ太郎は  『元カレ』ではありません。  ただのキチガイストーカー妄想虚言変出者です。

『勝手に好かれていると勘違いする男も、恋愛体質で常に恋愛に話をつなげる女もウザイ』。。。

 

ある場所での出来事。

 

その場所は、

色々な会社が自由に使っていいフロアで、

たくさんの人が出入りしていた。

 

その場所である一定期間、

仕事をしていた時の話。

 

 

何でもかんでも

恋愛話にする恋愛体質の面倒な女がいた。

 

その頃、仕事がとにかく忙しく、

当時お付き合いしていた彼氏とは

別れているような、

別れていないような微妙な状態になっていた。

 

束縛が激しく嫉妬心の強い彼は、

私が仕事でメールの返信が遅かったり、

なかなか会えないことを不満に感じ、

『浮気をしている』と決めつけ、

私が席をはずしている時など、

勝手に携帯を見たり、

勝手に私の家に入り、

物色したりしていた。

 

彼の色々な奇行に疲れ果て、

別れ話をしたけれど、

彼はなかなか納得せず、

合鍵を返してくれず、

勝手に部屋に来ていた。

(腹が立ち、鍵交換をして

 不法侵入できないようにしたけれど)

その他にも、会社の前で待ち伏せをしたり、

ストーカーと化していて、

少々恐怖を感じていた。

 

 

私の中では終わったつもりだったけれど、

そんな状態で、

どう完全に終わらせようか悩んでいた。

 

周囲には、『別れた』と話したけれど、

それ以降、恋愛体質女が、

『あの人はどう? あの人は?

 あの人、あなたのこと好きらしいよ。

 彼良くない?』等と面倒に思うくらい

男の話ばかりするようになった。

 

『今、男とかホントにいらない。

 疲れてるんだよ。

 当分、恋愛する気になれないから、

 お願いだから、恋愛の話するのやめて』と

何度も言ったけれど、

その女はやめなかった。

 

どうにかして誰かとくっつけたいと

思ったらしいその女は、

数人の男に私の話をしていたらしい。

 

ある時、面倒になり、

『私、彼氏いるから』と言った。

 

もちろん、彼氏などいない。

でも、こうでも言わないと、

この恋愛体質馬鹿女が

恋愛の話をやめないだろうと思い、嘘を言った。

 

 

すると、それからある程度日にちが経過した時、

 

『○○君ってさ、彼女いないんだよね?

 あの人(私)どう?』とある男に話していた。

 

場所は会社のフロア。

複数の会社の人が多数集まり、

仕事をしているその場所で、

その馬鹿女がでかい声で言っていた。

 

少し離れた席にいた私にも聞こえてきたけれど、

無視した。

 

その男性とはそれまで何度か話したことがあった。

その恋愛体質女にすすめられて、

少しその気になったのか、

食事に誘ってきたり、

少々面倒なことが始まった。

 

(これは危険だ)と思い、

『皆で食事に行きましょう』等と言い、

彼の誘いには乗らなかった。

 

恋愛体質女の話にたいして、

その男性が何か言っていたようだけれど、

声が小さかったため、

何を言っているのか聞こえなかった。

 

しつこく話を続ける恋愛体質女に

相当腹が立ったのだろう。

そして、それまでの彼の誘いに乗らなかった

私の態度にたいしても

腹が立っていたのかもしれない。

 

 

突然その男が席を立ち、

『あいつ、男いるんだよね!?

 俺さ、男いるのに、

 他の男探す女大っ嫌いなんだよ!

 

 俺と付き合っても、

 そういう女って、他の男のところに行くよね?

 俺、そういう浮気性のヤリマン嫌いだから、

 ああいう女、すすめるのやめてくれない!?』と

その男が大声で言った。

 

 

は???

なぜ??????

好きでもない、

身長が160cm未満の小男ホームベース顔不細工に

こんな風に言われないといけないんだ?

 

そもそも、私はこの男のことが好きではない!

私は自分より背が高く、体格がよく、

顔の良い男じゃないと嫌だ!

私はお前のことなんて好きじゃない!!!

 

なぜ、公衆の面前で私が振られたような感じにならないと

ダメなんだ????

あぁ、、、、、、

腹立つ。。。。。と思っていると、

 

まだ、言い足りないようで、

その男が何か言おうとした。

 

すると、

『おい! 

 そこうるさいぞ!!!

 こっちは仕事してるんだよ!

 職場で恋愛の話してるんじゃない!

 ここは会社だぞ!学校じゃないんだよ!

 

 いつまで学生気分でいるんだ!

 馬鹿なこと言ってる奴は、

 今すぐ出ていけ!!!!

 

 それと、こんな大勢の前で、

 女性を侮辱するような発言をするな!

 対象の女性に謝れ!』と怒ってくれた男性がいた。

 

 

 

 

 

さらに、

『今後、この場所で恋愛の話は一切禁止です。

 ここは仕事をする場所で

 恋愛をする場所ではありません。』等と

言ってくれた男性もいた。

 

素敵~!!!

 

恋愛話ばかりの馬鹿女も嫌だけれど、

その話を真に受けて、

いちいちあんなことを言う男も嫌だ。

 

こういう、冷静に対応できる男が良いわ。。。

 

私は、お付き合いするのは誰でもいいわけではない。

他の皆さんがお付き合いする人を選びたいように、

私だって選びたい。

 

なんで、好きでもない、

興味も一切ない男に

あんな風にふられた感じにされないとダメだったんだろう。

 

でも、あれ以来、

嘘で『彼氏がいる』と言うのが嫌になった。

 

あのブラック企業でナル男にセクハラをされ

困っていた時、上司Pが

『彼氏がいるって言えばいいだろ』と言っていたけれど、

そういう嘘つくと、

後々めんどくさいことになるんだよ。

 

特に、あのブラック企業にいた詮索好きのばばあの場合、

色々探りを入れてきて、つじつまが合わないと、

『あの人、彼氏がいるって嘘ついてる』と言い出し、

『彼氏がいるって嘘ついて男よけしないといけないくらい

 良い女だとでも思ってるのかな!?

 

 うそでしょ!?

 あの顔で!?あの歳で!???

 不細工ばばあが何勘違いしてるんだよ(笑)

 気持ち悪い~(笑)』と悪口を言われて終わる。

 

そして、それに調子にのった男が、

(この女、四面楚歌だから

 俺が優しくしたら、コロッとすぐに落ちるぞ)と

勘違いして、

さらにしつこく言い寄ってくるから無理!

 

 

私が20代の頃、40歳くらいのおばさんで

とても可愛い人がいたけれど、

『あの人、何歳だと思う?

 実はね、40歳なんだよ。

 すごくない!??』等と言われ、

さらに、

『あの人ね、離婚歴があるんだって。

 指輪してるでしょ?

 あれ、男よけらしいよ(笑)

 

 いくら可愛くても、実年齢が40歳じゃね。。。

 意識しすぎ。

 自意識過剰なんですけど~(笑)』と

悪口を言われていた。

 

その人は、ほんとに可愛い人で、

20代の老け顔のおばさんみたいな人より、

全然若く見える人なのに、悪口を言われていた。

日本は実年齢だからね。。。

 

あんなに可愛い人でも

『自意識過剰』と笑われていたのに、

私だよ。

不細工おばさんがそんなことをしたら、

いい笑い者だよ。

 

 

上司Pが『指輪をしろ』とか、

『彼氏がいるって嘘でも言っておけ』と言っていたけれど、

さすが、女経験の浅い人は言うことが違う!

 

そんなことをすると、

新たな問題が勃発するんだよ。

 

偉そうに、

『2手3手先を考えて行動しないとダメなんだよ』と

上司Pは言っていたけれど、いつもずれる。

 

 

 

はぁ。。。。

2手3手考えた末の策がそれ?

浅いな。。。

 

『浅い』と言えば、

『あなたみたいな馬鹿に言われたくない!』と

上司Pは怒り狂って怒鳴ってくるだろうけれど、

私も言われたくないよ。

 

男女のこと、女同士のめんどくささを知らない人に

ガタガタ言われたくない。

そもそも、アドバイスが古臭い。

『彼氏がいると嘘をつく』とか『指輪をする』とか

いつの時代の手だよ。

古臭いな。。。