異星人と交信した結果、撃沈。。。。。。。。。。。。。。。。。。

※登場するクズ太郎は  『元カレ』ではありません。  ただのキチガイストーカー妄想虚言変出者です。

『(空想虚言壁ってクズ男じゃん)と思うと、笑いが止まらなかったこと』。。。

 

静かな会場で、

話を聞いている間、

もう笑いが止まらなくて、

死ぬかと思った。。。(笑)

 

 

『空想虚言壁とは。。。』って。。。

それ、クズ男とか、同期の豚、上司P、Dさん。。。。

 

 

だめだ、、、、

『自分を大きく見せようとしてる』、

『反省しないし謝罪出来ない』、

『寂しがりや』等々、、、

 

おいおい、あのブラック企業

どうして変な人ばかり集めるかね。。。。

 

あ、こんなこと言ってる私もそのうちの1人か!?と思うと、

さらに笑いが止まらない。

 

 

『何笑ってたの?』と終了後に聞かれ、

『該当する人を多数知っててね、

 思い出したら、もう笑いが止まらなくて。。。

 

 すみませんでした』と言ったけれど、

その後、私の話に皆、興味を示し話を聞いてくれた。

 

 

www.rirekisyodo.com

 

 

tabi-labo.com

 

この記事の、『つじつまが合わなくても気にしない』とか

もう、クズ男じゃん!

 

他の項目も、全てクズ男は綺麗に該当している(笑)

 

 

『クズ男の言っていることって、真逆だよ!

 矛盾してるよ!』と何度指摘しても無駄。

 

『どこが!???

 あぁ!???????

 皆は認めてる!』とか意味不明なことを怒鳴り散らしてくる。

 

 

hitofuri.com

 

 

 

thinking-free.com

 

 

 

クズ男と関わったことを心底後悔しているし、

あのブラック企業に入ったことも後悔しているけれど、

 

でもね、やめられない止まらない。

 

 

そう!

こういう精神系の講義を聞いたり、

学会まがいのものに参加して話を聞いていると、

もうね、やめられない止まらないんだよね。

 

 

あの会社にいる時も、

『もうやだ!こんなくそ会社辞めてやる!』と思いつつ、

 

専門家の話だけではなく、

実際に、それを実践しているやばい人間を多数見れると、

仮説やデータだけでなく、

実験の結果的なものが見れたり、

資料通りなんだと整合性が取れたのを自分の目で確かめれた時の

この満足感。

 

自分の欲しいデータを確実に得られたときの至福の時。

至福の喜び。満足感。

これらを感じると、会社を辞めることが出来なかった。

 

悪い物ほど中毒性が高い。

 

私は、脳が欲する知りたい欲、確認したい欲に

結局負けたのだ。

 

 

だから、クズ男に色々言われた時、

(なんだかんだ言っても、私はきっとデータを取得するために

 クズ男と話をした気がする)と思うと、

(うるせーんだよ!このタコ野郎!)と怒鳴ることが出来なかった。

 

 

私のこのデータ取得の興味本位の気持ちを

クズ男は、『俺のことを男として好きなんだ』と

勘違いしたのだろう。

 

私的には、クズ男は実験室にいるマウス同然だったのだけれど、

クズ男は、自分をマウスではなく、

健全なる大人の男性と思い込み勘違いしたのだろう。

 

 

でもさ、面白いんだよ。

精神とか脳とか、知れば知るほど面白い。

 

そして、何が面白いって、

資料、データだけで知るのではなく、

それを体現している人間が

目の前に多数うろうろしてたら

面白さは倍増するだろう。

 

(私がこう言ったらどうなるんだろう?)等と

試したい欲がわいてくる。

 

 

『幽霊、お化け怖い』と言いつつも、

お化け屋敷に入ってみたり、

幽霊が出ると噂の場所に行ってしまう心理と同じだろう。

 

怖いものほど見たくなる。

怖いものほど知りたくなる。

 

何か物音がした時、

『誰!?誰かいるの!????』と音がした方に行ってしまうのと同じ。

 

危ないかもしれないんだから、

刃物を持った危険人物が潜んでいるのかもしれないんだから、

音がするのとは逆の方向に行くべきで、

身を守る行動を取るべきなのに、

それなのに、人は追い詰められると正常な判断が出来なくなり、

身を危険にさらす行動を平然と取る。

 

冷静な人からすれば、『お前は馬鹿だ』と思うだろうけれど、

そんなことを言っている人も所詮人間。

同じ状況に置かれ、同じ心理状態になれば、

『馬鹿だ』と非難した行動を自分もする。

 

こういうのをね、知って確認するのもまた楽しい。

もう、1度はまると泥ぬま。

危険と分かっていても、やめられない止まらない状態になる。

 

 

 

特に、クズ男、上司Pなど、

そうそうお目にかかれないタイプだから、

余計に興味がわく。

 

社員Sさんが、

『クズ男といい、上司Pといい、

 あなたは変な人が好きだよね』と言っていたけれど、

こういう意味の興味を、

(男としての興味)と社員Sさんは勘違いしていたのだろうな。

 

あぁ、だからあんなこと言ってたのか(爆笑)

 

 

ある意味、興味はありましたね。

でも、『男として』ではない。

データとして、マウス的に、

そして、仮説を立証するための完全なるマウスちゃんだよ。

 

 

 

自分のついた?を真実だと思い込む人 (朝日新書)

自分のついた?を真実だと思い込む人 (朝日新書)

 

 

 

またまた、読みたい本、発見!!!!!

 

『自分のついた嘘を真実だと思い込む人』って。。。(笑)

 

これ、クズ男や。

どんなことが書かれてるんだろう。

これも、時間が出来たら読んでみよう。

 

 

 

 

 

あぁ、、、、、、、

こうやって、専門家の話を聞くと、

心のどす黒い塊が

少しづつだけど消えていく気がする。。。

 

 

あいつは精神疾患者だ。

可哀想に。

 

こういう人って結構いるんだ。

こういう人に悩まされている人もいるんだ。

 

私だけじゃない。

辛いのは私だけじゃない。

 

 

普段は、

『辛いのはあなただけじゃない』と言われると

正直言って、腹が立つ。

 

(人の苦しみを他人と比べんな!!!)と怒りがわくけれど、

人と苦しみや辛さを共有するのも

たまには悪くないのかもしれない。。。。