異星人と交信した結果、撃沈。。。。。。。。。。。。。。。。。。

※登場するクズ太郎は  『元カレ』ではありません。  ただのキチガイストーカー妄想虚言変出者です。

『田舎育ちの愚か者』って世界共通の侮辱発言なんだね。。。

 

『田舎者のクソが!』と

外国人の友人が愚痴を言っていた。

 

 

彼は母国に帰り、

地元の企業で働いている。

彼は生まれも育ちも都会。

 

私は、その国の首都くらいしか知らない。

テレビで観る映像や、

彼が時々送ってくれる動画の街並みも

都会そのもので、

『さすが、○○国だね。綺麗だな』と

観ているだけでウキウキするような素敵な国。

 

 

彼の働いている会社には、

その国の田舎から出てきた人も、もちろんいる。

 

 

『もう、田舎者は下品で嫌だ!

 (これ、普通ですよね)って言ってることが(普通じゃない)』

と彼は怒っていたけれど、話を聞きながら、

 

(どこかで聞いた話だな。。。)と。。。

 

あぁ、私だよね。

 

日本も、東京に行くと、

『田舎の訛りは聞いてられない。

 特に、○○地方の訛りとか気持ち悪い。

 標準語が話せないなら、地元に帰れ!』と

言っている人もいた。

 

 

『田舎の人が言う(普通)とか(常識)って何あれ?(笑)

 田舎者って、すぐに『友達が』とか

 『皆が』とか言うけど、

 気持ち悪いんですけど~。

 ありえないんですけど~。

 いい歳した大人が気持ち悪いんですけど~。

 うざいんですけど~。

 それ、どこで通用する常識ですか~?って感じ~(笑)

 

 東京では通用しないから~。

 嫌なら地元に帰れば~(笑)』なんて言う人もいたな。

 

 

クズ太郎に聞かせてやりたいよ、

あの会社の人たちにも聞かせてやりたい。

 

『あなたたちありえないんですけど~』って

笑われて馬鹿にされて終わりだよ。。。

 

東京にいたころ、

こんなこと言ってる人いたな。

 

 

 

彼は愚痴を言いながら興奮し、

『田舎育ちの愚か者が!

 地元に帰れ!汚らわしい!!!』と言い出した。

 

 

(爆笑)

 

 

何これ?

『田舎育ちの愚か者』って、世界共通なの?

 

アメリカ人も言っていた。

中国人も言っていた。

その他の国の人も言ってたけど、

今回愚痴を言っていた友人男性も言っていたけれど、

 

どこの国も、首都が絶対的な存在で、

田舎はクソなのね(笑)

 

 

 

 

 

田舎に生まれた時点で、人生の半分は負け組ね。

どんなに頑張っても、結局、

『この、クソ田舎者が!!!!』、

この言葉ひとつで、全て終わりなのよ。

 

 

これを言われないように、

言葉遣い、服装、立ち居振る舞い、その他。

東京にいた頃、ずいぶん気を遣ったな。

 

 

当たり前だけど、東京で、

『お父さんが~』、『お母さんが~』、

『友達が~』、『皆が~』なんて言わなかった。

元々、地元にいる時も、あまり言わなかったけど。

 

でも、クズ太郎や、あの会社の人たちは言うんだよね。

小学生にタイムスリップした気分だったな。

 

ココハドコ? ワタシハ ナンサイ?

と思ったことあったな。

 

 

40代のおばさんが、

『家どこ?』、『親の職業は?』、

『家族構成は?』等と聞いてくる。

 

気持ち悪くありませんか?

 

20代以上は成人した大人で、

自分のことは自己責任なのに、

いい歳の大人同士が、

『お父さんは?お母さんは?』とか、

気持ち悪く感じやしませんか?

 

それとも、こう思う私が気持ち悪いですか?

 

 

クズ太郎も、何かと言えば、

『お父さんが~』、『お母さんが~』、

『友達が~』、『皆が~』とうるさかった。

 

田舎者は、生まれてからずっと家族と一緒。

家から出ることがなければずっと一緒。

そして、常に誰かといることが当たり前。

 

実家から出ることなく結婚すれば、

一人暮らしを経験することはない。

 

精神的自立も肉体的自立もする暇がない。

 

東京に行き、外国に行き、

一人で生活して、

初めて私なりに自立とは何かを考えた。

外国に行った時が、1番大変だった。

『日本人とはなんぞや』とか、

母国のこと、自分の民族、

日本の文化、宗教、価値観等のアイデェンティティ。

これらは、1国1民族の中で育った私には

とんでもなく難題だった。

 

『私』という個人も主張しつつ、

『日本人である私』も考える。

『私』が悪いことをすれば、日本人が悪く言われ、

『私』が良いことをすれば、日本人への評価が高くなる。

 

『私』は個人であると同時に、

『日本国の代表』にもなる。

 

中国人が列に並ばないと、

『やっぱり中国人はマナーがなってない』と悪く思い、

中国人が列に並んでいると、

『え?中国人でも並ぶ人いるんだ』と良いように見る目が変わる。

これが、自分の行動・発言の時も同じようになる。

 

(自己主張しつつ、日本国と日本人のことも考えて行動する)

これが、慣れるまでなかなか大変だった。

 

 

そんな生活の中で、自分なりの答えも得た。

 

クズ太郎やあの会社の人たちは、

私が思う自立からは程遠い人たち。

 

常に誰かに寄りかかっている。

誰かと一緒じゃないと注意も出来ない。

人をいじめることもできない。

(一人でも人をいじめたらダメだけどね。。。)

常に集団行動を望む。

下手すると、トイレすらひとりで行けない。

 

そういえば、学生時代『トイレ行こうよ』と

数人でトイレに行く女子がいたけれど、

あれって何だったんだろう?

幼稚園児じゃあるまいし、

トイレくらい1人で行けないものかね。。。

 

 

 

いつも誰かとつながっていないと安心できない。

一人の時間を持てない。

気持ちが悪い。

 

 

 

 

 

私とクズ太郎の『自立』の解釈は全く違う。

 

私からすると、クズ太郎は全く自立出来ていない

へっぽこへなちょこ妖怪。

 

でも、クズ太郎は自立した偉い人間だと思っている。

 

だから、偉そうに人を怒鳴りつけて支配している。

私からすると、

独裁者ごっこをしている幼稚園児にしか見えない。

 

 

クズ太郎程度の人がすごい人とか。。。

だから、田舎者は馬鹿にされる。

 

その外国人男性が怒っている相手も、

クズ太郎のようなうぬぼれ勘違いのおバカな田舎者。

 

どこにでもいるんだね。

こういう人間というか、妖怪????

 

世界共通なんだ。

 

皆、人間。

肌の色、目の色、髪の色、使用言語、違いはあれど、所詮人間。

中身は同じ。

 

 

あぁ、、、、、、、

田舎者ってヤダね。

私の田舎者コンプレックスが。。。。。。

 

 

『田舎者って汚くて嫌だと思わない!?』

と聞かれたけれど、

『ホントにそうだよね』なんて言いながら、

 

(こんなことを言っている私も田舎者。。。)と思い、

なんとも言えない気持ちを抱きながら話していた。。。